注目の記事 PICK UP!

【要注意な不動産セミナーや物件紹介】年収制限がある場合の物件は買うべきではない?悪質な不動産業者に騙される可能性が高い。属性に頼って銀行融資を引き出す。

不動産投資セミナーには年収1,000万円以上限定といったように、年収制限を設定しているものがある。

なんとなく年収制限があると、特別感があるように感じてしまうかもしれないが、この手のセミナーに参加するのは非常に危険である。

ここでは年収制限がある不動産投資セミナーや物件紹介に注意すべき理由をみていきたいと思う。

⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説

不動産業者が年収制限を設定する本当の理由とは? 

不動産業者が年収制限を設定する理由はなんなのだろうか?

不動産投資では年収が高い方が融資を組みやすくなることは知っている人は多いと思うが、これをうまく利用しているのである。

わかりやすく言えば、普通であれば融資がつかないような微妙な不動産物件を、年収が高いという属性を利用して銀行から融資を引き出し、販売することを目的としているのである。

このように年収制限があるセミナーや物件紹介では、あまり魅力的でない不動産物件を紹介される可能性が極めて高く、失敗する可能性も高くなる。

不動産業者は営業のプロであるため、魅力的ではない物件を魅力なように見せたり、悪質な不動産業者の場合にはレントロールや空室率などを偽造している場合がある。

⇒【二重売買契約オーバーローンの詳細をわかりやすく解説

良い物件は営業しなくても売れる。売れない不動産だから営業する。 

不動産に限らず通常の商品販売や営業を考えればわかるのだが、不動産物件自体が魅力的であれば、強引に営業をしなくても買い手がつくものである。

しかしながら普通に販売していては買い手がつかなかったり融資がつかなかったりするような不動産物件を、属性が高い人たちを対象に販売するというのが、不動産業者の目的である。

将来の資産形成のために不動産投資に興味を持つサラリーマンは多く、そういった心理を利用して不動産業者はうまく営業や販売を行なっている。

婚活パーティーであれば年収制限があった方が良い可能性は高いが、不動産投資セミナーでは全く逆になるので、注意してほしい。

⇒【不動産物件を高く売却する方法。専任専属媒介契約と一般媒介契約どちらが有利か?

最初の1棟は不動産業者から購入するのもあり。利益率が高いため、指値が通る可能性も。 

年収制限を設定している不動産業者が紹介する物件の全てが悪いわけではないが、その中から良い物件を見つけるのはなかなか難しい。

とはいっても初心者がいきなり良い物件を見つけて、自分で融資をアレンジするのは難しいので、よくない物件が多いと理解したうえで探すというのも良いだろう。

その場合はある程度の知識や経験が必要になってくるので、しっかりと勉強してから購入するようにするべきである。

不動産業者が売主となる物件には、不動産業者の利益が相当のっている。

だから彼らは熱心に営業するわけであり、そういった事情があることは忘れないでほしい。

不動産業者の利益率は高いため、うまくやればそれなりの指値が通る可能性もあり、その場合は購入に値する物件になるかもしれない。

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべきか?3つの不動産投資戦略とは?

【要注意な不動産セミナーや物件紹介】年収制限がある場合の物件は買うべきではないまとめ 

年収制限が設定されているセミナーで紹介される不動産物件は、属性に頼って銀行から融資を引き出すため、本来買うべきではない物件が多い。

彼らは積極的に営業しなければ売れない物件を取り扱っており、利益率も相当高いことから、しつこく営業してくることになるだろう。

そのような不動産業者から最初の物件を購入するというのもありだが、彼らの目的や背景をしっかりと理解して、検討するようにしてほしい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【不動産物件価格が変動する要因をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?
⇒【ワンルームとファミリータイプ、都心でサラリーマンが購入するならどっち?
⇒【サラリーマンが都心で不動産を購入する際の立地の考え方とは?
⇒【サラリーマンが最初に購入するのは区分所有と一棟物件どちらがよいか?
⇒【区分所有の問題点、サラリーマンにおすすめしない理由とは
⇒【不動産投資マンション営業の実態とは?新築をしつこく販売する理由とは
⇒【一棟マンション・アパートを購入するのに必要な自己資金の目安とは?
⇒【木造とRC、サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?
⇒【賃貸付けがしやすいのは木造・鉄骨・RCのどれか?家賃下落の違いとは?
⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?
⇒【不動産物件を現地視察・訪問する際に注目すべきポイントをわかりやすく解説
⇒【3点ユニット物件は買わないほうが良いのか?バス・トレイ別物件との比較や将来性は?

関連記事

  1. 人口減少が進み空室率が高い地方都市で不動産投資を行う理由を解説。地主が相続税対策で建築した不動産物件…

  2. 【旧耐震基準】の不動産物件を購入してもよいのか?リスクやメリット・デメリットは?地震保険は不十分?耐…

  3. 【RCと木造】不動産投資の維持費・管理費が安いのはどちらか?木造アパートの優位性とは?建物構造別の特…

  4. 【不動産物件の立地】サラリーマン投資家が都心で物件を購入する場合のポイントとは?銀座や六本木などの一…

  5. サラリーマンが住宅費・家賃を節約(安く)したければ不動産投資を勉強しよう

  6. 不動産投資でカモられるサラリーマンの特徴。業者に騙されて失敗しないための方法とは?

  7. 高利回り不動産物件の注意点とは?利回りはリスクに比例。空室率が高い、家賃下落、建物が古い、売却がしに…

  8. 不動産で指値をするためには売主の売却理由を知ることが重要。売値は売主の希望価格、早く売らなければいけ…

  9. 【ブランドマンション】への投資はおすすめか?サラリーマン不動産投資家が利益を上げることは可能か?賃貸…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ