注目の記事 PICK UP!

【住宅ローン不動産投資法】をサラリーマンがすることの問題点は?銀行から一括返済を求められることはあるのか?実施するための方法や注意点は?転勤で賃貸に出すのは可能か?

日本の住宅ローンは、世界で一番優遇された金利条件で借りることができる融資契約である。そのため、サラリーマンをやっている人の中には、住宅ローンで不動産投資をやってみたいと考えたことがある人も多いことだろう。

確かに住宅ローン金利で不動産投資をすることができれば、収益面でのメリットはかなり大きい。ここでは住宅ローン不動産投資法について、紹介していきたいと思う。

⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

⇒【新築一棟マンション・アパートはサラリーマン投資家におすすめか?中古物件より利回りが高くなる理由は?

住宅ローンを使って投資用不動産を購入するとどうなるのか?サラリーマンが自宅を賃貸に出すことができる理由は? 

住宅ローンを使って不動産投資物件を購入することは、銀行との融資契約や法律に違反することなる。契約上は融資金額の一括で返済されることを求められたり、悪質な場合には最悪刑事罰を受ける可能性もある。

しかしながら、住宅ローンを使って不動産賃貸経営を行っているサラリーマンは数多くいる。このような人たちはどのように行っているのだろうか?

理由はいろいろとあると思うが、一番多いのは、物件購入当初は自己居住用として住宅ローンを組んでいたが、転勤による勤務地の変更などで引越しをせざるを得なくなり、自宅を賃貸に出したというケース。このように意図しない理由によって、自宅を賃貸に出すことは認められている。

⇒【不動産投資の規模の経済性とは。複数物件所有した方がリスク分散になるのか?

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

悪徳不動産業社にすすめられて住宅ローンを使って不動産投資はリスクが高い。低金利で利回りやキャッシュフローは魅力的。 

会社都合などによって、やむを得ず自宅を賃貸に出すことは認められているが、最初から賃貸に出すことを目的として、住宅ローンを組んで物件を購入することは法律違反となる。

銀行は違反をしていないか、自宅を訪問して確認することもあるので、悪徳な不動産業者が住宅ローンを使っての不動産投資をすすめてきた場合には、安易に乗らないほうが良いだろう。住宅ローンは金利が低いため、投資から発生するキャッシュフローは魅力的なものとなるが、リスクは高い。

住宅ローンを組む際には、一定以上の床面積がないと審査に通らないことや、物件購入後は住民票を物件の住所に移す必要がある。

⇒【銀行借入と現金購入はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリットとは?

⇒【不動産投資で多額の借金をすることの不安は恐怖はどのように乗り越えるのか?自己破産する確率とは?

住宅ローン不動産投資法を行う際の注意点とは?銀行員が見て見ぬふりをする理由や事情とは? 

このように住宅ローン不動産投資はリスクの高い方法ではあるが、実際にはそれを知りながら実行しているサラリーマンもいることは事実だ。

契約上は違反はしているが、銀行員も融資のノルマがある中では、後から不動産投資に使われたという事実を知っても、見て見ぬふりをするケースが多い。また、住宅ローンが不動産投資に使われたことが明かになると、上司に怒られて対応するのが手間だったりという事情もある。

不動産投資はそれなりの自己資金が必要となってくるため、どうしても自己資金を準備できない人は、強引に住宅ローンを利用して不動産投資をはじめる人がいる。その際には、郵便物の転送届を出しておくなどの対応をすることが必要となる。銀行も郵便物が届かないとなると、不審に思って調べざるをえなくなってしまう。

⇒【銀行借入金利上昇リスクへの考え方や対応方法は?固定金利のデメリットは?

⇒【ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?サラリーマン不動産投資家に適した戦略は?

【住宅ローン不動産投資法】をサラリーマンがすることの問題点まとめ 

住宅ローン不動産投資法という言葉がある通り、違法とは知りながらも、積極的にすすめてくる悪徳な不動産業者も多い。投資は自己責任であり、リスクはある投資法になるので、安易に考えて行うことはしないほうが良いだろう。

転勤の予定がほぼほぼ見えている場合などには、意図的に住宅ローンを使って自宅を購入し、転勤後に賃貸に出すという方法もある。

<こんな記事も読まれています>

⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?

⇒【地方高利回り物件を銀行ローン完済まで保有することは良いか?

⇒【繰り上げ返済はすべきか?余計に金利を支払うことは無駄になるのか?

⇒【銀行から継続的に不動産融資を受けるための方法とは?メガ大家が短期間で拡大した方法は?

⇒【不動産投資の自己資金を貯める方法。東京都内で安全に賃貸経営を行うのに必要な自己資金額とは?

⇒【銀行がサラリーマン投資家に融資する際、審査・評価するポイントとは?

⇒【サラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安とは?それ以上の規模拡大を目指すためには?

⇒【税金対策で赤字決算の場合に銀行融資が出ない理由とは?過剰な節税で規模の拡大が困難に。

関連記事

  1. 「神奈川銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  2. 不動産投資で多額の借金をすることの不安や恐怖はどのように乗り越えるのか?悪いイメージの払拭方法は?銀…

  3. スルガ銀行が不動産向け融資(ローン)を2019年6月に再開!その詳細を解説!

  4. 「千葉銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  5. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えのメリット・デメリット

  6. 【SBJ銀行】海外不動産(ハワイ州ホノルル)の不動産購入ローン/融資取り扱い開始

  7. 「三井住友トラストローン&ファイナンス(L&F)」不動産投資向け融資状況・金利条…

  8. 「西武信用金庫」不動産投資向け融資状況・金利。2018年12月以降。

  9. 「新生インベストメント&ファイナンス」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ