注目の記事 PICK UP!

サラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安とは?スルガ銀行やオリックス銀行が積極的に融資。規模拡大には法人でのプロパーローン。税務上のメリットも大きい。

サラリーマンが銀行から融資を受けて不動産投資を行っていく場合、ある程度規模を拡大してくと、銀行融資が頭打ちとなってしまうことがある。

ここではサラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安や、それ以降拡大していくための方法についてみていきたいと思う。

サラリーマン投資家の融資限度額の目安は年収の20倍~30倍。団体信用生命保険の限度額が3億円であり、そこも1つの目安となる。 

年収が高めのサラリーマンが不動産投資でよく利用する金融機関には、スルガ銀行とオリックス銀行がある。サラリーマン不動産投資家向けの融資限度額は一般的に、年収の20倍~30倍程度と言われている。

もし年収が1,000万円のサラリーマンであれば、2億円~3億円まで融資を受けられる可能性がある。ただあくまで目安の金額であり、不動産物件や借主の純資産の状況などによって大きく変わってくる。

不動産投資で銀行融資を受ける際には、団体信用生命保険に加入することになるが、この団体信用生命保険の限度額も3億円が上限となっていることが多い、そのため3億円というは一つの大きな壁となることだろう。

⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは

スルガ銀行は高属性な医者などには融資限度額の目安を超えて融資した例も。フルローンやオーバーローンが出るわけではないので注意。 

一般的なサラリーマン不動産投資家の融資限度額の目安は20倍~30倍であるが、属性が良い医者などは、その目安を大きく上回る金額の融資を受けられる可能性がある。実際に2017年にはスルガ銀行は年収の50倍程度まで融資を実行した例もあるようだ。

しかしながら、スルガ銀行のシェアハウス向け不正融資の問題もあり、2018年に入って融資はかなり引き締まってきている。今後は目安を大きく上回る金額の融資は厳しくなっていくだろう。

また融資限度額以内であれば、必ずしもフルローンやオーバーローンが組めるというわけではないので、注意が必要だ。不動産投資向けの融資は物件や買主の評価など、さまざまな要素が関係してくるので、個別に融資金額は決定される。

⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由とは

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは

法人でのプロパーローンで不動産投資を行えば、融資の上限金額は無くなる。規模拡大したら税金面でもメリットがある法人での取得を検討。 

サラリーマンで不動産投資を行っていくと、融資限度額が規模拡大の限界となってしまう。では、それ以上に不動産投資を拡大していくにはどのようにすれば良いのだろうか?

融資の上限金額を無くすためには、法人を設立して、プロパーローンを利用していく必要がある。プロパーローンであれば、融資限度額という考え方が無くなるので、不動産物件の条件と会社の決算内容次第では、無限に融資を受ける可能性がある。

法人での不動産取得は、ある程度の規模までいくと税金面などでのメリットが大きくなっていくが、不動産規模の拡大のためにも、法人での取得を検討していくと良いだろう。

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?

⇒【スルガ銀行不正融資問題で訴訟もスルガ銀行は徹底抗戦の姿勢

サラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安まとめ 

サラリーマン個人で不動産規模拡大を行っていくには、銀行融資がネックとなってしまう。それ以上に規模の拡大を目指すのであれば、法人を設立してプロパーローンでの融資を狙うようにしよう。

法人での不動産取得は、税務面でもメリットも大きく、一定の規模までいったら検討する価値は十分にある。

<こんな記事も読まれています>

⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説

⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説

⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

⇒【不動産投資でサラリーマンを引退する方法やポイントを解説

⇒【不動産物件を高く売却する方法。専任専属媒介契約と一般媒介契約どちらが有利か?

⇒【不動産投資セミナーに参加する際注意すべき3つのポイントとは?

⇒【スルガ銀行シェアハウス不正問題がサラリーマンや不動産業界に与える影響とは

関連記事

  1. 【住宅ローン不動産投資法】をサラリーマンがすることの問題点は?銀行から一括返済を求められることはある…

  2. サラリーマン不動産投資家に銀行が融資する際に審査・評価するポイントとは?物件の評価、利回り、所在地、…

  3. サラリーマンが不動産投資で銀行借入する際の注意点。不動産業者が預金残高改ざん・不正をして犯罪に巻き込…

  4. りそな銀行「1法人1物件スキーム」で不動産投資家に一括返済・金利6%以上を要求?

  5. 不正融資はスルガ銀行だけじゃない?メガバンクや他の地方銀行でも預金通帳の改ざん・水増し、二重売買契約…

  6. モゲチェック | 「利息削減プラン」と「利回り重利プラン」はどちらがおすすめ?

  7. 「横浜幸銀信用組合」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  8. 不動産投資向け融資の金利上昇の可能性は?大手銀行が2018年9月1日から住宅ローン金利を引き上げ。日…

  9. 【銀行融資・借入の基本】サラリーマンが不動産投資をはじめるために知っておくべき情報。融資可能エリア、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ