注目の記事 PICK UP!

【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法】をわかりやすく解説。株式・FX・仮想通貨など他の投資より優れている理由は?銀行借入でレバレッジをかけることが可能。

最近はサラリーマン不動産投資がブームとなっており、不動産投資に興味を持っているサラリーマンは多くなっている。しかしながら、しっかりと勉強せずに不動産投資を行うと、業者に言われるがままに物件を購入して、銀行ローンの返済ができなくなることがあるので、慎重に進める必要がある。

不動産投資は金額が大きくなるため、怖いと思う人や、自己資金が少ないから無理だと思っている人も多いのではないだろうか?ただしっかりと勉強をして運営していけば安定的に利益を上げていくことができるし、サラリーマンであれば銀行借入も使いやすいので、サラリーマンに適した投資であると言える。

ここではサラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組みについて紹介していきたいと思う。

不動産投資では家賃収入か売買益で利益を上げることができる。インカムゲインとキャピタルゲイン。 

不動産投資では大きく分けて2種類の利益の上げ方がある。1つは所有する不動産を賃貸に出して、入居者から家賃をもらう方法である。この方法をインカムゲインとも呼ぶ。もう1つは所有している不動産を売却して利益を出す方法で、これをキャピタルゲインと言う。

不動産投資において短期的にキャピタルゲインを狙うのは、上級者向けであるため、サラリーマンが不動産投資を行うのであればインカムゲインがベースとなってくる。そしてある程度不動産を保有して、市況が良い時に販売すればキャピタルゲインも狙うことは可能だ。

インカムゲインを目的として不動産投資を行うのであれば利回りが重要となる。利回りとは年間の家賃収入を物件価格で割ることで算出でき、%で表す。

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべきか?3つの不動産投資戦略とは?

⇒【サラリーマンに適した不動産投資スタイルとは?不動産ファンドより有利な理由とは?

サラリーマンは銀行借入がしやすく、不動産投資に適している。レバレッジ効果で大きな利益を期待することができる。 

サラリーマンが不動産投資に適している理由は、銀行借入を受けやすいからである。銀行借入を使うことができれば、自己資金以上の投資を行うことが可能で、大きな利益を上げることができる可能性がある。これをレバレッジと言う。もちろんレバレッジは失敗した際にはマイナス方向にも影響は大きくなるので、しっかりと勉強をして行う必要がある。

例えば、自己資金が1,000万円の人が年利5%の投資をした場合、1年間で得られる利益は50万円となる(税金等は考慮していない)。もし自己資金1,000万円と銀行借入9,000万円を使って、1億円の物件を購入して年間5%の利益を出せれば、500万円の利益となる。これがレバレッジの魅力である。

⇒【不動産物件価格が変動する要因をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?

⇒【ワンルームとファミリータイプ、都心でサラリーマンが購入するならどっち?

株式・FX・仮想通貨投資より不動産投資がサラリーマンに適している理由。強制ロスカットや追証が発生することがない。 

サラリーマンが検討する投資には不動産以外にも、株式投資・FX・仮想通貨などがある。不動産投資のメリットとしては銀行借入でレバレッジを使えることをあげたが、確かに株式・FX・仮想通貨でもレバレッジをかけることは可能である。では違いは何なのだろうか?

株式・FX・仮想通貨でレバレッジを使用した場合、投資した商品が一定以上値下がりしたら、強制ロスカットで反対取引を行われることがある。場合によっては追証という形で投入した資金以上に損失を被り、追加で資金を入れる必要が出てくる。

それに対して不動産投資では、不動産価格が値下がりしても、銀行から強制的にロスカットされることもなければ、追加で資金を求められることもない。家賃収入のインカムゲインをベースとした投資を行っていれば、日々不動産価格の推移は気にする必要はないのである。時間が限られているサラリーマンにとって、このメリットは大きいと思う。

⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?

⇒【サラリーマンが最初に購入するのは区分所有と一棟物件どちらがよいか?

【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法】をわかりやすく解説まとめ 

サラリーマンが不動産投資やるのであれば、銀行借入を最大限活用して、家賃収入をベースとしてゆったりと行うことをおすすめする。相場商品である株式・FX・仮想通貨などのように、日々の値動きを心配する必要はない。

不動産投資に魅力を感じたら、少しずつ勉強をはじめて、失敗しない不動産を購入して欲しいと思う。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?

⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説

⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは

⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

関連記事

  1. サラリーマンの不動産投資はリスクが高く危険?悪質な業者に騙されて失敗しないための方法やテクニック。

  2. サラリーマンにおすすめの一棟収益不動産とは?選び方をわかりやすく解説。

  3. 【サラリーマンに適した不動産投資スタイル】を解説。不動産投資ファンドより有利な理由や要因とは?銀行借…

  4. ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?いつでも…

  5. 【REIT(リート)】を不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?REITのメリットやデメリット、…

  6. 「市街化区域」「市街化調整区域」の違いを解説。サラリーマンが銀行融資を使って不動産投資を行うことは可…

  7. 不動産投資でサラリーマン卒業(セミリタイア)できる可能性や方法は?

  8. 【不動産投資の規模の経済性】複数物件所有した方がリスク分散になるのか?安定的な不動産賃貸経営を行って…

  9. サラリーマンが収益不動産購入に必要な頭金はいくら(何円)?フルローン・オーバーローンは危険?

コメント

最近の記事

人気記事

アーカイブ