注目の記事 PICK UP!

地方の不動産物件の積算評価額が高い理由を解説。首都圏では積算評価額が低いのは、路線価と土地の売買価格との関係性。地方ではフルローンやオーバーローンが組みやすい。

地方では積算評価額が高く、銀行融資が付きやすいと言われている。そのため、フルローンやオーバーローンが組める可能性も高い。

ではなぜ地方は積算評価額が高くなりやすいのだろうか?この理由を明確に知っておくことで、融資戦略を適切に進めることが可能となる。

ここでは地方都市不動産物件の積算評価額が高い理由について、みていきたいと思う。

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべきか?3つの不動産投資戦略とは?

地方の不動産物件の積算評価が高い理由は、路線価と土地の売買価格がほぼ同じであるから。 

地方の不動産物件の積算評価額が高い理由は、土地の担保評価を算出する際に使用する路線価と、実際の売買価格の乖離がほぼないからである。地方の主要都市であっても、土地値が坪当たり数十万円、郊外にもなれば坪当たり10万円以下という土地もありえます。そのため積算評価額以下や土地値以下の不動産物件も出やすくなるのである。

これに対して首都圏では実際の土地の売買価格が路線価の2倍以上となっていることが多く、東京都内では坪当たり100万円を超える地域も珍しくない。そのため首都圏、特に東京都内の土地の売買価格が高額な地域になればなるほど、路線価との乖離が大きくなり、積算評価額は出にくくなってしまう。

⇒【不動産物件価格が変動する要因をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?

家賃が安いのも、地方の積算評価額が高い理由の1つ。 

地方の積算評価額が高い理由には、家賃が首都圏と比べて安いというのも大きな理由である。たとえば東京と地方で同じ利回りの不動産物件があったとすると、東京と地方では家賃が倍違い、部屋は地方の方が大きいということがありえる。そうなると戸数は地方の方が2倍となるので、建物面積も土地面積も2倍以上となり、積算評価が出やすくなる。

また地方では駐車場付きの不動産物件が多く、さらに敷地面積が大きくなって、積算評価が出やすくなるのである。

⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?

積算評価額が高いからといって安定した不動産賃貸経営ができるわけではない。 

積算評価額が高いと銀行からの担保評価が高くなり、融資は組みやすくはなるが、積算評価額が高いから土地の価値が高いとは限らず、空室が少なくなるということではない。積算評価額は銀行融資の重要な要素の1つではあるものの、順調に不動産賃貸経営を行っていくには、そのエリアの賃貸需要やライバルの状況など、他にも重要となる要素はある。

積算評価額が高く、銀行からフルローンやオーバーローンが組みやすいからという理由で、地方での不動産投資を行うというのは危険であることは認識しておく必要がある。

⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは

地方の不動産物件の積算評価額が高い理由を解説まとめ 

地方の不動産物件の積算評価額が高いのは、路線価と土地の売買価格の乖離が少ないからである。積算評価額は銀行融資の重要な要素の1つではあるが、必ずしも不動産賃貸経営が順調に行えるというわけではないので、注意が必要だ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?フルローン・オーバーローンは可能か?
⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?
⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?
⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?
⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説
⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?
⇒【境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後対応することは可能か?
⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?
⇒【非公開優良物件をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?不動産業者から紹介してもらうには?
⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?サラリーマン投資家が利益を上げることは可能か?
⇒【シェアハウス・ゲストハウスへの投資はおすすめか?サラリーマンが投資して利益を上がられるのか?

関連記事

  1. 【家賃・契約更新料交渉】の方法や可能性をわかりやすく解説。大家は退去されるより減額した方が良い?新築…

  2. 【サブリース契約】の詳細を不動産投資初心者にわかりやすく解説。家賃収入が保証されると思いきや契約を解…

  3. サラリーマン不動産投資家で破綻する人の特徴。自己資金無しオーバーローンは危険。

  4. 不動産物件購入後の業務・やることを初心者にわかりやすく解説。不動産管理会社とのやり取りとは?月次報告…

  5. サラリーマン不動産投資家がサブリース・家賃保証にだまされる理由や罠・落とし穴。

  6. 【広告料(AD)】の詳細をわかりやすく解説。不動産賃貸仲介業者の収益源。

  7. 「デート商法」をわかりやすく解説。スルガ銀行の関与をガイアの夜明けが特集。不動産販売でも横行。

  8. 【違約手付】をわかりやすく解説。売買契約不履行時の手付金の取扱いはどうなる?

  9. 【デッドクロス】の詳細や対応策を初心者にわかりやすく解説。減価償却費と銀行ローン元金返済のバランスが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ