注目の記事 PICK UP!

【収益不動産(物件)】をわかりやすく解説。サラリーマン投資家におすすめ?

「収益不動産(物件)」とは、自分で住むマイホームではなく、他人に貸して賃料収入を得るための不動産のことを言う。

最近では多くのサラリーマンが不動産投資に興味を持ち、「収益不動産」を購入している。

ここでは「収益不動産」とサラリーマンにおすすめか、についてみていきたいと思う。

⇒【サラリーマンが好条件の融資を受ける方法
⇒【利回り・賃貸需要と物件の選び方

「収益不動産」ではワンルームマンションが一番多い 

「収益不動産」には、ワンルームマンション、ファミリーマンション、戸建て、一棟アパート、一棟マンション、駐車場などさまざまな形態がある。

この中でもワンルームマンションが供給量も多く、金額も手ごろであることから、最も投資している人が多い。

ただワンルームマンションは利回りが低く、毎月管理費や修繕積立金も発生することから、キャッシュフローはほとんど出ず、手持ちの現金を増やすことは難しい。

むしろ持ち出しになるケースの方が良いだろう。

よほど相場より安く、不動産業者が買うような価格で購入することができれば投資対象としておいしいが、そうでなければ避けておいた方が良いだろう。

ワンルームマンションは販売する不動産業者も多く、強引な営業に負けて買ってしまう人も多いので注意したい。

⇒【区分マンションをおすすめしない理由
⇒【区分マンションを電話営業する理由

小額・低リスクで始めるなら「戸建て投資」がおすすめ 

サラリーマンが不動産投資を行うのであれば、戸建て、一棟アパート、一棟マンションを狙っていくのがおすすめである。

不動産投資をはじめるためには一定の自己資金が必要になってくる。

もし小額ではじめたいのなら戸建て投資がおすすめだ。
戸建ては地方であれば300万円程度で購入することができ、銀行融資を使わないで投資することができるので、比較的取り組みやすいと言えるだろう。

戸建ては一棟マンションやアパートと違って供給が少ないので、賃貸需要が強く、入居期間も長期になるというメリットがある。

300万円ではサラリーマンでも貯められない金額ではないと思うので、不動産投資を小額から低リスクではじめたいのであれば、戸建て投資を検討してみると良いだろう。

⇒【不動産投資で利益を上げる仕組み
⇒【不動産物件の探し方

一棟マンション・アパートで一気に資産を増やす 

1,000万円程度の自己資金があり、一気に資産を増やしたいのであれば、一棟マンションやアパートを検討すると良いだろう。

サラリーマンは安定した給与所得があることから、銀行から融資を受けやすいというメリットがある。

昨今の不動産市場では自己資金がほとんどないにもかかわらず、銀行から1億円単位のフルローンやオーバーローンを組んで失敗している例が増えているので、自己資金はしっかりと貯めてから取り組みすることをおすすめする。

一棟マンションやアパートは金額が大きくなるものの、うまく運営していけば一気に資産を増やすことができるため、サラリーマン投資家の中では王道の投資法となっている。

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方
⇒【サラリーマン向け銀行融資・借入の基本

まとめ 

「収益不動産」についてまとめると、自己居住用ではない、他人に貸して賃料収入を得るためのものである。

さまざまな形態があるが、小額から低リスクではじめたいのであれば戸建て、ある程度の自己資金があって資産を増やしたいのであれば一棟マンション・アパートがおすすめである。

いずれの投資法でも自己資金を貯めてから行うことが重要なので、もし貯金があまりない場合には、貯めながら勉強をしていくと良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【不動産投資はサラリーマンに適してしるのか?
⇒【不動産投資でサラリーマンを引退する方法
⇒【不動産物件を高く売却する方法
⇒【不動産投資セミナーで注意すべき3つのポイント
⇒【不動産投資で税金を還付する方法
⇒【サラリーマンの不動産投資は副業に該当?
⇒【東京と地方どちらに不動産物件を購入すべき?
⇒【サラリーマンに適した不動産投資スタイル
⇒【不動産物件価格が変動する要因を解説
⇒【ワンルームとファミリー、購入するなら?

関連記事

  1. 【イールドギャップ】を初心者にわかりやすく解説。不動産投資の目安や理想、注意点は?

  2. サラリーマン不動産投資家(大家)はリスクが高い?メリット・デメリットを解説。

  3. 「一法人一物件スキーム」崩壊で不動産価格が下落?銀行から一括返済や高額な金利を求められるケースも。

  4. 人口減少と少子高齢化が不動産投資市場に与える影響とは?人口減少に対する国の対応や、移民の流入の可能性…

  5. 収益不動産の出口戦略の重要性をわかりやすく解説。購入時・保有時のポイントとは?

  6. 【中間省略】の詳細をわかりやすく解説。不動産業者が売買仲介ではなく売主になる理由とは?メリット・デメ…

  7. 【事業用定期借地権】をわかりやすく解説。その他の借地権との違いや特徴・特約とは?

  8. 【不動産物件価格が変動する要因】をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?人口減少する日本が不動…

  9. 自宅(マイホーム)売却で損失が発生したら税金の還付を受けられるのか?不動産投資家が解説。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ