注目の記事 PICK UP!

【家賃滞納】リスクは家賃滞納保証会社を利用することでリスクヘッジが可能。不動産管理会社を使わずに自主管理をする不動産投資家も増えてきた。外国人入居者も受け入れやすくなる。

不動産賃貸経営では、入居者トラブルによって悩まされている人は多い。入居者トラブルの中でも特に多いのが家賃の滞納で、日本は入居者保護の観点から、家賃滞納が発生しても、簡単に部屋から追い出すことはできない。

家賃滞納は家賃滞納保証会社を利用することでリスクヘッジすることができる。ここでは家賃滞納保証会社についてみていきたいと思う。

⇒【メガバンクと地方銀行、サラリーマンが融資を受けるならどちらが有利か?

家賃滞納保証会社を入居者募集の条件に。保証料は入居者負担。外国人専門の会社も。 

家賃滞納は、家賃滞納保証会社の利用を条件として入居者募集を行うことでリスクヘッジすることができる。保証料は会社によってさまざまだが、入居者が支払うものであり、不動産投資家への金銭的なデメリットはない。

現在では多くの家賃滞納保証会社が存在し、気軽に利用することが可能となっている。家賃滞納保証会社の中には、審査が厳しい会社、緩い会社、高齢者に強い会社、学生に強い会社などさまざまな特徴のものがある。

また最近では外国人入居者も増えていることから、外国人専門の家賃滞納保証会社もあり、不動産投資家によっては外国人入居者を受け入れやすい環境が整いつつあるといえる。少子高齢化で人口減少していく中では、外国人は貴重な入居者候補となるため、家賃保証会社を利用して積極的に受け入れていくと良いだろう。

⇒【不動産投資の融資期間は35年と30年どちらが良いか?

不動産管理会社に提携している家賃滞納保証会社の数を確認しよう。多いほうが審査に通る可能性が高くなる。 

不動産管理会社を使っている場合には、不動産管理会社と提携している家賃滞納保証会社を利用することが多いだろう。不動産投資家としては保証内容が同じであれば、どこの会社を使うかはさほど気にする必要はないが、不動産会社が何社くらいの家賃滞納保証会社と提携しているのかは確認しておくと良いだろう。

基本的には大手の会社を使うことになるが、もし審査に落ちた場合は、提携している会社の数が多ければ、他の会社で審査に通る可能性がある。このような情報は不動産管理会社から積極的に開示してくるわけではないので、不動産投資家から聞くと良いだろう

家賃滞納保証会社が倒産した場合には、家賃滞納が発生しても保証されなくなってしまうため、厳密にいえば保証会社の財務内容を確認しておいた方が良いが、倒産するケースは稀であり、会社の選定は不動産管理会社に任せて良いと考える。

⇒【地方10%超え高利回り物件と都内9%物件どちからお買い得か?

家賃滞納保証会社の利用で不動産管理会社を使わずに自主管理もしやすくなっている。特に一戸建てや小規模なアパート。 

家賃滞納保証会社が一般的に利用することができるようになったため、不動産投資家が遠隔地にいても不動産管理会社を使わずに自主管理することが容易になっている。不動産管理会社の役割はさまざまであるが、特に家賃回収と滞納時の対応が重要となってくる。

家賃滞納保証会社の利用によって家賃回収と滞納時の対応が不要となる。入居者からのトラブルは電話で受けて対応することが可能であるし、そんなに頻繁には起こるものではないので、自主管理を行うという投資家も増えてきている。

とはいえ戸数の多い一棟マンションなどであれば、不動産管理会社を使っておいた方が時間を節約することができる。一戸建てや戸数の少ないアパートであれば、自主管理を検討しても良いだろう。

⇒【フューチャークリエーションズ・サブリース契約解除の詐欺手口か?

【家賃滞納】リスクは家賃滞納保証会社を利用することでリスクヘッジが可能まとめ 

基本的には家賃の価格帯に関わらず家賃滞納保証会社の利用をおすすめするが、家賃の価格帯が安い低属性向けの不動産物件であれば、必ず家賃滞納保証会社は利用した方が良いだろう。

家賃滞納保証会社の利用すれば外国人入居者も受け入れやすくなるため、空室を減らすことが可能となる。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマン不動産投資家の典型的な失敗例
⇒【人口減少が続く地方都市で不動産投資を行う理由とは
⇒【「市街化区域」「市街化調整区域」の違いを解説
⇒【地方の不動産物件の積算評価額が高い理由を解説
⇒【テナント物件はサラリーマン不動産投資家におすすめか?
⇒【不動産投資の種類を解説。区分所有、戸建て、アパート・マンション。
⇒【投資用ワンルームマンションのデメリットとは?
⇒【一棟アパート・マンション投資のデメリットを解説
⇒【事故物件の対処方法をわかりやすく解説
⇒【サラリーマンに一棟物件がおすすめな理由
⇒【RCと木造、維持費・管理費が安いのはどちらか?
⇒【新築プレミアム家賃をわかりやすく解説
⇒【デッドクロスを解説。対応策は?
⇒【テレビモニター付きインターホンで空室対策
⇒【不動産管理会社は大手と地場どちからおすすめか?
⇒【営業マンに優先的に物件を紹介してもらうコツ
⇒【入居条件緩和でトラブルリスクが高くなる理由とは?

関連記事

  1. 不動産管理会社の手数料・収益構造を解説。リフォーム・原状回復費用で中抜きして儲けている?

  2. 客付け・入居者募集を行う会社の営業マンに優先的に紹介してもらうためのコツや方法を解説。広告料の重要性…

  3. インターネット無料設備の導入のメリットを解説。最強の空室対策。入居が付きやすい、家賃もあげられる、退…

  4. 「ジモティー」での入居者募集のコツや注意点を不動産投資家が解説!

  5. 入居条件の緩和で入居者トラブル発生リスクが高くなる理由とは?敷金0・礼金0やフリーレントの物件は初期…

  6. 都市ガスからプロパンガスへの切り替えはおすすめ?不動産投資家/オーナーにメリットあり?

  7. 【定期借家契約】の詳細をわかりやすく解説。「普通借家契約」との違いとは?入居者トラブルを避けるために…

  8. 賃貸契約の初期費用を下げる方法・コツ・項目を不動産投資家がわかりやすく解説

  9. 【空室対策】テレビモニター付きインターホン。セキュリティー面で人気の不動産賃貸物件の設備。導入コスト…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ