注目の記事 PICK UP!

サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説。セミリタイア・経済的独立を目指すのであれば、銀行から長期間融資が組めるRC物件が最適。

不動産投資にはいろいろなやり方があるが、サラリーマンからよくある質問として、結局どのような不動産物件を購入すれば良いかというものがある。

不動産投資で成功する方法は1つではなく、不動産投資に求めるものによって最適なやり方は変わってくる。だが、もしサラリーマンを引退できるまで不動産からの収入を得たいのでれば、一棟物件を購入していくべきだろう。

ここではサラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由をみていきたいと思う。

⇒【サラリーマンが不動産投資で好条件の融資を受ける方法やテクニック

一棟物件の中でもサラリーマンにおすすめなのがRCや重量鉄骨の一棟マンション。 

一棟物件であればなんでも良いというわけではない。一棟物件の中でもおすすめなのが、中古のRCや重量鉄骨造の一棟マンションである。特にRCは法定耐用年数が47年と長く、木造物件の22年と比べると倍以上あることから、銀行から長期間の融資を組むことが可能となる。

銀行融資の返済期間が長ければ、家賃収入に対する返済比率が低くなるので、多額の融資を組んだとしても、多くのキャッシュフローを得ることできる可能性が高くなる。サラリーマンをリタイアするのであれば、まずはキャッシュフローを多く得ることができる不動産物件を取得していくことが必要だ。

⇒【積算価格・出口戦略(売却)から考える不動産投資物件の選び方

サラリーマンがセミリタイアを目指すのであれば、ワンルーム区分所有マンションよりも一棟RC物件。 

自己資金が限られたサラリーマンがフルローンやオーバーローンで不動産投資の規模を拡大していくのであれば、利回りも高く積算評価が出やすい一棟RC物件が最適な投資方法となる。ワンルームの区分所有マンションも最初の数戸はサラリーマンの属性を使ってフルローンやオーバーローンを使える可能性はあるが、ワンルームは担保評価が低いため、その後の融資が出にくくなり、規模を拡大していくことは難しいだろう。

最初は小規模に手軽にはじめたいという理由から、区分所有マンション投資からはじめるサラリーマンは多いが、最初のやり方を間違えてしまうと、銀行融資がストップして、その後拡大していくことが困難になってしまうので、注意が必要だ。

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説まとめ 

一棟RC物件にもデメリットはもちろんあるが、不動産投資は再現性が高い投資手法であるため、リスクをしっかり想定しておけば、問題のほとんどは解決することが可能である。

サラリーマンが不動産規模の拡大を目指すのであれば、是非一棟RC物件を中心に考えていくと良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【マンション区分所有を不動産業者が電話営業する理由とは?
⇒【スルガ銀行シェアハウスかぼちゃの馬車向け不正融資とは?
⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説
⇒【サラリーマンが不動産物件を探すためのおすすめの方法とは?
⇒【中間省略登記の詳細をわかりやすく解説
⇒【サラリーマン引退後のスルガ銀行金利交渉成功体験記
⇒【サラリーマン不動産投資家の夜逃げ体験談
⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説
⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは
⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由とは

関連記事

  1. 【非公開優良物件】をサラリーマン投資家が安く買う方法とは?レインズや競売に掲載される前に不動産物件を…

  2. サラリーマンが住宅費・家賃を節約(安く)したければ不動産投資を勉強しよう

  3. サラリーマンはマイホーム(自宅)と投資用不動産どちらを購入した方が良いのか?住宅ローン減税、売却益非…

  4. 不動産業者から良い物件を紹介してもらうコツ!嫌われるサラリーマン不動産投資家の特徴とは?良好な関係を…

  5. 【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法】をわかりやすく解説。株式・FX・仮想通貨など他…

  6. 境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後に確定測量図を作成することは可能か?隣…

  7. 人口減少が進み空室率が高い地方都市で不動産投資を行う理由を解説。地主が相続税対策で建築した不動産物件…

  8. 不動産投資で指値が通りやすくなるための方法やポイントを解説。不動産仲介業者を味方につけて、積極的に交…

  9. 札幌の収益不動産投資の現状・実態。広告料が高く入居者募集が厳しい?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ