注目の記事 PICK UP!

サラリーマンが妻(奥さん)を社長にして不動産投資をする方法・節税メリット。

サラリーマンが個人で不動産投資を行うと、給与所得と合算した累進課税となってしまうため、税率が高くなってしまう。

だがもし奥さんが専業主婦なのであれば、会社を設立して社長になってもらい、不動産投資を行うことで大きく節税を行える可能性があるので、検討してみると良いだろう。

ここでは奥さんを社長にして不動産投資をする方法やメリットについてみていきたいと思う。

⇒【サラリーマンが不動産で成功する方法

専業主婦の奥さんがいれば社長にして会社を設立 

サラリーマンで給与所得が高かったり、不動産所得が増えてくると、累進課税の高い税率が適用されてしまし、現金がなかなか手元に残らなくなってしまう。

そこで法人を設立して節税することを考えると思うが、会社の就業規則が気になってなかなか踏み出せないといことが多いだろう。

だがもし奥さんが専業主婦なのであれば、社長になってもらって会社を設立すると良いだろう。

旦那さんは会社を保有する形(株式会社であれば株)にすれば、形式上は株式投資を行っているのと変わらないため、就業規則上、問題となるケースは少ないだろう。

また会社の利益を社長である奥さんに支払うことができれば、奥さんの所得税率は低く抑えることができるので、税務上のメリットはかなり大きくなる。

⇒【会社設立・法人化を検討するタイミング

奥さんが社長の会社でも銀行融資は可能 

奥さんが社長だと不動産を購入していくのが難しいと思うかもしれないが、その場合は旦那さんが保証を入れる形で銀行から融資を受けることが可能となる。

対応する窓口は奥さんとなるため最低限の知識は付けておく必要はあるが、不動産の勉強をするよい機会にもなることだろう。

また法人を設立した場合には新規で物件を取得しなくても、旦那さんが個人で保有している物件のサブリース契約を結ぶことで、家賃収入の一部を法人に残すこともできる。

その法人から奥さんに一部給料も支払うようにすれば、旦那さんが支払っていた所得税率からは大幅に節税することができるため、是非とも検討してみてい欲しい。

⇒【サラリーマンの不動産投資はどこまでが経費?

個人から法人に所有権を移すと不動産取得税が発生 

奥さんを社長にして会社を設立した場合、旦那さんが個人で保有している不動産を法人に移すことはお勧めできない。

所有権を個人から法人に移す場合でも再度不動産取得税がかかってくるため、法人設立で節税のメリットがあるとは言っても、一時的な税金の負担が重すぎてやらないほうが良いだろう。

詳細は計算してみてほしいが、旦那さんが個人で保有したままサブリースで家賃を一部残すパターンが一番メリットが大きくなるはずだ。

⇒【不動産投資の知識で住居費・家賃を節約

まとめ 

サラリーマンが不動産投資を拡大していくと、現金を増やすためには税金との戦いになってくることが多い。

もし奥さんが専業主婦なのであれば、社長にして会社設立を検討してみると良いだろう。

一時的に設立費用などは発生するが、トータルで見たらメリットがあるケースが多い。

<こんな記事も読まれています>

⇒【不動産投資を始めるのに必要な資金は?
⇒【新築マンション投資は失敗?
⇒【基準地価上昇が不動産投資に与える影響
⇒【サラリーマン不動産投資家の税金詳細
⇒【サラリーマン投資家の失敗談
⇒【住宅ローン金利上昇、不動産投資への影響は?
⇒【三為業者が物件を売り急ぐ理由
⇒【太陽光発電で不動産の利回りアップ
⇒【年収制限がある不動産投資セミナーは要注意
⇒【銀行融資と税金の関連性とは?

関連記事

  1. 銀行融資と税金(納税)の関連性とは?不動産投資での過度な節税は追加でのローンや借り換えが難しくなる。…

  2. 【固定資産税】をわかりやすく解説。計算・支払い方法や不動産を売却した場合の清算は?

  3. サラリーマン大家は税理士を利用した方が良い?不動産投資家がメリット・デメリットを解説

  4. 「3000万円特別控除」「買い替え特例」自宅(マイホーム)売却時にはどちらがお得かを不動産投資家が解…

  5. サラリーマン不動産投資家(大家)の「損益通算」をわかりやすく解説。

  6. 自宅(マイホーム)売却で損失が発生したら税金の還付を受けられるのか?不動産投資家が解説。

  7. 個人も収益不動産の売却で消費税が発生する?課税事業者は法人だけじゃない?

  8. サラリーマンが不動産投資で会社設立・法人化を検討するタイミング。節税メリットが大きい。

  9. サラリーマンが不動産投資の確定申告で青色申告を行う基準を解説。所得控除のメリット、事業的規模とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ