注目の記事 PICK UP!

【サラリーマンおすすめ不動産投資方法】銀行融資を活用した一棟アパート・マンション。理由はレバレッジでキャッシュフローが出やすく、効率的に資産形成が可能、入居が安定。

不動産投資には大きく分けて、一棟アパート・マンション、区分所有、戸建ての3種類がある。サラリーマンが不動産投資をはじめる場合には、どれを買っていくべきか悩む人も多いことだろう。私自身もどれをはじめるべきか悩んだが、最終的には一棟アパート・マンションへの投資を選んで、物件を取得してきた。

ここでは一棟アパート・マンションのメリット・デメリット、なぜサラリーマンにおすすめの不動産投資方法なのかを紹介していきたいと思う。

一棟アパート・マンション不動産投資がサラリーマン投資家におすすめな理由・メリット。銀行借入、レバレッジ、入居率安定。 

一棟アパート・マンション投資は部屋数が多く、投資金額としては他のものと比べて大きくなる。一般的なサラリーマンであれば銀行融資を使って投資していくことになるだろう。

一棟アパート・マンション投資のメリットは、部屋数や金額が大きいことから、得られるリターンの絶対額が大きくなりやすい。不動産は一棟ものであっても区分所有であっても、購入する際の手間や手続きはさほど変わらない。同じ時間を使うのであれば、よりリターンが大きい方を選らんだ方が良いことは、説明しなくてもわかるだろう。

また部屋数が多いことは、経営が安定するというメリットもある。区分所有や戸建てであれば入居率は100%か0%のいずれかになってしまうが、一棟ものであれば1部屋の入退去のインパクトが小さくなる。例えば10部屋のアパートであれば、1部屋退去になっても影響は10%のみとなる。

⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

⇒【外国人入居者のメリット・デメリットを解説

一棟アパート・マンション不動産投資のデメリット。物件価格と固定資産税が高い。 

一棟アパート・マンションのデメリットは、金額が大きくなることから、失敗した時はやり直しがきかない可能性が高くなる。サラリーマンであれば年収の10倍~20倍程度の融資を組むことができるが、自分の給与所得のみで返済していくのはほぼ困難であろう。

その他のデメリットとしては、税金の高さがあげられる。特にRC・SRCは毎年かかる固定資産税・都市計画税が高額となり、1ヶ月分の家賃収入に相当する金額となることもある。一棟ものでも木造アパートであれば比較的割安となるが、それでも区分所有や戸建てと比較すると高額になってしまう。

ただいずれのデメリットもしっかりと物件を選択して、運営していけば避けることができるものである。

⇒【不動産投資でサラリーマンを引退する方法やポイントを解説

⇒【不動産物件を高く売却する方法。専任専属媒介契約と一般媒介契約どちらが有利か?

サラリーマン不動産投資家に一棟アパート・マンションをおすすめする理由。資産形成の効率が良い。 

サラリーマンは、安定的な給与所得という属性を利用して、銀行融資を使えることが不動産投資における大きなメリットとなる。不動産投資で資産形成を進めていくには、銀行投資を活用してレバレッジを使うことが近道となる。

サラリーマンは本業の仕事で不動産に使える時間が限られている。そのため同じ時間を使うのであれば、よりキャッシュフローが出やすい一棟アパート・マンションに投資した方が、効率的であると言える。

しっかり運営していけば入居率が安定することも大きい。時間がないサラリーマンが区分所有や戸建てで退去が発生し、入居率が0%となってしまうと、対応する時間も限られているし、家賃収入が入らないと銀行への返済が厳しくなってしまう。

デメリットである金額の大きさや税金の高さについては、しっかりと物件を選び、運営していけば避けられるものである。ほぼ自分でコントロールができるので、サラリーマンが一棟アパート・マンション投資を選ばない手はないのだろうか?

⇒【不動産投資セミナーに参加する際注意すべき3つのポイントとは?

⇒【スルガ銀行シェアハウス不正問題がサラリーマンや不動産業界に与える影響とは

【サラリーマンのおすすめ不動産投資方法】銀行融資を活用した一棟アパート・マンションまとめ 

サラリーマンが不動産投資に求めるものは、人それぞれだと思うが、一定規模までの資産形成をしたいのであれば、一棟アパート・マンションがおすすめだ。投資対象だけを決めてしまえば、あとは投資基準に適した物件を探していくだけとなる。

まずは一棟アパート・マンション、区分所有、戸建てから投資対象を選んだ方が、不動産探しも効率的にできるようになるだろう。限られた時間の中で、最大限のパフォーマンスを意識して行動することをおすすめする。

<こんな記事も読まれています>

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべきか?3つの不動産投資戦略とは?

⇒【サラリーマンに適した不動産投資スタイルとは?不動産ファンドより有利な理由とは?

⇒【不動産物件価格が変動する要因をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?

⇒【ワンルームとファミリータイプ、都心でサラリーマンが購入するならどっち?

⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?

⇒【サラリーマンが最初に購入するのは区分所有と一棟物件どちらがよいか?

⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは

⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは

関連記事

  1. 「空き地」「更地」投資は儲かる?メリット・デメリットとは?現金で購入が可能、手間がかからずライバルも…

  2. 【REIT(リート)】を不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?REITのメリットやデメリット、…

  3. ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?いつでも…

  4. 札幌の収益不動産投資の現状・実態。広告料が高く入居者募集が厳しい?

  5. 低年収のサラリーマンは不動産投資をできる?資金はいくら以上必要?

  6. サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説。セミリタイア・経済的独立を目指すのであれ…

  7. 【銀行借入と現金購入】はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリ…

  8. 【築古戸建投資法】についてわかりやすく解説。メリット・デメリットは?自己資金ではじめられ、銀行返済の…

  9. サラリーマンにおすすめの一棟収益不動産とは?選び方をわかりやすく解説。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ