注目の記事 PICK UP!

不動産投資で指値が通りやすくなるための方法やポイントを解説。不動産仲介業者を味方につけて、積極的に交渉してもらうためにはどうすればよいか?

不動産投資で成功するためには、いかに安く物件を購入するかが、最初の重要のポイントとなってくる。

不動産を安く買うためには、安い物件を探す必要があるが、最初から安い物件は人気も高く、そのような物件を見つけるのは容易ではない。

そのため、不動産を購入する際に指値を行って価格を下げることが必要となってくるが、あまりに厳しい指値を行ってしまうと、仲介業者や売主に相手にしてもらえないことも多いだろう。

ここでは指値が通りやすくなるための方法やポイントについて紹介していきたいと思う。

⇒【収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由は?不動産業者が購入しないのはなぜか?

不動産仲介業者を味方につけて、指値交渉をしてもらうための方法とは? 

不動産を購入するためには、買付証明書を仲介業者経由で出す必要があるが、指値をするにあたっても、売主の前に仲介業者に交渉をしてもらわなければならない。

仲介業者のインセンティブは売買が成立した際の仲介手数料であるため、あまりにもかけ離れた価格で指値を行うと、仲介手数料も下がってしまい、仲介業者が動いてくれないことが多い。

では仲介業者に積極的に動いてもらうためにはどうすればよいのか?

それは指値が通った場合でも、最初の価格と同じくらいの仲介手数料を支払うことである。

指値が通った場合に買主だけにメリットがあり、仲介業者にデメリットがあるような状況だと、なかなか協力してもらうのは難しい。

⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめか?

仲介手数料を多く払うための方法とは? 

たとえば、1,000万円で売りにだされていた不動産の売買が成立すると、仲介手数料は売買価格の「3%+6万円に消費税」となるため、388,800円となる。

この不動産に500万円の指値をすると、仲介手数料は226,800円となり、162,000円も差ができてしまうことになる。

そこで仲介業者には、500万円の指値が通った場合には、1,000万円分の仲介手数料を支払うことを伝えておけば、仲介業者は指値が通っても収入は変わらないため、積極的に交渉してくれることが多いだろう。

⇒【新築一棟マンション・アパートが中古物件より利回りが高くなる理由は?

仲介手数料を多く支払うためには、名目を変えて支払うことが必要となる。 

実際に指値が通って売買が成立した場合、仲介手数料の上限「3%+6万円に消費税」というのは宅建業法で定められているため、他の名目での支払いが必要になる。

その場合はコンサルティングフィーのような名目で支払ったり、商品券などで渡すというのが良いだろう。

もしこれらの費用を経費として計上したいのであれば、しっかりと領収書をもらうことも必要となってくる。

もし500万円の指値に対して、700万円のように少し戻されて売買が成立した場合には、仲介手数料はどのようにするのかも事前に明確にしておいた方が、仲介業者ともめることもなくなるだろう。

このような場合でも500万円の時よりも多めに支払った方が良い。

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?メリット・デメリットは?

不動産投資で指値が通りやすくなるための方法やポイントを解説まとめ 

不動産を購入する場合、売買契約を締結するまでは売主と顔をあわせることはなく、対面となるのは不動産仲介業者である。

そのため仲介業者がいかに積極的に動いてくれるかが、大きな金額の指値を通すためには重要となってくる。

指値が通れば物件を安く購入することができるため、多少仲介手数料を多く支払ったとしても、メリットは十分にあるため、この方法を積極的に取り入れていくことが、指値を通すためには重要となる。

またしっかりと仲介手数料を支払う客であることが仲介業者に認識してもらうことができれば、次回以降も優良な物件を紹介してくれる可能性も高くなるのである。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ローン完済まで物件保有と途中での売却どちらが良いか?
⇒【地方高利回り物件を銀行ローン完済まで保有することは良いか?
⇒【繰り上げ返済はすべきか?余計に金利を支払うことは無駄になるのか?
⇒【銀行から継続的に不動産融資を受けるための方法とは?メガ大家が短期間で拡大した方法は?
⇒【不動産投資の自己資金を貯める方法。安全に賃貸経営を行うのに必要な自己資金額とは?
⇒【銀行がサラリーマン投資家に融資する際、審査・評価するポイントとは?
⇒【サラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安とは?
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【TATERU、顧客に見せ金を無利息融資

関連記事

  1. 投資用ワンルームマンションのデメリットとは?一棟マンション・アパートとの比較。サラリーマンに人気の投…

  2. 【木造とRC】サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?メリット・デメリットは?減価償却…

  3. サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説。セミリタイア・経済的独立を目指すのであれ…

  4. サラリーマンが不動産投資を始めるなら中古と新築どちらがおすすめ?

  5. 【新築プレミアム家賃】の詳細をわかりやすく解説。築浅物件を購入する際の家賃設定・利回りには要注意。退…

  6. 不動産業者売主物件で仲介手数料がかからないのは本当にお得なのか?利益の仕組みをわかりやすく解説。不動…

  7. 【シェアハウス・ゲストハウス】サラリーマンが不動産投資するのはおすすめか?表面利回りは高いが、管理が…

  8. 「プロパンガス」会社変更・切り替えのメリット・デメリット・注意点を解説。「都市ガス」との違いは?

  9. 【ブランドマンション】への投資はおすすめか?サラリーマン不動産投資家が利益を上げることは可能か?賃貸…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ