注目の記事 PICK UP!

平山相太、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の被害に。その他のJリーガーは羽生直剛、徳永悠平などFC東京に在籍していた選手。スルガ銀行チャンピオンシップで優勝の経験も。

スルガ銀行が融資を行っていたスマートデイズが運営するシェアハウス「かぼちゃの馬車」。

融資を受けていたのは高属性のサラリーマンが中心とみられていたが、先日の報道でJリーガーも融資を受けていたことが明かになった。

その時は選手名について明かになっていなかったが、どうやら被害を受けたのは元日本代表の平山相太選手であることがわかった。

その他にも羽生直剛選手、徳永悠平選手も被害を受けており、3人には共通点があった。

ここでは被害のあった3人についてみていきたいと思う。

⇒【スルガ銀行、Jリーガーにも融資実行

平山相太、FC東京時代の2015年に「かぼちゃの馬車」購入か。 

平山相太選手が「かぼちゃの馬車」を購入したのは、FC東京に所属していた2015年ころとみられている。

スマートデイズがサブリース契約で家賃収入を保証してくれていたため、購入当初は順調であったが、2017年10月に突然家賃保証の減額の通知があり、2018年1月には家賃保証がストップし、収入がなくなった。

平山選手は1億円近い融資をスルガ銀行から受けているとみられており、返済に窮している模様。

ちょうどスマートデイズからの家賃振り込みがストップした2018年1月は、平山選手が現役引退を決意した時期と同じ。

そこから大した収入もなく、貯金を切り崩しながら返済しているのだろうか?

平山選手のJリーグ時代の年俸は3,000万円程度。税金も高額であり、どの程度手元に残っているのかは不明である。

⇒【スルガ銀行岡野会長引責人で何が変わる?

羽生直剛・徳永悠平もFC東京時代に「かぼちゃの馬車」購入か?代理人の存在とは? 

平山選手の他にも被害にあったJリーガーは羽生直剛選手と徳永悠平選手。

これら3選手に共通するのは、みんなFC東京に所属していたということ。

Jリーガーへの「かぼちゃの馬車」販売については特定の代理人がいたとみられており、この代理人がFC東京在籍の選手を中心に販売していたことになる。

この代理人の氏名は明かになっていないが、スマートデイズか不動産販売会社から紹介料を受け取っていた可能性が高いとみられており、紹介料目当てでJリーガーにシェアハウスを紹介したのだろう。

将来が不安定なJリーガーにとって、スマートデイズの30年間家賃保証というスキームは魅力的に聞こえてしまったのかもしれない。

FC東京は2010年、スルガ銀行がスポンサーを務めるスルガ銀行チャンピオンシップで優勝している。

その選手たちに融資を実行したが、返済に困っているというのだから、なんとも気の毒な状況である。

⇒【スルガ銀行不適切融資は1兆円では済まない!?

平山相太、羽生直剛、徳永悠平の現在とは? 

平山選手は現在33歳、今年現役を引退し4月からは指導者を目指して仙台大学に通っている。

羽生選手は現在38歳、2018年1月に現役を引退し、現在はFC東京強化部スカウト担当を務めている。

徳永選手は現在34歳、V・ファーレン長崎で現役。

3人とも過去と比較すると収入は相当下がっているものと思われる。

なんとかシェアハウスを満室運営して、少しでも手出すが少ない状況になることを祈りたい。

⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは

平山相太、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の被害まとめ 

平山選手の名前は聞いたことがあるという人も多いことだろう。

そのような有名選手が「かぼちゃの馬車」に被害にあっていたというのは驚きである。

Jリーガーで被害にあったのは10名程度いるとみられていて、他の選手の名前は明らかになっていないが、厳しい状況にあることは間違いないだろう。

FC東京在籍の選手に売り込みをかけていた代理人の存在が誰なのか、気になるところである。

<こんな記事も読まれています>

⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?
⇒【TATERUと本田圭佑の関係は?
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【TATERU、顧客に見せ金を無利息融資
⇒【上場企業のTATERUが不正融資に関与
⇒【TATERUから不動産を購入した投資家は失敗か?
⇒【三為業者が物件を売り急ぐ理由
⇒【スルガ銀行、抱き合わせ融資で独占禁止法違反?
⇒【スルガ銀行融資担当は個人的に利益を享受していた?
⇒【不動産管理会社の業務内容や手数料相場について解説
⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?株式投資・FX・仮想通貨との比較は?

関連記事

  1. スルガ銀行元本一部カット・金利見直し交渉のポイントを不動産投資家が解説!

  2. 基準地価上昇が投資用不動産市場に与える影響を解説。2018年7月1日時点、国土交通省発表。

  3. スルガ銀行からの借り換えは可能?借入金利を下げてキャッシュフローを増やす方法!

  4. レオパレスの建築基準法違反/施工不良問題を「ガイアの夜明け」が報道。経営陣は隠ぺい?

  5. 【杉本宏之】深田恭子(深キョン)新恋人の三股・破産の過去を週刊文春が報道。不動産会社シーラホールディ…

  6. 主要都市地価上昇。今後の不動産市況・投資の見通しとは?国土交通省2018年第二四半期「地価LOOKレ…

  7. 老朽マンション建て替え促進へ東京都が新制度。不動産会社購入で容積率上乗せへ。築40年以上の旧耐震基準…

  8. アパマンショップ消毒料問題が不動産投資家/オーナー/大家に与える影響を解説

  9. 【金融ADR】をわかりやすく解説。スルガ銀行は行政処分で融資元本の減額に応じるか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ