注目の記事 PICK UP!

日本政策金融公庫は初心者のサラリーマン不動産投資家におすすめ?

サラリーマンが不動産投資を行う場合には銀行融資を使うのが一般的ですが、どこの銀行を使えばよいかわからない人も多いと思いでしょう。

そんな時は政府系である日本政策金融公庫(通称「公庫」)はおすすめである。

ここで日本政策金融公庫についてみていきたいと思う。

⇒【中古と新築どちらがおすすめ?
⇒【奥さんを社長にして節税する方法

日本政策金融公庫の融資条件 

日本政策金融公庫は民間の銀行よりも融資が出やすいため、初心者のサラリーマンにとっては使い勝手の良い銀行である。

融資期間が10年~20年であるため、利回りが高い物件でないとキャッシュフローを出すことは難しいが、金利は1%台とメリットは大きい。

耐用年数に対しても寛容であるため、築古の高利回り物件に相性の良い金融機関と言えるだろう。

融資金額の目安は個人であれば4,800万円、法人であれば7,200万円のため、大型のRC物件で使うことは難しい。

また女性や35歳未満・55歳以上の男性に対しても金利の優遇措置を行っているので、対象となるのか確認してみることをおすすめする。

⇒【サラリーマンが好条件の融資を受ける方法
⇒【利回り・賃貸需要と物件の選び方

日本政策金融公庫は支店や担当者によって条件は異なる 

日本政策金融公庫の融資条件はおおまかな目安があるものの、実際には支店や担当者によって大きく異なることが多い。

支店が違うだけで融資が出たりでなかったりすることもあるし、同じ支店内でも一度断られた物件に対して違う担当者にお願いしたら、OKが出たというケースも聞いたことがある。

優秀な担当者に付いてもらえば融資をしてもらえる可能性は高くなるので、できるのであれば実績のある知り合いの投資家から紹介してもらった方が、スムーズにいく可能性が高いだろう。

知り合いがいなくても不動産業者に紹介してもらうこともできるが、もし紹介してもらえるルートが無い場合には、店舗に行って相談してみると良いだろう。

⇒【サラリーマンが不動産で成功する方法
⇒【「損益通算」をわかりやすく解説

日本政策金融公庫のおすすめの使い方 

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、融資期間が最大20年と短いために高利回りの不動産物件を選ぶことが重要となる。

ただ耐用年数についてはあまり気にしなくてよいので、築古で高利回りの木造物件が狙い目となるだろう。

もしすでに物件を複数保有しているのであれば、立地の良い物件に対して融資を受けることも検討できる。

他の物件から十分なキャッシュフローがある前提にはなるが、融資期間が短い分、元本の減りが早くなるので、戦略的に使っていくことも有効である。

⇒【不動産投資で利益を上げる仕組み
⇒【不動産物件の探し方

まとめ 

初心者のサラリーマン投資家にとって日本政策金融公庫は良い選択肢の一つとなる。

融資期間は最大20年と短めであるため利回りが高い物件を選ぶ必要があるが、耐用年数が関係ないのと金利が低いのが魅力的。

複数物件をもっていて十分なキャッシュフローがある場合には、立地が良くて資産性が高い物件に対して日本政策金融公庫を使うのも良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマンの不動産投資はどこまでが経費?
⇒【サラリーマン不動産投資家が受けられる控除
⇒【不動産投資の知識で住居費・家賃を節約
⇒【サブリースの騙される理由、罠や落とし穴
⇒【不動産投資を始めるのに必要な資金は?
⇒【新築マンション投資は失敗?
⇒【基準地価上昇が不動産投資に与える影響
⇒【サラリーマン不動産投資家の税金詳細
⇒【サラリーマン向け銀行融資・借入の基本
⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略

関連記事

  1. サラリーマンが不動産投資で銀行借入する際の注意点。不動産業者が預金残高改ざん・不正をして犯罪に巻き込…

  2. SBJ銀行「Any住宅ローン」ネットで最短1日で審査可能に。GA technologiesとシステム…

  3. 【メガバンクと地方銀行】サラリーマンが不動産投資で融資を受けるならどちらが有利か?メガバンクの方が融…

  4. 【一棟マンション・アパート】サラリーマンが購入に必要な自己資金の目安とは?フルローンやオーバーローン…

  5. 「新生インベストメント&ファイナンス」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以…

  6. りそな銀行「1法人1物件スキーム」で不動産投資家に一括返済・金利6%以上を要求?

  7. 不動産投資で銀行への返済ができなくなったらどうなるのか?対応方法や返済順位は?サービサーや金融機関は…

  8. 【SBJ銀行】海外不動産(ハワイ州ホノルル)の不動産購入ローン/融資取り扱い開始

  9. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えで金利引き下げの可能性、1%台も。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ