注目の記事 PICK UP!

不動産投資はサラリーマンに適しているのか?おすすめの理由や詳細を解説。物件取得後の具体的な作業とは?株式投資・FX・仮想通貨との違いや比較は?

サラリーマンが行う投資としては株式投資・FXや最近では仮想通貨などが代表的であるが、どれも相場商品で値動きが激しく、手を出しにくいと思っている人も多いことだろう。

不動産投資は値動きは激しくないものの、価格が高額であったりと手を出しにくいイメージがあるかもしれないが、サラリーマンに一番適している投資は不動産だと考える。

ここではサラリーマンが不動産投資に適している理由や、具体的にどのような作業が発生するのかを紹介していきたい。

サラリーマンが株式投資・FX・仮想通貨より不動産投資に適している理由とは?相場商品ではなく日々の値動きを気にする必要はない。 

サラリーマンが不動産投資を行う場合は、家賃収入をベースとしたインカムゲインを狙っていくやり方が主流となる。そのため、短期的な物件価格の値動きは気にする必要がなく、いかに満室経営を行って家賃収入を増やしていくかがポイントとなる。

サラリーマンがやりやすい投資である株式投資・FX・仮想通貨では、売買差益を狙っていく投資となり、日々値動きを追っていく必要がある。

サラリーマンの中には本業の仕事が忙しくて相場を確認できないとなると、それらの相場商品の投資をやっていくのはリスクが高く、向いていない。

短期的な値動きを気にせず、ゆったりと投資できるという点から、サラリーマンは不動産投資に適しているということができる。

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべきか?3つの不動産投資戦略とは?

⇒【サラリーマンに適した不動産投資スタイルとは?不動産ファンドより有利な理由とは?

サラリーマンが不動産投資を行うと銀行借入ができ、レバレッジをかけて大きな利益を狙うことができる。価格が下がっても追証はない。 

サラリーマンは本業からの給与所得があるため、銀行からの評価が高く、不動産投資を行う際には銀行借入を受けやすい。株式投資などでもレバレッジを使った信用取引を行うことができるが、不動産ではより大きなレバレッジを使うことができる。場合によってはフルローンやオーバーローンもできるため、自己資金を使うことなく投資ができることもある。

銀行借入を使って不動産投資を行えば、自己資金より大きな金額の投資ができるため、より大きなリターンを得るチャンスがある。株式投資では株価が下落すれば追証という形で追加の資金を求められるが、不動産投資ではしっかりと入居者を付けて運営をしていれば、不動産の価格が下がっても、追加で資金を求められることはない。

⇒【不動産物件価格が変動する要因をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?

⇒【ワンルームとファミリータイプ、都心でサラリーマンが購入するならどっち?

不動産投資は管理会社に業務を任せられるので、サラリーマンに適している。瞬時に判断することは少ない。 

不動産投資では、物件を取得するまでには勉強も含めて多くの時間を費やす必要があるが、一旦物件を取得してしまえば、日々の業務は不動産管理会社に任せることができる。そのため、しっかりと入居者を付けて運営することができていれば、作業量は少なく、サラリーマンに適した投資と言うことができる。

空室募集に内容、家賃交渉に対する返答、空室のリフォームなどが主な作業となるが、不動産管理会社が主体的に動いてくれるし、瞬時に判断を求められることはほぼない。他の相場商品の投資では、常に価格が変動するため、瞬時の判断が必要となるケースも出てくるだろう。

サラリーマンの本業が忙しくても、不動産投資であれば問題なく運営することができる。

⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?

⇒【サラリーマンが最初に購入するのは区分所有と一棟物件どちらがよいか?

不動産投資はサラリーマンに適しているのかまとめ 

不動産投資は、他の相場商品と比較して日々の値動きを気にする必要もなく、属性を利用して銀行借入を利用することができ、物件取得後はほとんどの業務を不動産管理会社に任せることができるため、サラリーマンに適した投資であるということができるだろう。

物件を取得するまではそれなりの時間を投資する必要があるが、日々時間を取られることはないので、サラリーマンの本業に影響を与えることはないだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは

⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説

⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

⇒【境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後対応することは可能か?

関連記事

  1. 三為業者が不動産物件を売り急ぐ理由やスキームをわかりやすく解説。中間省略登記を活用し、手付金だけで高…

  2. 【サブリース契約】の詳細を不動産投資初心者にわかりやすく解説。家賃収入が保証されると思いきや契約を解…

  3. 【移転登記】をわかりやすく解説。司法書士に任せずに自分でやることは可能?

  4. 不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説。入居者が付いて家賃収入を得ら…

  5. 「属性」とは?サラリーマンが銀行融資を使って不動産投資を行うには重要?

  6. 【サービサー(債権回収会社)】をわかりやすく解説。不動産物件を安く買えるチャンス?

  7. 【一棟マンション・アパート】サラリーマンが購入に必要な自己資金の目安とは?フルローンやオーバーローン…

  8. サラリーマン不動産投資家がサブリース・家賃保証にだまされる理由や罠・落とし穴。

  9. 【内金】をわかりやすく解説。【手付金】との違いとは?支払う際の注意点は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ