注目の記事 PICK UP!

【外国人入居者】のメリットやデメリットをわかりやすく解説。空室対策で外国人をOKにすべきかの判断方法は?日本語の理解度、母国語で説明できる知人がいるかがポイント。家賃保証会社利用は絶対必要。

不動産物件を購入した後のほとんどの悩みは、空室対策となるだろう。空室もなく順調に運営できていれば問題ないが、空室が多いのであれば募集条件の見直しや、募集するターゲットを広げるなどの見直しが必要となってくる。

募集するターゲットを広げる方法として、外国人入居者を受け入れるというものがある。一般的には外国人は日本人と比べて入居のマナーが悪いというイメージがあり、外国人は不可としている大家も少なくない。

ここでは外国人入居者を受け入れるべきかどうかについてみていきたいと思う。

外国人入居者のメリット・デメリットとは?空室の状況次第で受け入れを判断。 

外国人入居者を不可とする大家は多く、外国人入居者を可にするとそれだけでターゲットが広がって、空室が埋まりやすくなる。しかしながら、外国人入居者を受け入れることに抵抗がある人は多いだろう。

まず外国人を受け入れるかの基準としては、空室がどれくらいあり、どの程度早く埋めたいかによるだろう。一般論として外国人は日本語を全て理解していなかったり、文化の違いからトラブルを起こすケースもあり得るので、そのリスクを取ってまで空室を埋めたいかどうかということになる。

ただ結局は入居者次第となるので、個人的には外国人を受け入れても問題ないと考え、実際に外国人入居者も何名かいる。では、外国人入居者を受け入れる場合には、どのようなことに注意すればよいのか、紹介していきたいと思う。

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

外国人入居者を受け入れる際に注意点は。日本語の理解度と母国語で説明できる友人・知人がいるか確認。 

外国人入居者の場合には、まず日本語をどの程度理解できるのかを確認する必要がある。日本で長期間生活していない限りは、100%理解しているというケースは珍しく、ほとんどの場合は全てを理解しているということはないだろう。

その場合は近くに日本語を100%理解していて、母国語で説明できる友人か知人がいるかを確認した方がよい。もしトラブルとなった場合には、その人に間に入ってもらって、説明することで解決できる可能性が高まるだろう。

もしそのような友人や知人がいない場合には、そもそも契約締結の時点で細かい契約内容を伝えることができず、トラブルとなるケースが多くなる。もし母国語で説明できる知り合いがいない場合は、避けたほうが良いだろう。

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

外国人入居者には家賃保証会社利用が絶対必要。滞納や夜逃げのリスクを軽減することが可能に。 

外国人入居者を受け入れる際には、家賃保証会社を入れることは絶対に必要だろう。日本人と比較すると、期限通りに支払わない外国人は多く、場合によっては夜逃げされる可能性もある。

家賃保証会社を付けておくことで、家賃支払いが遅れた時も回収できるし、夜逃げが発生した際にも、物件の受け渡しがスムーズに行われる。家賃保証会社を使用せずに外国人を受け入れるのは、リスクが高すぎるのでやめたほうが良いだろう。

逆に言えば家賃保証会社をしっかり付けておけば、懸念される外国人入居者のリスクを大きく軽減することができる。

⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説

⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

【外国人入居者】のメリットやデメリットをわかりやすく解説まとめ 

多くの大家は外国人入居者を敬遠する傾向にあるが、しっかりとデメリットを理解して、対策をすれば、大きな問題となることは少ないだろう。

外国人入居者を受け入れることは、強力な空室対策になるとともに、社会貢献的な面もあるので、是非前向きに検討して頂けたらと思う。

<こんな記事も読まれています>

⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?

⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?

⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?サラリーマン投資家が利益を上げることは可能か?

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

⇒【不動産投資の規模の経済性とは。複数物件所有した方がリスク分散になるのか?

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

⇒【不動産投資で多額の借金をすることの不安は恐怖はどのように乗り越えるのか?自己破産する確率とは?

関連記事

  1. 「マネログ」の使い方をわかりやすく解説。無料の不動産収益計算(シミュレーション)ツール。ファイナンシ…

  2. 【サラリーマンリタイア(引退)のための不動産投資戦略】キャッシュフローが重要。利回り・銀行借入金利・…

  3. サラリーマンの不動産投資は就業規則で副業として禁止されている?会社にばれない方法とは?

  4. 【サラリーマンの不動産投資の始め方】をわかりやすく解説。書籍・セミナーで基礎を学んで、利回りなど詳細…

  5. 不動産投資を配偶者(奥さん)に反対された場合の対処・説得方法を解説。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ