注目の記事 PICK UP!

不動産投資の種類をわかりやすく解説。区分所有マンション、戸建て、アパート、マンション、それぞれの特徴やメリット・デメリットは?

不動産投資にはさまざまな種類があり、どのような物件を購入するかは、物件を探す前から決めておくことが望ましい。ただ不動産投資初心者が書籍やインターネットなどで情報収集すると、情報が多すぎて迷ってしまうことが多いだろう。

ここでは不動産投資の種類について説明していきたいと思う。

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

区分所有マンション 

分譲マンションの1部屋を所有する投資方法。区分所有マンションでは、毎月管理費と修繕積立金という費用が発生する。新築区分所有マンションは属性の高いサラリーマンに営業を行う不動産業者も多く、営業された経験のある人も多いことだろう。中古物件では築数年の築浅物件から、築40年程度までとさまざまなものが販売されている。

利回りは低いが、数百万円といった小額から投資が可能で、小規模に不動産投資をはじめたいサラリーマンに人気となっている。だが、キャッシュフローを出すことは難しく、あまりおすすめすることはできない。

⇒【マンション区分所有を不動産業者が電話営業する理由とは?

戸建て住宅 

戸建て住宅はファミリー層がターゲットとなり、供給量が少ないにも関わらず賃貸需要が強いことから、戸建てを中心に購入している不動産投資家も多い。アパートやマンションと比べて管理費が安く、管理会社を起用せずに自主管理をすることも可能で、ファミリー層が入居すると入居期間が長くなるというメリットもある。

築古の戸建てを土地値以下で購入し、自らリフォームして貸し出すというスタイルの投資方法も人気である。

⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説

一棟アパート 

一棟マンションほど規模が大きくなく、数千万円で購入できるアパートも多いため、人気がある投資方法。一棟マンションと比べても、固定資産税が割安であったりと、維持費用も安いのが特徴。

木造は法定耐用年数が短いが、新築であれば長期間の融資を組むことが可能。中古であっても銀行次第では長期間の融資を組める可能性はある。地方の中古アパートは高利回り物件が出ることが多く、人気となっている。

⇒【中間省略登記の詳細をわかりやすく解説

一棟マンション 

一棟マンションには、低層エレベーター無しの10戸程度のものから、高層でエレベーターがある大規模なものまで、さまざま種類がある。建物の構造も鉄筋コンクリート(RC)、鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)、鉄骨造(S)と種類が多い。

金額的には数千万円から数億円とあり、銀行から融資を受けられる属性の高いサラリーマンが対象となる投資方法。積算評価が出やすく、法定耐用年数も長くて長期間の融資が組みやすいことから、多くの投資家から人気の投資手法。

⇒【サラリーマン不動産投資家の夜逃げ体験談

シェアハウス、駐車場(コインパーキング)、貸倉庫 

その他の投資方法としては、シェアハウス、駐車場(コインパーキング)、貸倉庫などがある。

シェアハウスはキッチンやトイレ・風呂などが共有で、戸建やアパートなどの部屋ごとに貸し出す。利回りは高くなりやすいが、管理が面倒であったり、管理会社に任せると手数料は高額になる。また銀行からの融資も受けにくい。

駐車場(コインパーキング)は小さな土地から対応が可能であるが、立地が重要となる。土地と機材があればはじめることがで、少額から投資が可能。土地は借地ではじめることもできるが、銀行からの融資は使いづらい。

貸倉庫は、トランクルームやレンタルルームなど、収納スペースを貸し出すことによって賃料を得る投資方法。最近では貸倉庫の数も増えてきて、コンテナなどを借りてはじめるサラリーマンも多い。

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは

不動産投資の種類をわかりやすく解説まとめ 

不動産投資にはさまざまなものがあるが、それぞれの特徴を把握して、自分はどの手法ですすめていくのかを事前に決めておくことが重要だ。

投資手法が決まらない中で不動産業者を訪問しても、相手にされないか、詐欺的な手法を行う悪徳な不動産業者につかまってしまう可能性が高くなるので、注意が必要である。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは
⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?
⇒【スルガ銀行不正融資問題で訴訟もスルガ銀行は徹底抗戦の姿勢
⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説
⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説
⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説
⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?
⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説
⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説
⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説
⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?
⇒【外国人入居者のメリット・デメリットを解説

関連記事

  1. 【不動産物件を見る目】どのように養うことができるのか?不動産投資初心者のサラリーマンがやりがちな失敗…

  2. 【木造とRC】サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?メリット・デメリットは?減価償却…

  3. 不動産業者売主物件で仲介手数料がかからないのは本当にお得なのか?利益の仕組みをわかりやすく解説。不動…

  4. 【新築一棟マンション・アパート】土地から購入する不動産投資はサラリーマンにおすすめか?中古物件より利…

  5. 【RCと木造】不動産投資の維持費・管理費が安いのはどちらか?木造アパートの優位性とは?建物構造別の特…

  6. サラリーマン不動産投資家の典型的な失敗談。業者の話を信じてはいけない。

  7. 【3点ユニット物件】は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件と比較した場合の競争力や将来性は?築…

  8. 【不動産投資の収益試算】の際に注目すべき指標とは?自己資金に対する利回り(内部収益率(IRR))、税…

  9. 【不動産利回りの戦略】地方10%越えの高利回り物件と東京都内9%の物件、サラリーマンはどちらを購入す…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ