注目の記事 PICK UP!

不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説。入居者が付いて家賃収入を得られるかが重要。修繕費用を試算して、投資基準に合う価格で指値をしよう。

不動産物件の資料を集めて、投資基準にあう物件が見つかれば、現地視察をしてみることが重要となる。だた、初心者がいきなり物件を訪問しても、どのような点に着目すれば良いのかわからないだろう。

ここでは不動産物件を見る際に注目すべきポイントを解説していこうと思う。

不動産物件を視察する際には、入居者を付けて家賃収入を得られるかに注目。競合物件の家賃相場や入居率の調査は必要。 

不動産物件を視察する際に、注目すべきポイントは、しっかり入居が付いて家賃収入が入るかという一点につきる。事前に近隣の競合物件の家賃相場や入居率を調べたりするのはもちろん、現状のままでは入居者が入らないのであれば、どのように修繕を行って満室経営を行っていくのかを考えることが必要となる。

例えば、もし物件のイメージが悪く、入居付けに影響を与えていると考えるのであれば、入居者に好まれるデザインにするには、どの程度の費用が必要なのかという観点で考えていく。

せっかく貴重な時間を使って物件を見に行くのであれば、イメージが悪いから購入をしないというのはもったいない。どこをどのくらいの費用をかけて改善すれば、満室経営が可能となり、購入価格をいくらにすれば不動産賃貸経営が成り立つのかを考えていくと良いだろう。

⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?

⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?

金銭で解決できる問題とできない問題に分けて考よう。お金で解決できない問題が大きい場合は、購入を見送ったほうがよい。 

不動産物件を見るときに重要なポイントは、お金で解決できる部分と解決できない部分を分けて考えることである。お金で解決できない問題の例としては、近隣の雰囲気が悪い、違法建築や容積率オーバーなどがあげられる。これらは物件購入後も直すことができないので、それらが問題となる場合は、購入を見送ったほうが良いだろう。

お金で解決できる問題としては、修繕履歴が無い、賃貸契約書がないなどがあげられる。修繕履歴は自分で調べたり、業者に聞けばある程度は把握することができるし、エアコンなどの設備の故障などは、物件購入価格と比較すると小さな金額であるため、視察の段階ではあまり考えなくてよいだろう。

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?

安く購入することができればどんな物件も優良物件に。投資基準に合う価格で指値をしてみよう。 

不動産物件を視察する際に、覚えていて欲しいのは、どんなに問題があると思われる物件でも、安く購入することができれば、優良物件に変わるという点である。時間をかけて物件を見に行ったのであれば、自分の投資基準に適した価格はどの程度なのかを計算し、指値をトライしてみるのが良いだろう。

よく低すぎる指値は失礼だし、通らないだろうという勝手な先入観から、何もせずに見送る人も多いが、何回もチャレンジすれば指値が通ることもあるだろう。指値をすることによって失うものは何も無いし、万が一売主が早く売らなければいけない事情があれば、指値は通る可能性もあるので、躊躇せずに不動産業者に相談してみるようにしよう。

⇒【サラリーマンが不動産投資で節税して所得税・住民税を還付する方法とは

⇒【サラリーマンの不動産投資は副業に該当するのか?

不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説まとめ 

不動産物件の視察は、最終的に購入を見送ったとしても、回数をこなすことで見るべきポイントがわかってくるので、時間がある限り行うと良いだろう。その際にはしっかりと修繕する箇所を想定して、投資基準に合う価格で指値をするようにしよう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説

⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説

⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説

⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説

⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

関連記事

  1. 【イールドギャップ】を初心者にわかりやすく解説。不動産投資の目安や理想、注意点は?

  2. 【サブリース契約】の詳細を不動産投資初心者にわかりやすく解説。家賃収入が保証されると思いきや契約を解…

  3. 地震が不動産投資市場に与える影響とは?2011年東日本大震災発生後の不動産市況の動きは?一時的な需要…

  4. 収益不動産のコンサルティングに要注意!詐欺でだまされたという悪質なケースを解説。

  5. サラリーマン不動産投資家(大家)はリスクが高い?メリット・デメリットを解説。

  6. 不動産投資で連帯保証人は必要なのか?連帯保証人なしで銀行から融資を受ける方法とは?結婚している場合は…

  7. 【サービサー(債権回収会社)】をわかりやすく解説。不動産物件を安く買えるチャンス?

  8. 事故物件の対処方法をわかりやすく解説。自殺・孤独死・殺人事件が起こった不動産物件の賃貸募集・入居付け…

  9. サラリーマンはマイナンバー制度で会社に不動産投資・副業がばれる?可能性・リスクは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ