注目の記事 PICK UP!

【銀行融資二重契約オーバーローン】についてわかりやすく解説。メリット・デメリットは?サラリーマンが自己資金無しで不動産投資を始める方法。返済比率が高く自己破産のリスクも。

不動産購入時にはさまざまな費用がかかる。仲介手数料、登録免許税、不動産取得税など、一般的には物件価格の約7%と言われている。サラリーマンの場合は銀行融資を利用して不動産投資を行う場合が多いと思うが、物件価格の10%~30%の頭金を要求されることがある。

ただ最近は多くのサラリーマン不動産投資家がオーバーローンで不動産投資をはじめている。しかしながらその裏には2重契約という違反行為が行われているケースもある。ここではオーバーローンのための二重契約についてみていきたいと思う。

銀行借入の審査には売買契約書と重要事項説明書を提出。頭金が必要となる銀行が多く、フルローンやオーバーローンは難しい。 

不動産の売買を行うには、売主と買主の間で売買契約書と重要事項説明書という2つの契約を締結する。そして銀行融資を行う場合には、売買契約書と重要事項説明書を金融機関に提出して、融資の審査を行うというのが一般的だ。

売買契約書と重要事項説明書には購入する物件の価格が記載されている。銀行はその物件価格に対して、何%の融資を行っていくのか決定していく。通常多くの銀行は物件価格の10%~30%の頭金を要求するので、このままではサラリーマン、特に不動産経験のない人がフルローンやオーバーローンを組むことはほぼ不可能である。

ではどのように多くのサラリーマン不動産投資家はオーバーローンで不動産物件を購入しているのだろうか?

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

二重契約オーバーローンの方法とは?物件の売買価格を高く記載した契約書を銀行に提出する。 

頭金が必要となる金融機関からオーバーローンを組むために、良く行われるのが2重契約である。2重契約とは、実際の契約書と銀行提出用の契約書の2種類を作成することで、銀行提出用の契約書には、実際の売買価格より高い価格を記載することによって、物件価格以上のオーバーローンを引き出すために行う。

例えば、物件価格が1億円で10%の頭金が必要となる場合、不動産購入者は約700万円の諸経費と1,000万円の頭金が必要となる。ここで銀行提出用の契約書の物件価格を1億2,000万円とし、頭金1,200万円を不動産購入者が負担するように見せかける。1億2,000万円に対して90%の融資が実行されれば、融資額は1億800万円となり、不動産購入者は物件価格と約7%の諸経費もカバーできるオーバーローンが可能となる。

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

二重契約オーバーローンのメリット・デメリットは?不正が発覚した際には一括返済を求められたり、返済比率が高く自己破産のリスクも。 

二重契約オーバーローンのメリットは、手元資金がないサラリーマンが不動産投資を行えることである。近年はこの2重契約によって多くのサラリーマンが不動産投資を行ってきた。この手法でよく使われているのがスルガ銀行で、スルガ銀行の融資担当者も2重契約の存在を認識している可能性が高く、今後問題となっていく可能性が高いだろう。

二重契約オーバーローンのデメリットは、銀行を欺く行為であるため、発覚した場合にはローンの一括返済を求められるリスクがある。ただ実態は銀行員も認識している可能性が高く、今まで違反が発覚して一括返済を求められたというケースは聞いたことがない。

もう1つのデメリットはオーバーローンは返済比率が高くなるため、自己破産に陥るリスクが高くなる。オーバーローンを行う際にはリスクをしっかり認識した上で、使用していく必要がある。

⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説

⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

【銀行融資二重契約オーバーローン】についてわかりやすく解説まとめ 

サラリーマンの不動産投資は、スルガ銀行を中心に二重契約オーバーローンによって、大きく拡大してきた。ただ2018年に入ってスルガ銀行のシェアハウス向け不正融資問題が明るみになり、今後この方法はできなく可能性は高そうだ。

オーバーローンは自己資金が無くても不動産投資をはじめられるというメリットがある一方で、二重契約で行った場合には一括返済を求められるケースや、返済比率が高く自己破産のリスクも高くなる。オーバーローンはしっかりとデメリットを認識した上で、判断した方が良い。

<こんな記事も読まれています>

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

⇒【不動産投資の規模の経済性とは。複数物件所有した方がリスク分散になるのか?

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

⇒【不動産投資で多額の借金をすることの不安は恐怖はどのように乗り越えるのか?自己破産する確率とは?

⇒【不動産投資で銀行への返済ができなくなったらどうなるのか?対応方法や優先順位は?

⇒【銀行借入金利上昇リスクへの考え方や対応方法は?固定金利のデメリットは?

⇒【ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?

⇒【地方高利回り物件を銀行ローン完済まで保有することは良いか?

関連記事

  1. りそな銀行の不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  2. 三為業者の詳細をわかりやすく解説。中間省略登記・二重契約・家賃改ざん(カーテンスキーム)で銀行融資を…

  3. 不動産投資で多額の借金をすることの不安や恐怖はどのように乗り越えるのか?悪いイメージの払拭方法は?銀…

  4. 不動産投資の利回り最低ラインは何%?目標とすべき数値をわかりやすく解説。

  5. 地方の不動産物件の積算評価額が高い理由を解説。首都圏では積算評価額が低いのは、路線価と土地の売買価格…

  6. 【違約手付】をわかりやすく解説。売買契約不履行時の手付金の取扱いはどうなる?

  7. サラリーマン不動産投資家がサブリース・家賃保証にだまされる理由や罠・落とし穴。

  8. 【モゲチェック】新規で不動産投資/アパートローンを組むことは可能?

  9. 人口減少と少子高齢化が不動産投資市場に与える影響とは?人口減少に対する国の対応や、移民の流入の可能性…

コメント

最近の記事

人気記事

アーカイブ