注目の記事 PICK UP!

サラリーマンが住宅費・家賃を節約(安く)したければ不動産投資を勉強しよう

「住宅費」は「子供の教育費」、「老後の生活費」とあわせて人生の三大費用と呼ばれており、その中でも大きな割合を占めるのが「住宅費」である。

「住宅費」を安く抑えるかはすべての人に共通する問題であり、誰もが真剣に考えて取り組むべきである。

実はこの「住居費」は不動産投資を勉強することで大きく削減できる可能性がある。

ここでは「住居費」「家賃」を節約する方法についてみていきたいと思う。

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性を解説

サラリーマンはマイホームを割高に購入 

不動産投資家や不動産業者が不動産を一番高く販売できる可能性が高いのは、誰だかわかるだろうか?

それはマイホームを購入するサラリーマンである。

不動産投資家や不動産業者に対して販売しようとすると、他の物件との比較をしたり、投資利回りなど購入するための明確な基準があるため、一般的には買値は相当厳しいものになってしまう。

しかしながら不動産は取引価格が不透明で、素人とプロの間の情報格差が大きいことから、マイホームを探している人は割高に購入してしまうことが多い。

多くのサラリーマンは住宅ローンの上限金額や現在支払っている家賃と比較して、マイホームを購入した場合にどうなるかというところに焦点を当てていて、その不動産が本当に割安かという点にはあまり目がいかないのが現実である。

この点を知るだけでも、不動産の勉強をしてみようと思うのではないだろうか?

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方

不動産投資の知識で家賃を安くする 

不動産投資の勉強は賃貸の人にとっても、家賃を節約する方法を知ることができる。

不動産投資家の立場を知ることができれば、家賃交渉、更新料や仲介手数料の減額、フリーレントなど有利な条件を引き出せる可能性がある。

たとえば、空室期間が長くなっている部屋であれば家賃を下げたり、フリーレントが付けられる可能性は高いし、退去されると入居者を募集するのに費用がかかったり、リフォームも必要になるので、家賃を減額したり更新料を失くしても、入居してもらった方がオーナーにメリットが大きいことがわかる。

また仲介業者が入居者を決めると、オーナーは仲介業者に広告料というのを支払うのが一般的であるが、この仕組みや金額を知ることができれば、入居者が仲介業者に支払う仲介手数料を0にすることができるかもしれない。

家賃は月々の固定費の中でも大きな割合を占めるため、これらのことを知って行動するだけで費用を大きく削減することが可能となる。

⇒【不動産投資で税金を還付する方法

マイホーム購入は不動産投資家の視点で 

将来的にマイホームを購入するのであれば、不動産投資家としての視点で物件を探してみると良いだろう。

良い物件を見つけることができれば、数年間入居していたとしても購入価格と同額で売却することができたり、うまくいけば購入価格よりも高く売却できる可能性がある。

この時の売却のする対象となるのは、不動産投資を無知なサラリーマンである。

もし購入価格と同額での売却となったとしても、住んでいいた期間の家賃はただになるので、節約の効果は数百万単位となるだろう。

うまく高値で売却することができれば、住宅の場合は3,000万円までは非課税となるため、資産を大きく増やすことができる。

⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべき?

まとめ 

「住宅費」は人生における最大の費用であるにもかかわらず、まったく勉強せずにマイホームを購入するサラリーマンは多い。

「住宅費」を節約することができれば、人生はかなり楽になるはずだ。

是非不動産投資の勉強をして、「住宅費」を節約して豊かな人生を送っていくと良いだろう。

その上で興味があれば、不動産投資も検討してみてほしい。

サラリーマンにとって不動産投資は相性の良い副業・投資である。

<こんな記事も読まれています>

⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性を解説
⇒【不動産物件価格が変動する要因を解説
⇒【不動産投資の立地の考え方
⇒【サラリーマンの不動産投資はどこまでが経費?
⇒【サラリーマン不動産投資家が受けられる控除
⇒【不動産投資はリスクが高く危険?
⇒【不動産投資で騙される人の特徴
⇒【不正融資に巻き込まれないための注意点
⇒【不動産にID発行、過去の取引価格が参照可能に
⇒【投資用区分マンション価格が上昇した理由

関連記事

  1. 【区分所有と一棟物件】サラリーマンが最初に購入するのはどちらが良いか?リタイアに必要な不動産の規模と…

  2. サラリーマンが不動産業者に騙されないために知っておくべきこととは?銀行融資が出ても安心とは限らない?…

  3. 高利回り不動産物件の注意点とは?利回りはリスクに比例。空室率が高い、家賃下落、建物が古い、売却がしに…

  4. 【土地値の築古木造物件】しばらく保有して収益を取った後、建物取り壊して建売不動産業者に販売するという…

  5. 【新築一棟マンション・アパート】土地から購入する不動産投資はサラリーマンにおすすめか?中古物件より利…

  6. 【ワンルームとファミリータイプ】都心でサラリーマンが投資用不動産物件を買うならどっちがおすすめか?メ…

  7. 不動産業者売主物件で仲介手数料がかからないのは本当にお得なのか?利益の仕組みをわかりやすく解説。不動…

  8. 不動産投資の種類をわかりやすく解説。区分所有マンション、戸建て、アパート、マンション、それぞれの特徴…

  9. 不動産投資で指値が通りやすくなるための方法やポイントを解説。不動産仲介業者を味方につけて、積極的に交…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ