注目の記事 PICK UP!

サラリーマンが不動産投資を始めるのに必要な資金・現金はどのくらい?

サラリーマンが不動産投資を始めるために必要な資金は、購入する物件によって違ってくるが、最低でも300万円、一棟マンションやアパートなら1,000万円といったところだろう。

ここ最近までは銀行も不動産向け融資に積極的であったり、不動産業者が書類を改ざんしたりしていたので、フルローンやオーバーローンの融資を受けたサラリーマンも多く、中には50万円も持っていないのに1億円以上の融資を受けたケースもあるというから驚きだ。

少ない資金で不動産投資を始めてしまうと、破綻してしまうリスクが高くなってしまうので、自分の資金量にあったやり方をしていくのが重要である。

ここではサラリーマンが不動産投資を始めるのに必要な資金についてみていきたいと思う。

⇒【不動産投資の知識で住居費・家賃を節約

300万円でワンルームや戸建てが買える 

まず少ない方から見ていくと、300万円を貯めて戸建てやワンルームマンションを買っていくパターン。

300万円あれば現金買いをすることもできるし、融資を組んで1,000万円近い物件を購入することができるだろう。

ワンルームマンションは利回りも低く、管理費や修繕積立金でキャッシュフローが出ないため、よほど相場より安く買えない限りはおすすめしてない。

サラリーマンが小資金から不動産投資を始めるのであれば、築古の戸建て投資がおすすめである。

できれば融資を使わずに現金で購入し、セルフリフォームをしてコストを抑えるパターン。この手法を身に付ければ、利回り20%以上も狙うことができるし、一度セルフリフォームのやり方を覚えていけば、その後も同じやり方で物件を増やしていくことは難しくないだろう。

現金で購入していれば、その物件を担保にして銀行から融資を引くことができるので、ある程度の規模になったら一棟アパートやマンションにチャレンジすることも可能である。

⇒【銀行から継続的に不動産融資を受ける方法

一棟マンション・アパートは1,000万円以上必要 

いきなり築古戸建てのセルフリフォームがおすすめという話もして、驚いた人もいるかもしれないが、サラリーマン不動産投資の王道とされてきた一棟マンションやアパートももちろんおすすめである。

ただ一棟マンションやアパートは購入金額が1億円前後となることも多く、基本的には頭金として20%くらいは持っていることが理想的となってくる。

頭金を持っておいた上で、フルローンやオーバーローンを組むという選択肢も取ることができる。

1,000万円以上の現金があれば、何かあったときに対応することができるので、自己資金がない中でフルローン・オーバーローンを組む人とは、リスクが大きく異なってくる。

最近では自己資金がほぼないようなサラリーマンがオーバーローンで1億円以上の借入をするケースが増えてきたが、将来的には返済に窮する人が続出する可能性が高く、絶対にやらないほうが良いだろう。

⇒【銀行が融資する際に審査するポイント

貯金や勉強の段階から不動産投資はスタート 

現実的には1,000万円以上の現金を保有しているサラリーマンというのは多くはないため、
まずは最初におすすめした築古戸建てやワンルームマンションからはじめて行くのが良いだろう。

もしこのやり方をしたくなければ、長い時間をかけてしっかりと貯金してから始めていく必要がある。

不動産投資というと物件を購入することばかりに目が行ってしまいがちであるが、頭金を貯めたり、不動産投資の勉強をするところからスタートしている。

物件購入のことだけを考えている人が多いから、不動産業者任せになって、割高な物件を買わされてしまう人が多いのである。

不動産投資は時間と根気が必要になってくるが、楽してはじめようとすると大きな失敗をする可能性があるので、自分の資金量に見合ったリスクの投資方法をするようにしてほしい。

⇒【過剰な税金対策で銀行融資が出ない理由

まとめ 

サラリーマンが不動産投資を始めるなら、ワンルームマンションや戸建てなら300万円から、一棟マンションやアパートなら1,000万円以上の現金が必要となってくる。

最近では自己資金が少ないのにも関わらず、オーバーローンで1億円以上の借金をしているサラリーマン投資家も多いが、今後返済が厳しくなってくるのは目に見えているので、しっかりと自己資金を貯めて健全に経営していくことを心掛けてほしい。

貯金と勉強はすぐに始めることができるので、将来を見据えて行動すると良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入する
⇒【銀行借入と現金購入はどちらが有利?
⇒【高利回り優良物件を売却する理由
⇒【非公開優良物件を安く買う方法/a>】
⇒【
ブランドマンションへの投資はおすすめか
⇒【シェアハウス投資はおすすめか
⇒【新築物件が中古より高利回りの理由
⇒【不動産投資の規模の経済性
⇒【現地視察・訪問する際に注目すべきポイント
⇒【3点ユニット物件は買っても良いか?

関連記事

  1. 東京と地方どちらの不動産物件を購入すべきか?値上がり益のキャピタルゲインを狙うか、高利回りのインカム…

  2. 【木造とRC】サラリーマン不動産投資家はどちらの物件を購入すべきか?メリット・デメリットは?減価償却…

  3. 【シェアハウス・ゲストハウス】サラリーマンが不動産投資するのはおすすめか?表面利回りは高いが、管理が…

  4. 収益性の高い優良不動産物件を売主が売却する理由とは?不動産業者が購入せずに紹介・仲介するのはなぜか?…

  5. 【旧耐震基準】の不動産物件を購入してもよいのか?リスクやメリット・デメリットは?地震保険は不十分?耐…

  6. 不動産投資の種類をわかりやすく解説。区分所有マンション、戸建て、アパート、マンション、それぞれの特徴…

  7. 【不動産利回りの戦略】地方10%越えの高利回り物件と東京都内9%の物件、サラリーマンはどちらを購入す…

  8. 境界確定をしていない不動産物件は買わないほうが良いのか?購入後に確定測量図を作成することは可能か?隣…

  9. 【ブランドマンション】への投資はおすすめか?サラリーマン不動産投資家が利益を上げることは可能か?賃貸…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ