注目の記事 PICK UP!

【スルガ銀行】不動産融資と一緒に高金利フリーローン・定期預金・生命保険の抱き合わせ融資・販売を実行。独占禁止法違反の可能性も。利益率、延滞率、毀損率の詳細は?

ほとんどの銀行が低金利で苦戦する中、独自のビジネスモデルを確立して驚異的な利益率を達成していたスルガ銀行。

しかしながら、その実態は書類の改ざんで融資を実行するという信じられない状況で、スルガ銀行の存続をも危ぶむ声が聞こえてくる。

スルガ銀行は不動産融資を実行する際、独占禁止法違反に該当する「優越的地位の濫用」ともとれる行為を行っていた。

ここではそのケースを紹介していきたいと思う。

⇒【サラリーマンが不動産投資で好条件の融資を受ける方法やテクニック

スルガ銀行「優越的地位の濫用」抱き合わせ販売・融資の実態とは? 

スルガ銀行は不動産融資を実行する際に、(不動産融資の4.5%も高いのだが)金利が8%を超える高金利のフリーローン、定期預金、生命保険の加入などが条件となっていたケースが存在する。

私個人としてもフリーローンはなかったが、定期預金と生命保険の加入は求められたことがある。

定期預金は1億円の融資につき200万円~300万円程度。ちなみにこの定期預金についてもオーバーローンで融資を受けていたため、定期預金金利はほぼ0で不動産融資の金利が4.5%とすると、年間9万円~13.5万円の支払いをスルガ銀行にしていることとなる。

30年間もやっていると300万円前後になるからおそろしい。

生命保険については、不動産融資では団体信用生命保険(団信)に加入するため、基本的には死亡保険はいらないのだが、担当者の顔を立てるために、興味のない個人年金に加入し、毎月1万円の積み立てを行っている。

⇒【銀行融資を活用したサラリーマンにおすすめの不動産投資方法とは?

スルガ銀行からフリーローンを借りている投資家の割合とは? 

スルガ銀行の2018年3月時点の決算資料をみると、フリーローンの割合の高さに驚かされる。

スルガ銀行の2018年3月末時点の貸出金残高は3兆2,459億円で、うち個人向けローンが2兆9,259億円と90%を占める。

個人向けローンのうち、不動産向けなどの有担保ローンは2兆6,545億円で90.7%、フリーローンなどの無担保ローンは2,714億円で9.3%となっている。

有担保ローンと無担保ローンの比率は約10対1であるが、おそらくフリーローンを条件とされていた人は不動産向け融資の1/10くらいの割合で契約していると思われる。

たとえば不動産向け融資が1億円であれば、フリーローンは1,000万円といった形。

そうなると、スルガ銀行から融資を受けている大半のオーナーがフリーローンを契約しているのかもしれない。

⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説

スルガ銀行の貸出金利、延滞率、毀損率とは? 

次にスルガ銀行の貸出金利や延滞率、毀損率についてみていきたいと思う。

こちらも2018年3月時点の数字だが、有担保ローンの平均貸出金利は3.55%、延滞率は0.10%、毀損率は0.27%。

有担保ローンには住宅ローンも含まれているが、先日日経新聞が不適切融資1兆円規模と報道した時には、住宅ローンを除く不動産向け融資は約2兆円という内容だった。

個人向けローンが2兆9,259億円なので、数字をまるめて住宅ローン1兆円で平均金利1%、不動産向け融資2兆円とすると、不動産向け融資の平均貸出金利は4.825%となる。

この数字はスルガ銀行の不動産向け金利4.5%より高くなっているので、現実的ではないが、相当な件数の融資は4.5%で行われ、維持されているということが想像できる。

一方で無担保ローンの平均貸出金利は9.94%、延滞率は0.13%、毀損率は0.46%となっている。

無担保ローンの金利は2014年3月には11.27%、2017年3月でも10.07%でそこからは下落しているものの、引き続き高金利となっており、フリーローンが不動産融資の条件となっていたオーナーは、相当な金利を支払っていて収益を圧迫していることだろう。

⇒【銀行融資二重契約オーバーローンについてわかりやすく解説

【スルガ銀行】不動産融資と一緒に高金利フリーローン・定期預金・生命保険の抱き合わせ融資・販売を実行まとめ 

スルガ銀行は独自のビジネスモデルで、高収益を達成してきたが、その実態は悪質なものばかりである。

現在は書類改ざんによる不適切融資に焦点が当たっているが、定期預金・フリーローン・生命保険などの抱き合わせ融資・販売が明かになった場合には、さらに大きな問題として取り上げられる可能性もある。

今後、金融庁から相当厳しい処分が下ることが予想されているため、引き続き注目していきたい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【スルガ銀行金利交渉のチャンス?不適切融資1兆円
⇒【2018年8月スルガ銀行金利交渉、そのポイントは?
⇒【スルガ銀行不適切融資は1兆円では済まない!?
⇒【「わひこ」の評判や特徴は?
⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由とは
⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略とは
⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方とは?書籍・セミナーをどのように活用すべきか?
⇒【地方高利回り不動産購入のポイントを解説
⇒【建物相当分の消費税還付の最新の方法をわかりやすく解説
⇒【不動産投資の減価償却費の詳細をわかりやすく解説
⇒【不動産投資で建物価格の割合を大きくした方が良い理由とは?
⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性をわかりやすく解説
⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリットを解説
⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説
⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

関連記事

  1. 「プロパティエージェント」が住宅ローンフラット35を不正利用して不動産投資を推奨?

  2. 【最新2018年8月】スルガ銀行金利交渉失敗、定期預金解約体験談。スルガ銀行が潰れる(倒産)場合にペ…

  3. 【スルガ銀行不正融資問題】高属性サラリーマンにシェアハウスかぼちゃの馬車向け融資。サブリース賃料支払…

  4. 「一法人一物件スキーム」崩壊で不動産価格が下落?銀行から一括返済や高額な金利を求められるケースも。

  5. アパマンショップ消毒料問題が不動産投資家/オーナー/大家に与える影響を解説

  6. 【かぼちゃの馬車】スルガ銀行の融資でスマートデイズがサブリース・家賃保証するスキームをわかりやすく解…

  7. SBJ銀行「Any住宅ローン」ネットで最短1日で審査可能に。GA technologiesとシステム…

  8. 【2018年10月】スルガ銀行金利交渉の状況・引き下げ成功例

  9. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ