注目の記事 PICK UP!

【不動産投資でサラリーマンを引退する方法】を解説。目安となる資産規模とは?重要なのはキャッシュフロー。利回りと銀行返済のバランス。

最近では数億円単位の不動産を購入するメガ大家と呼ばれる人たちも増えて、サラリーマンを引退する人も多くなってきている。サラリーマンで不動産投資を検討している人にも、リタイヤしたいと思っている人も多いことだろう。

ここではサラリーマンを引退するために必要な資産規模や重視することについて紹介していきたいと思う。

サラリーマンが不動産投資でリタイヤするために一番重要なのはキャッシュフロー?利回りと銀行借入のバランス。 

もし不動産投資でサラリーマンを引退するなら、何を一番重視すべきだろうか?利回り、立地、銀行借入、キャッシュフローなど、不動産投資で重要となることはたくさんある。

その中でもサラリーマンを引退するのであれば、キャッシュフローが一番重要となる。サラリーマンの給与所得が無くなってしまうので、キャッシュフローが無ければ生活を維持していくことが困難だ。

いくら利回りが高い物件を購入していても、キャッシュフローが出ていなければサラリーマンを引退することは不可能だ。キャッシュフローは物件の利回りだけでなく、銀行への返済との組み合わせで決まってくるため、両方をしっかりと考えていく必要がある。

⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?

⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?

不動産投資でサラリーマンを引退するために必要なキャッシュフローの目安は1千万円?そのために必要な資産規模とは? 

おそらく多くのサラリーマンが引退しても良いと思えるキャッシュフローのレベルは、年間1千万円というのが多いと思う。では年間キャッシュフロー1千万円を達成するにはどの程度の不動産の規模が必要になるのだろうか?

利回りや銀行への返済期間・比率などさまざまな要素によって変わってくるが、一般論としては不動産の規模としては、最低でも3億円は必要となってくるだろう。もし利回りが10%であれば年間の家賃収入が3,000万円、そこから銀行への返済やさまざまな経費を差し引いてキャッシュフロー1,000万円というのが見えてくる。

そこから税金などもかかってくるため、最終的な手残りとなる金額はもう少し少なくなってくると思われるが、不動産の資産規模3億円がサラリーマン引退への一つの目安となってくるだろう。

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

⇒【不動産投資の規模の経済性とは。複数物件所有した方がリスク分散になるのか?

不動産投資のキャッシュフローを多くするには銀行借入の返済期間を長くする。だが返済の先送りで将来的に破綻するリスクも高まるので要注意。 

不動産投資でキャッシュフローを多くするためには、利回りの高い物件を購入して、しっかりと入居者を付けて運営し、銀行への返済期間を長くとることが必要となる。

ただ銀行の返済期間を長くとればキャッシュフローを多くすることは可能だが、銀行への返済を先送りしているという点は理解しておく必要がある。貸借対照表(バランスシート)の健全性を向上されるためには、銀行借入の返済期間を短くして、借入金額を少なくしていくことが望ましい。

この点を理解しておかないと、将来的には返済ができずに破綻してしまうリスクが高くなるので、注意が必要だ。サラリーマン引退を求めるあまりに、銀行借入の期間を長くし過ぎてしまうことにも、リスクがあることは理解した上で、返済期間を設定するようにしよう。

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

⇒【不動産投資で多額の借金をすることの不安は恐怖はどのように乗り越えるのか?自己破産する確率とは?

【不動産投資でサラリーマンを引退する方法】を解説まとめ 

不動産投資でサラリーマン引退を考えるのであれば、キャッシュフローを追求しなければいけないことは覚えておいて欲しい。これをしっかりと理解して物件取得を進めないと、サラリーマンを引退することできないだろう。

銀行返済期間を長くとることでキャッシュフローは増やすことが可能であるが、そのリスクもあることも理解しておこう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?

⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説

⇒【サラリーマンが不動産投資で好条件の融資を受ける方法やテクニック

⇒【利回り・賃貸需要から考える不動産投資物件の選び方

⇒【積算価格・出口戦略(売却)から考える不動産投資物件の選び方

⇒【スルガ銀行金利交渉の方法やテクニックを解説

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

関連記事

  1. 【収益不動産(物件)】をわかりやすく解説。サラリーマン投資家におすすめ?

  2. 不動産物件購入時・保有中・売却時に発生する費用・諸経費一覧を初心者にわかりやすく解説。損益やキャッシ…

  3. 【二重売買契約オーバーローン】の詳細をわかりやすく解説。自己資金が少ないサラリーマンが不動産投資をは…

  4. 不動産投資でのエビデンス改ざんとは?詳細や手口をわかりやすく解説。

  5. 不動産投資をはじめたい初心者が最初にやるべきことをわかりやすく解説。不動産物件選定や銀行開拓より重要…

  6. 【専属専任媒介契約】をわかりやすく解説。メリット・デメリットとは?

  7. 【中間省略】の詳細をわかりやすく解説。不動産業者が売買仲介ではなく売主になる理由とは?メリット・デメ…

  8. 自宅(マイホーム)売却時の「買い替え(換え)特例」の詳細を不動産投資家がわかりやすく解説

  9. 不動産投資の自己資金を貯める方法。東京都内で安全に賃貸経営を行うのに必要な自己資金額とは?固定費を下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ