注目の記事 PICK UP!

スルガ銀行金利交渉のチャンス?定期預金はペイオフ上限の1,000万円にすべき。不動産向け不適切融資1兆円報道で経営危機、倒産の可能性も。

シェアハウス向け不適切融資問題で第三者委員会の調査が行われているスルガ銀行。

第三者委員会の調査報告は2018年8月中に公表される予定となっていたが、調査の概要が8月21日明かとなった。

その概要では不適切融資の驚くべき実態が判明することとなり、スルガ銀行から融資を受けているサラリーマン投資家は何らかのアクションを起こしたほうが良いだろう。

ここでは第三者委員会の調査概要についてみていきたいと思う。

⇒【スルガ銀行金利交渉の方法やテクニックを解説

スルガ銀行不動産向け不適切融資は1兆円規模。第三者委員会の調査報告。 

第三者委員会の調査では、書類の改ざんなどの不適切融資の残高が1兆円規模に上ることが明かになった。

1つの融資が1億円と仮定すると、10,000件に不適切融資が行われたということとなる、驚くべき結果となった。

スルガ銀行の不動産向け融資総額は2兆円と見られており、その半数が不適切融資という状況。

スルガ銀行は8月22日にニュースリリースを行い、スルガ銀行としては第三者委員会からの報告を受けておらず、把握している内容はないとしている。

しかしながら、今後第三者委員会の報告内容を踏まえて、貸倒引当金の積み増しを行う可能性は否定せず、業績に大きく影響を与える可能性はありそうだ。

⇒【スルガ銀行シェアハウスかぼちゃの馬車向け不正融資とは?

スルガ銀行倒産の可能性も?純資産は約3,500億円。 

スルガ銀行の不適切融資金額が1兆円ともなると、スルガ銀行も倒産の可能性が出てくる。

もともとスマートデイズのシェアハウス「かぼちゃの馬車」向けの融資は1,000億円規模であったため、万が一すべてが焦げ付いても倒産まではしないだろうと考えていたが、その10倍となってくると話は変わってくる。

スルガ銀行の2018年6月末時点での純資産は3,471億円。

もし不適切融資1兆円のうち、35%が不良債権となればスルガ銀行は債務超過に陥ることになるし、そこまでいかなくても20%が不良債権となっても経営に与える影響は大きそうだ。

スルガ銀行と取引のある人は、万が一倒産となっても良いように、準備を進めておいた方が良いかもしれない。

⇒【サラリーマンが不動産物件を探すためのおすすめの方法とは?

スルガ銀行にペイオフ上限の1,000万円以上預金がある場合は引き出しを。金利交渉もチャンス。 

スルガ銀行から融資を受けているサラリーマン投資家は、融資実行時に定期預金を契約し、またその後もつみたて定期預金という形で毎月預金残高を増やしている人がほとんどだろう。

もしスルガ銀行が倒産した場合、ペイオフで保護される預金の上限金額は1,000万円。

1,000万円以上の預金残高がある場合は、引き出しておいた方がよさそうだ。

またこの状況だと同じようにスルガ銀行との取引を辞める人は多いはずなので、もし高金利でスルガ銀行から借入をしているのであれば、金利交渉のチャンスとなる可能性がある。

スルガ銀行の経営状況的に、借り換えを考えざるを得ないという形で、交渉してみると良いだろう。

⇒【サラリーマン引退後のスルガ銀行金利交渉成功体験記

スルガ銀行金利交渉のチャンスまとめ 

スルガ銀行は公式な発表ではないとしており、情報源はわからないものの、不適切融資1兆円というのは現実的にあり得そうである。

スルガ銀行も貸倒引当金積み増しについては否定しておらず、今後業績に大きな影響を与える可能性は高いだろう。

スルガ銀行と取引のある投資家は、今すぐ現状を確認し、ペイオフ上限となる1,000万円以上の預金がある場合は、すぐに引き出しておいた方が良い。

また高金利で借入を行っている場合には、絶好の金利交渉のチャンスとなる可能性がある。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマンが知っておくべき銀行融資・借入の基本とは
⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由とは
⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは
⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?
⇒【スルガ銀行不正融資問題で訴訟もスルガ銀行は徹底抗戦の姿勢
⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説
⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説
⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説
⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?
⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説
⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説
⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

関連記事

  1. フェイスネットワークのビジネスモデルとは?資産家がターゲット?TATERU問題を受け、不正融資状況を…

  2. スルガ銀行の不適切融資は1兆円では済まない!?オーバーローン融資がスルガ銀行のメリット、二重契約など…

  3. 「プロパティエージェント」が住宅ローンフラット35を不正利用して不動産投資を推奨?

  4. 「レオパレス21」外壁施工不良の改修工事を行わない方向で検討?対象物件数や影響は?

  5. スルガ銀行アンケートおすすめの回答方法や注意点。投資用不動産向け融資における不正行為の全容解明調査。…

  6. シノケン、預金の改ざん・水増しなどの不正行為はないとニュースリリースで発表。TATERU問題を受け、…

  7. TATERU(タテル)西京銀行へ預金残高改ざん・水増しをした問題で、特別調査委員会を設置。アパートが…

  8. 2018年7月首都圏新築マンション販売戸数減少。契約率、価格や今後の見通しは?投資用不動産市況への影…

  9. TATERU(タテル)不適切行為再発防止策を発表。従業員が勝手に預金残高を改ざん・水増し?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ