注目の記事 PICK UP!

【銀行借入と現金購入】はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットや理由とは?現金購入に適した投資方法は?

サラリーマンが不動産投資をする際には、銀行から融資を受けて物件を購入するのが一般的ではあるが、不動産投資では銀行借入と現金購入どちらの方がメリットは大きいのだろうか?

ここでは、不動産投資において銀行借入を行うことのメリットについてみていきたいと思う。

不動産投資の最大のメリットは銀行借入によるレバレッジ。現金購入であれば不動産以外のより安全な金融商品へ投資した方が良い。 

不動産投資を行う最大のメリットかつ理由は、銀行からの融資を受けられることである。日本の金利は低く、銀行から低金利で借りたお金で、利回りの高い不動産から家賃収入を得ることができる。また一度融資を受けてしまえば、不動産市況が悪くなって物件価格が下落しても、追加で自己資金を求められり、一括返済を求められることがない、好条件での融資を受けることができる。

現金購入をすることができるだけの自己資金があれば、より安全に不動産投資を行うことができるが、同じ現金を使うのであれば不動産投資以外の金融商品などで、より安全に流動性の高い形で、不動産投資と同じ程度の利回りを出すことは可能である。

不動産は有利な条件で借入ができ、大きくレバレッジを効かせることができるのが、魅了的なのである。

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

⇒【マンション区分所有投資をサラリーマンにおすすめしない理由とは

サラリーマン不動産投資家最大のメリットは銀行融資が受けやすい点。銀行にとってもリスクが低く、金利が高い融資先。 

そしてサラリーマンの最大のメリットも、銀行から融資が受けやすい点と言っても過言ではない。銀行から見れば、不動産物件自体も担保に入れながら、万が一の際にはサラリーマンの給与所得が返済の原資となるため、極めてリスクが低い融資先となるのである。

多くの銀行は貸出先が見つからずに困っており、余剰資金を国債などで運用しているという銀行も少なくない。そんな中でサラリーマン不動産投資家への融資は、住宅ローンと比較しても高い金利を設定することができ、魅力的な融資先として、多くの銀行が不動融資に力を入れてきている。

スルガ銀行のシェアハウス向け不正融資の影響で、金融庁の監視の目も厳しくなり、今後は一時期に比べるとサラリーマン不動産投資家であれば誰でも融資が組めた時代は終わる可能性が高いが、今後も優良な物件に対する融資は問題なくおりることだろう。

⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説

⇒【サラリーマンが不動産物件を探すためのおすすめの方法とは?

もし不動産投資で現金購入をするのであれば、適した投資方法とは?借地物件や再建築不可など融資が出ない高利回り物件。 

不動産投資は銀行借入によるレバレッジが最大のメリットであることは述べてきたが、もし現金で購入するのであれば、現金購入に適した投資方法というのも存在する。

それは銀行が融資しないような、高利回り物件への投資である。具体的には、借地物件や再建築不可の物件である。これらの物件は銀行融資がおりないことから、買い手が少なく、高利回りになりやすい。他の金融商品では実現することが難しいような、高利回り物件が出ることも珍しくないので、そのような物件であれば不動産を現金で購入するメリットがあるだろう。

ただかなり上級者向けの投資スタイルとなるため、初心者にはおすすめすることができない。ある程度の不動産投資経験を積んでから、チャレンジしてみると良いだろう。

⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは

【銀行借入と現金購入】はどちらが不動産投資を行うのに有利かまとめ 

不動産投資を行うのであれば、銀行借入を行った方がよい理由は理解して頂けただろうか?そしてサラリーマンは銀行借入がしやくす、不動産投資との相性が非常に良いのである。

現金購入にも適した不動産投資手法は存在するが、上級者向けの手法であり、まずは正攻法に銀行借入で規模を拡大していくのが良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?

⇒【スルガ銀行不正融資問題で訴訟もスルガ銀行は徹底抗戦の姿勢

⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説

⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説

⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説

⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説

関連記事

  1. 「横浜幸銀信用組合」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  2. 札幌の収益不動産投資の現状・実態。広告料が高く入居者募集が厳しい?

  3. 日本政策金融公庫は初心者のサラリーマン不動産投資家におすすめ?

  4. サラリーマンが不動産投資で銀行借入する際の注意点。不動産業者が預金残高改ざん・不正をして犯罪に巻き込…

  5. サラリーマンはマイホーム(自宅)と投資用不動産どちらを購入した方が良いのか?住宅ローン減税、売却益非…

  6. 「あすか信用組合」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  7. 静岡銀行(しずぎん)の住所変更で不動産登記変更は必要? 融資契約に定められている?

  8. りそな銀行「1法人1物件スキーム」で不動産投資家に一括返済・金利6%以上を要求?

  9. 【REIT(リート)】を不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?REITのメリットやデメリット、…

コメント

最近の記事

人気記事

アーカイブ