注目の記事 PICK UP!

ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?いつでも売却できるように準備しておくことが重要。相場は一定のサイクルで上下を繰り返す。

不動産投資は物件を購入して終わりではなく、購入してからが本番となる。ここでよくある質問としては、ローン完済まで物件を保有するのか、途中で売却をするのかというものだ。

ここでは物件取得後の出口戦略をどのように考えるべきか、紹介していきたいと思う。

所有物件は常に売却できるように準備をしておくことが重要。売却をしないのはより良い物件を購入する機会を逃していることにもなる。 

無事に物件を取得して、家賃収入を得られるようになったら、出口戦略を考える必要がある。順調に家賃収入が入って運営ができていると、物件を売却する気にはならなくなる人が多いが、常に物件売却の機会は伺っておいた方がよいだろう。

せっかく苦労して購入した物件を売却すると、家賃収入が無くなってしまうから勿体ないと考える人もいるだろう。しかしながら、購入した物件にこだわり過ぎてしまうと、より良い物件を購入する機会を逃していることにもなる。

売却によって多額の売却益を得られるのであれば、それを原資としてより大きく条件のよい物件を取得していくことで、規模の拡大を実現することが可能となる。

⇒【利回り・賃貸需要から考える不動産投資物件の選び方

⇒【積算価格・出口戦略(売却)から考える不動産投資物件の選び方

ローン完成まで保有し続けるという戦略もあり。税制的には短期的に売買を繰り返すと費用がかかって現金が残らない可能性も。 

それでもローン完済まで物件を所有し続け、家賃収入から多額のキャッシュフローを得たいと考えている人もいるだろう。物件によっては戦略的に保有し続けるという想定も悪いものではない。

個人で不動産物件を所有している場合、5年以内の売却であれば短期譲渡税で39%と高い税率が適用される。また不動産売買時には売買手数料、登録免許税、不動産取得税など多額の諸経費がかかるため、頻繁に売買を繰り返すと費用だけがかかって、現金が手元に残らない可能性もある。

しかしながら、不動産投資は何が起こるかわからないので、いつでも売却できるように、満室を目指しながら、物件管理をしていくことが重要となる。不動産市況が良くなってくると、魅力的な物件には高値で購入したいという人が現れて、想像以上に売却益を得ることができるもの、不動産投資の面白いところである。

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

⇒【マンション区分所有投資をサラリーマンにおすすめしない理由とは

不動産市況は一定のサイクルで好景気と不景気を繰り返す。売却で現金を持っていれば、価格下落時は絶好の仕入れのチャンスとなる。 

不動産市況は一定の周期で好景気と不景気を繰り返すため、価格が高騰した時には売却し、下落した際には購入するという手法をとったほうが、資産を増やすスピードは速くなる。

また、不動産市況が悪くなると感じた際には、売却益が見込めなくても、売却するというのも重要な判断となる。そのまま不動産価格が下落すれば、絶好の仕入れのチャンスになりうる。

不動産市況が下落しても、手元に現金がないと購入することはできないので、そういった相場環境に応じて対応していくのが重要となる。いずれにせよ、所有物件はいつでも売却できるように準備しておくことが、不動産投資で成功するためのポイントとなるだろう。

⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説

⇒【サラリーマンが不動産物件を探すためのおすすめの方法とは?

ローン完済まで物件保有と売却どちらが良いかまとめ 

基本的には高値で売却できるチャンスがあれば、家賃収入がなくなったとしても、売却を検討した方が、その後規模を拡大できる可能性は高くなるだろう。

戦略的に長期保有するという方法もあり得るが、それでもいつでも売却のできる準備をしておくことが重要だ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?

⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?サラリーマン投資家が利益を上げることは可能か?

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

⇒【不動産投資の規模の経済性とは。複数物件所有した方がリスク分散になるのか?

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

⇒【不動産投資で多額の借金をすることの不安は恐怖はどのように乗り越えるのか?自己破産する確率とは?

⇒【不動産投資で銀行への返済ができなくなったらどうなるのか?対応方法や優先順位は?

⇒【銀行借入金利上昇リスクへの考え方や対応方法は?固定金利のデメリットは?

関連記事

  1. 【地方高利回り不動産購入のポイント】をわかりやすく解説。サラリーマン投資家は収益評価(還元法)より積…

  2. 札幌の収益不動産投資の現状・実態。広告料が高く入居者募集が厳しい?

  3. サラリーマンにおすすめの一棟収益不動産とは?選び方をわかりやすく解説。

  4. サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説。セミリタイア・経済的独立を目指すのであれ…

  5. 【地方高利回り物件】を銀行ローン完済まで保有することは良いか?売却しても再投資する物件を見つけるのが…

  6. 【不動産投資の規模の経済性】複数物件所有した方がリスク分散になるのか?安定的な不動産賃貸経営を行って…

  7. サラリーマンはマイホーム(自宅)と投資用不動産どちらを購入した方が良いのか?住宅ローン減税、売却益非…

  8. 不動産投資でサラリーマン卒業(セミリタイア)できる可能性や方法は?

  9. 低年収のサラリーマンは不動産投資をできる?資金はいくら以上必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ