注目の記事 PICK UP!

【専属専任媒介契約】をわかりやすく解説。メリット・デメリットとは?

「専属専任媒介契約」とは、不動産売却を希望する売主が、仲介業者と締結する契約の1種で、独占的な契約となる。

そのため売主は他の仲介業者を使って不動産の販売を行うことができず、一般的には仲介業者にメリットがある契約と言われている。

ここでは「専属専任媒介契約」のメリット・デメリットについてみていきたいと思う。

⇒【サラリーマン投資家のメリット・デメリット
⇒【「イールドギャップ」をわかりやすく解説

「専属専任媒介契約」のデメリット 

「専属専任媒介契約」では、仲介業者が自社の顧客の中から買主を探そうとするので、売却価格が安くなり、売主にとってはデメリットになることが多いと言われている。

なぜなら、仲介業者は売主と買主両方から仲介手数料を取ろうとする(これを両手取引という)ので、多少価格を安くしてでも得られる仲介手数料は多くなるからである。

自社の顧客から買主を探すと、購入希望者の絶対数も少なくなってしまい、その分価格が安くあり、どうしても売主に対して価格交渉をせざるを得ない状況になりやすい。

「専属専任媒介契約」は独占的な契約であるため、他の仲介業者との競争が起こらず、このように売主にとってデメリットが生じてしまう可能性が高い。

⇒【低年収サラリーマンの不動産投資
⇒【サラリーマンで破綻する人の特徴

「専属専任媒介契約」のメリット 

一方で「専属専任媒介契約」のメリットは、複数の仲介業者とやり取りをする必要がないため、手間という面では楽と言えるだろう。

資産家で多少の価格は気にしないというような人であれば、「専属専任媒介契約」を選ぶ人もいる。

また、何らかの理由で不動産を売却に出していることがばれたくない場合にも「専属専任媒介契約」を使うメリットがある。

宅建業者が閲覧することができるデータベース「レインズ」に掲載されないため、他の仲介業者に販売していることはわからない。

たとえば業績が悪化していて資金繰り上不動産を売却しなければいけない場合などは、情報が漏れると会社が倒産するというような情報が流れて、本業に影響が出る場合がある。

その際には「専属専任媒介契約」を選ぶということもある。

⇒【不動産でサラリーマン卒業は可能?
⇒【中古と新築どちらがおすすめ?

「専属専任媒介契約」と「一般媒介契約」の違い 

「専属専任媒介契約」は仲介業者との独占的な契約であるが、反対に「一般媒介契約」では、売主は複数の仲介業者と契約をして、販売を試みることができる。

「一般媒介契約」だと仲介業者間の競争原理が働くため、売却価格は高くなり、早期に買主を見つけることができる可能性が高い。

もし不動産を販売したいのであれば、基本的には「一般媒介契約」をすべきだろう。

反対に不相談を購入したいのであれば、「専属専任媒介契約」であることがわかれば、多少厳しめの指値でも仲介業者が頑張ってくれる可能性が高いだろう。

⇒【「一般媒介契約」のメリット・デメリット
⇒【「一般定期借地権」を解説。投資におすすめ?

まとめ 

「専属専任媒介契約」についてまとめると、売主が不動産を売却する際に仲介業者と締結する独占的な契約形態。

仲介業者は競争原理が働かず、自社の顧客から買主を見つけようとするので価格が安くなりやすく、売主にとってはデメリットとなることが多い。

特別な事情がない限りは、不動産を販売する時には「一般媒介契約」がおすすめ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【新築マンション投資は失敗?
⇒【基準地価上昇が不動産投資に与える影響
⇒【サラリーマン不動産投資家の税金詳細
⇒【サラリーマン投資家の失敗談
⇒【サラリーマンが不動産で成功する方法
⇒【「損益通算」をわかりやすく解説
⇒【レントロールの見方や注意点
⇒【「カーテンスキーム」を解説
⇒【不動産でサラリーマン卒業は可能?
⇒【「一般媒介契約」のメリット・デメリット

関連記事

  1. 土地が無くても不動産投資は可能か?地主が失敗する理由とは?平均的な年収・属性のサラリーマンが一棟マン…

  2. 【地震保険】には加入した方が良いか?地震保険の制度趣旨や保険金支払いの被害認定方法とは?不動産賃貸経…

  3. 【不動産管理会社】の業務内容や手数料相場についてわかりやすく解説。サラリーマン投資家は自主管理でも対…

  4. 【事業用定期借地権】をわかりやすく解説。その他の借地権との違いや特徴・特約とは?

  5. 不動産投資情報を無料ブログで収集するのは有効か?不動産投資家、不動産販売会社、不動産コンサルタント、…

  6. サラリーマン不動産投資家で破綻する人の特徴。自己資金無しオーバーローンは危険。

  7. サラリーマンはマイナンバー制度で会社に不動産投資・副業がばれる?可能性・リスクは?

  8. サラリーマンの不動産投資は副業に該当するのか?就業規則上副業が禁止の場合は?株式投資、FX、仮想通貨…

  9. 「カーテンスキーム」の詳細をわかりやすく解説。スルガ銀行不正融資・三為業者の手口。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ