注目の記事 PICK UP!

【不動産物件の立地】サラリーマン投資家が都心で物件を購入する場合のポイントとは?銀座や六本木などの一等地物件はおすすめか?キャッシュフローを出すためのエリアの選び方は?

不動産投資における立地の選定は、投資の成功・失敗を分ける大きな要因となる。不動産という言葉が表す通り、場所だけはいくらお金をかけても変えることができないのである。

立地の良い不動産物件は賃貸需要が強く、また不動産市況が高騰した際には、大きな値上がり益を期待することができる。

ここではサラリーマンが都心で不動産物件を購入する際の、立地の考え方について紹介していきたいと思う。

東京都内の一等地での不動産投資はサラリーマンに適しているか?新宿、渋谷、六本木、銀座など。キャッシュフローはマイナスになりやすい。 

新宿、渋谷、六本木、銀座など東京都内でも一等地とされる場所は、今後も住みたいと思う人が多く、安定した不動産賃貸経営ができることは明らかだろう。そしてこれらの一等地は、不動産市況が高騰した際にも、特に値上がり幅が大きくなる。

しかしながら、これら一等地の不動産物件はその他の地域の物件と比べると利回りが著しく低くなり、銀行借入をして購入すると、家賃収入よりもローン返済金額が上回ってしまうため、保有期間中のキャッシュフローがマイナスになってしまう。

サラリーマン投資家の場合は、キャッシュフローのマイナス分を給与所得などから補填しなければいけないため、サラリーマンには適さない物件である。このような物件は資金が潤沢にある資産家などが購入することが多い。実際、一等地の物件は積算評価も収益還元評価も物件価格より低くなりやすく、サラリーマンが銀行から借入を受けることは難しいだろう。

⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは

サラリーマンが都心で不動産投資を行うのにおすすめのエリアとは?駅近やターミナル駅から近い立地であれば値上がり益も期待できる。 

都心で不動産投資を行うのであれば、一等地以外であっても賃貸需要が強いエリアは存在する。ある程度の利回りを狙うのであれば、中野区、豊島区、目黒区、品川区、文京区、世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区あたりが狙い目となってくる。

これらのエリアであっても駅近であったり、ターミナル駅から近ければ、不動産市況が高騰したい際には十分値上がり益を狙っていくことが可能となる。

もし都心で不動産投資をはじめるのであれば、一等地は外して、それらのエリアで物件を選定していくのが良いだろう。東京で利回りがしっかりと出る不動産物件を購入することができれば、成功する確率は極めて高くなるだろう。

⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説

⇒【サラリーマンが不動産物件を探すためのおすすめの方法とは?

都市の不動産物件は安定した賃貸経営が可能に。インカムゲインとキャピタルゲインの両取りで次の物件に再投資して規模の拡大を。 

都内で不動産物件を探すとなると、競合が多かったり価格が高かったりでなかなか基準に合う物件を購入することは難しいが、購入することができれば、賃貸需要も購入需要も強く安定した不動産賃貸経営を行うことが可能となる。

賃貸に出して一定期間家賃収入を得ながら、不動産市況が高騰した際には市場価格で売却することにより、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を得ることが可能となる。基本的にはインカムゲインで少しずつ現金をためながら、キャピタルゲインでまとまった現金を得て、次の物件に再投資していくという手法で、規模を拡大していくことが可能となる。

⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由とは

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは

【不動産物件の立地】サラリーマン投資家が都心で物件を購入する場合のポイントまとめ 

都心の一等地で不動産投資をしたいというのは誰もが思うことであるが、現実的にサラリーマンが不動産投資を行うのであれば、一等地は避けて物件を探すのが良いだろう。

一等地以外でも不動産投資でも利益を上げることは可能なので、利回りと立地のバランスを考えながら、物件を探してみて欲しい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?

⇒【スルガ銀行不正融資問題で訴訟もスルガ銀行は徹底抗戦の姿勢

⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説

⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説

⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説

⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説

⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

関連記事

  1. 【非公開優良物件】をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?レインズや競売に掲載される前に不動産物件を…

  2. 「プレミアムバリューバンク」新潟市RC11%超の不動産物件の収支計算の実例。フルローン、オーバーロー…

  3. 【不動産物件の探し方】サラリーマンが収益不動産を見つけるためのおすすめの方法。業者とインターネットど…

  4. 不動産投資でカモられるサラリーマンの特徴。業者に騙されて失敗しないための方法とは?

  5. 【シェアハウス・ゲストハウス】サラリーマンが不動産投資するのはおすすめか?表面利回りは高いが、管理が…

  6. 不動産投資で指値が通りやすくなるための方法やポイントを解説。不動産仲介業者を味方につけて、積極的に交…

  7. サラリーマンが住宅費・家賃を節約(安く)したければ不動産投資を勉強しよう

  8. 【不動産投資の収益試算】の際に注目すべき指標とは?自己資金に対する利回り(内部収益率(IRR))、税…

  9. 投資用ワンルームマンションのデメリットとは?一棟マンション・アパートとの比較。サラリーマンに人気の投…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ