注目の記事 PICK UP!

【ワンルームとファミリータイプ】都心でサラリーマンが投資用不動産物件を買うならどっちがおすすめか?メリット・デメリットや特徴は?事務所や店舗物件はリスクが高い。

サラリーマンが不動産投資をはじめるのであれば、基本的には一棟マンションやアパートを購入することをおすすめするが、区分所有マンションで利益を上げることができないわけではない。

もし多額の借金をすることが怖い人は、区分所有から始めてみるというのも良いだろう。では都心で買うならワンルームとファミリータイプどちらが良いのだろうか?

東京の不動産投資は賃貸需要が安定しているが、事務所と店舗はリスクが高い。検討するならワンルームかファミリータイプ。 

不動産投資を行うにあたって大前提となるのが、賃貸需要が安定していることである。その点で言えば、世界で最も人口密度が高い都市である東京の賃貸需要は安定しているということができる。

では東京であればどんな物件を購入しても良いのかと言えば、そういうわけではない。不動産には住居以外にも事務所や店舗などの種類があるが、事務所と店舗は賃貸付けが難しいので、初心者やサラリーマンにはおすすめできない。

となるとサラリーマンが都心で不動産投資を行うのであれば、ワンルームかファミリータイプのいずれかとなる。ではどちらの物件が良いのか、それぞれの特徴についてみていきたいと思う。

⇒【サラリーマンが最初に購入するのは区分所有と一棟物件どちらがよいか?

⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは

都心ワンルーム物件のメリット・デメリットは?賃貸需要が強く、入居者を見つけやすい。入居期間は短期間となる傾向が。 

東京に住む世帯の半分は一人暮らしの単身世帯と言われている。一人暮らしの場合でマイホームを持っている人の割合は少なく、賃貸で物件を探す人は多い。そのため賃貸の需要という点からいうと、ワンルームの方が需要は強くなる。

都心のワンルームでターゲットとなるのは、学生、社会人、留学生とさまざまで、支払う賃料も物件のグレードや立地によって大きく異なる。どんなワンルームであっても都心であれば適した入居者を見つけることはそれほど難しくはないだろう。

ワンルームのデメリットとしては、入居期間が短いことがあげられる。学生であれば卒業すれば引越しすることが多いし、社会人であれば転勤や結婚などで引越しすることが良くある。退去があると原状回復費用や広告料などがかかり、投資の利回りは低下してしまう。

⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

都心ファミリータイプ物件のメリット・デメリットは?競合物件少なく、長期入居になりやすい。マイホームとして販売できれば売却益も期待できる。 

ファミリータイプはマイホームを持っている世帯も多いため、賃貸需要という意味ではワンルームよりは少なくなるだろう。ただファミリータイプはワンルームと比較すると競合となる物件も少なく、一度入居してしまうと入居期間が長くなりやすい傾向がある。不動産投資を行うにあたって入居期間が長いというのは大きなメリットである。

またファミリータイプ物件では一定の条件を満たせば、マイホームとして売却できる可能性もあり、不動産投資家に売却するよりも高値での売却が期待できる。

ファミリータイプのデメリットとしては、利回りはワンルームより低くなることが多いだろう。ただ長期的な入居で安定して賃料収入を得ながら、最終的にはマイホームを探している世帯に売却できれば大きな利益を得られる可能性がある。

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

【ワンルームとファミリータイプ】都心でサラリーマンが投資用不動産物件を買うならどっちがおすすめかまとめ 

都心のワンルームとファミリータイプにはそれぞれメリット・デメリットがある。小さな金額で手堅くはじめたいのであればワンルームの方が良いだろう。ただワンルームでも不動産業者が販売する新築ワンルームでは、失敗する可能性があるので注意が必要だ。

もし長期的な売却も含めて投資を考えるのであればファミリータイプも面白いと思う。是非自分にあった投資スタイルを見つけてみて欲しい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説

⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

⇒【境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後対応することは可能か?

⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?

⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?

⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?サラリーマン投資家が利益を上げることは可能か?

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

関連記事

  1. 高利回り不動産物件の注意点とは?利回りはリスクに比例。空室率が高い、家賃下落、建物が古い、売却がしに…

  2. サラリーマンが住宅費・家賃を節約(安く)したければ不動産投資を勉強しよう

  3. 【旧耐震基準】の不動産物件を購入してもよいのか?リスクやメリット・デメリットは?地震保険は不十分?耐…

  4. 【不動産投資物件選び方】サラリーマンが購入すべき物件の条件、利回り・賃貸需要。計算方法、考え方、確認…

  5. テナント(店舗・オフィス)物件はサラリーマン不動産投資家におすすめか?レジデンス(住居)物件との違い…

  6. サラリーマンが不動産投資を始めるのに必要な資金・現金はどのくらい?

  7. 【ブランドマンション】への投資はおすすめか?サラリーマン不動産投資家が利益を上げることは可能か?賃貸…

  8. 【3点ユニット物件】は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件と比較した場合の競争力や将来性は?築…

  9. 【RCと木造】不動産投資の維持費・管理費が安いのはどちらか?木造アパートの優位性とは?建物構造別の特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ