注目の記事 PICK UP!

水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散へ。峯島(みねしま)社長が語った理由とは?銀行融資引き締めで売上は大幅減少。経費もカバーできない状況に。

投資用不動産を扱っていた水戸大家さんが2018年9月末で廃業・解散することが、ホームページ上で発表された。その理由や背景は何なのだろうか?

ここでは水戸大家さんの廃業・解散の理由についてみていきたいと思う。

⇒【銀行がサラリーマン投資家に融資する際、審査・評価するポイントとは?

水戸大家さん廃業最大の理由は、銀行融資引き締めによる売上減少。 

水戸大家さん廃業の主な理由は、銀行融資引き締めによって投資用不動産の売上が大幅に減少したこと。2017年後半から銀行の融資姿勢は明らかに引き締まっており、2018年に入っては、スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題で、多くの銀行がサラリーマン向けの不動産融資を一気に引き締めている状況。

昨年までは、二重契約や中間省略登記などによって、自己資金は少なくても属性が良いサラリーマンは、フルローンやオーバーローンの銀行融資を引き出すことが可能であった。また、不動産物件1つにつき、1法人を設立するスキームで、他法人での融資を隠して融資を引き出すことも可能であった。

このような方法で、多くの不動産販売業者が売り上げを伸ばしていたが、2018年に入ってからは、多くの不動産業者が水戸大家さんと同様に売上が大幅に減少し、倒産する会社が相次いでいる。

⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説

水戸大家さん、売上減少で経費をカバーできない状況に。今後も融資状況変わらずに売上は回復しない見通し。 

水戸大家さん廃業の主な理由は、銀行融資引き締めによって売り上げが落ちてきているとしているが、峯島社長はそれ以外にも細かい要因があるとしている。

そのうちの1つが、水戸大家さんの事務所を移転しても、現在の売上では経費をカバーすることができず、毎月赤字となってしまう可能性が高いこと。その状況では、峯島社長個人の資産を切り崩さなければならず、難しいと判断したとのことだ。

また、今後売上を伸ばしていくためには、銀行融資の状況次第となるが、状況が好転する兆しはなく、当分は今の状況が続くと判断したとのこと。

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは

水戸大家さん従業員は売上に応じた歩合制の人が多く、不正が起きかねない状況。 

水戸大家さんの従業員も、売上に応じた歩合制で給料をもらっている人が多く、今の状況では給料が下がっている点も大きいようだ。このような状況だと、従業員が不正などを働く可能性は否定できず、リスクが高い会社を経営していくのは得策ではないと判断したようだ。

従業員の中には引き続き不動産業界に残る人もいるとのことだが、このような状況では、他社も苦しい状況は変わらず、仕事を見つけていくのはとても困難になりそうだ。

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは

水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散まとめ 

不動産投資物件を取り扱い、有名であった水戸大家さんの廃業は、現在の不動産市場がいかに厳しいかを物語っています。ただ、それがそのまま不動産価格の下落に繋がるというわけではなく、今まで異常であったサラリーマン向けの融資が通常に戻るということでしょう。

不動産価格は徐々に下落に向かいつつあるという話もありますが、引き続き優良物件に対する買い意欲は強く、ここから一気に物件価格が下落するということはなさそうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説

⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説

⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説

⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説

⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

関連記事

  1. ガヤルドの一棟アパートを販売していた不動産業者、紹介料を支払って顧客集め。きっかけはスルガ銀行からの…

  2. 北海道地震で不動産建物に被害が出た場合、地震保険で求償できる可能性・注意点とは?火災保険とセットで加…

  3. TATERU(タテル)西京銀行へ預金残高改ざん・水増しをした問題で、特別調査委員会を設置。アパートが…

  4. スルガ銀行岡野会長引責辞任で何が変わる?無責任との指摘も。第三者委員会、不適切融資の調査報告書公表時…

  5. スルガ銀行金利交渉のチャンス?定期預金はペイオフ上限の1,000万円にすべき。不動産向け不適切融資1…

  6. シノケン二重売買契約で不正にフルローンを週刊新潮が報道?西日本シティ銀行が融資を実行?

  7. 老朽マンション建て替え促進へ東京都が新制度。不動産会社購入で容積率上乗せへ。築40年以上の旧耐震基準…

  8. 西京銀行とTATERU(タテル)の関係性とは?出資や業務提携も行っており、「かぼちゃの馬車・スルガ銀…

  9. TATERU(タテル)顧客に見せ金を無利息融資していたことが発覚。組織的に不正融資に関与していた可能…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ