注目の記事 PICK UP!

銀行から継続的に不動産融資を受けるための方法やポイントとは?メガ大家が短期間に多額のローンを受けたやり方とは?フルローンやオーバーローンは可能か?

多くのサラリーマンが銀行から継続的に融資を受けて、規模を拡大してサラリーマンをリタイアしたいと考えていることだろう。しかしながら、不動産投資では物件取得の方法を間違えてしまうと、その後融資を受けるのが難しくなってしまう。

ここでは銀行から継続的に不動産融資を受けるための方法について、みていきたいと思う。

メガ大家と呼ばれる人たちがフルローンやオーバーローンで融資を受け続けるスキームとは?物件ごとに法人を設立? 

不動産物件を多数保有するメガ大家と呼ばれる人たちには、フルローンやオーバーローンの融資を継続的に受けて、10億円以上の不動産を取得している人もいる。成功事例として本を出している人もいたりして、羨ましく思う人も多いだろう。

しかしながら、短期間で規模を拡大している人たちには、物件ごとに法人を設立して、他で物件を持っていることを隠しながら融資を受けていたりと、グレーな方法で資産規模を拡大している大家も多い。

だがこのやり方は今後大きく問題になって、使えなくなる可能性が高いだろう。出来る限り正攻法で拡大していくのをおすすめする。

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

フルローンやオーバーローンを受けるには積算評価が高いほうが良い。東京より地方の物件の方が可能性が高い。 

かつては積算評価が高ければ、フルローンやオーバーローンが出やすいという時期もあった。そのような時には積算評価が出やすい、地方の物件を取得することによって、追加で融資を受けることが容易であった。

しかしながら、現在では不動産の積算評価よりも、収益還元法を見ながら、オーナーの純資産や金融資産などを重視していく方向に変わりつつある。そして自己資金も物件価格の10%程度を求められることが一般的となっている。

それでもフルローンやオーバーローンがなくなったわけではなく、根気よく探せば地方銀行や信用金庫からフルローン・オーバーローンで融資を受けることは不可能ではない。その場合にも、積算評価が高いことが最低条件となることが多く、積算評価がでにくい東京の物件よりも、地方の物件の方が可能性は高いだろう。

⇒【銀行借入金利上昇リスクへの考え方や対応方法は?固定金利のデメリットは?

⇒【ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?

正攻法で不動産の規模を拡大してくためには?継続的に融資を受けるための方法やポイントとは? 

正攻法で不動産の規模を拡大していくのであれば、賃貸需要がしっかりとあって、不動産市況が高騰した時には売却益も狙えるような立地の物件を買い進めていくのが一番良いと考える。

もちろん積算評価も高くて、利回りも高いことが重要とはなるが、全ての条件を満たそうとすると購入できる物件がほとんど無くなってしまうため、どこの条件は妥協していくのかは、事前に考えていた方が良いだろう。

どこかの条件を満たせていなくても、不動産投資の実績を積んで、しっかりと返済を行っていけば、銀行からの評価は高くなり、次回以降も融資を受けられる可能性は高くなる。そのためにも、家賃収入を無駄せずに、現金を多く保有していた方が有利になるので、その点は意識しておいてほしい。

⇒【地方高利回り物件を銀行ローン完済まで保有することは良いか?

⇒【繰り上げ返済はすべきか?余計に金利を支払うことは無駄になるのか?

銀行から継続的に不動産融資を受けるための方法やポイントまとめ 

不動産投資のおける銀行融資は、最大のメリットでもあり、規模を拡大してくにあたって最も重要なこととなる。巷にはグレーな方法で規模を拡大している大家も多いが、今後のことを考えると正攻法に行っていくのが良いだろう。

短期間に急拡大を目指すのではなく、実績を積みながら少しづつ拡大していく方が、リスクは低くなるだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?

⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説

⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

⇒【境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後対応することは可能か?

⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?

⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?

⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?サラリーマン投資家が利益を上げることは可能か?

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

関連記事

  1. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

  2. 静岡銀行(しずぎん)の住所変更で不動産登記変更は必要? 融資契約に定められている?

  3. 【住宅ローン不動産投資法】をサラリーマンがすることの問題点は?銀行から一括返済を求められることはある…

  4. 【メガバンクと地方銀行】サラリーマンが不動産投資で融資を受けるならどちらが有利か?メガバンクの方が融…

  5. 「横浜信用金庫」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  6. 【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由】の詳細をわかりやすく解説。融資審査スピード、融資可能エリア…

  7. 「横浜銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  8. スルガ銀行が不動産向け融資(ローン)を2019年6月に再開!その詳細を解説!

  9. 「あすか信用組合」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ