注目の記事 PICK UP!

収益不動産のコンサルティングに要注意!詐欺でだまされたという悪質なケースを解説。

サラリーマンが収益不動産を探していると、セミナーや懇親会などでコンサルティングをやっているという人に出会うことがある。

収益不動産の物件や金融機関紹介のサービスを提供するという形で、サラリーマン投資家にアプローチしてくる可能性があるが、詐欺的な案件も多いので注意が必要である。

ここでは収益不動産のコンサルティングについてみていきたいと思う。

⇒【「収益不動産」はサラリーマンにおすすめ?
⇒【「収益不動産」向けおすすめの金融機関・銀行

収益不動産のコンサルティングの詳細とは 

収益不動産のコンサルティングにはさまざまなものがあるが、最初から定額の料金を支払うもの、物件を購入できたら成功報酬として支払うもの、あるいはその両方を組み合わせたものが一般的である。

最近は悪徳な不動産業者にだまされて、割高な物件を購入させられるサラリーマン投資家が増えていることから、第三者の専門家の意見を聞きたいという思いや、優良な物件を崩壊して欲しと考えて、コンサルティング契約を結ぶ人も少なくない。

ただコンサルティング契約を結んだ人が、実は全然不動産投資の経験が無かったり、不動産投資で失敗してどうしようも無くなってコンサルティングをやっていたりするケースもあるので注意が必要だ。

⇒【サラリーマンで破綻する人の特徴
⇒【サラリーマンにフルローンはおすすめ?

収益不動産のコンサルティングの手口 

収益不動産のコンサルティングで紹介を受ける物件が、実は悪質な不動産業者が販売する物件と何ら変わらないということは多い。

華麗な不動産投資の実績を見せることによって、初心者を信用させるというケースが多いので、注意してほしい。

実はその不動産投資の実績が全くのでたらめであったり、実は不動産投資で失敗しているのにコンサルティングをやっているという人もいたりする。

彼らは収益不動産に興味がある人からコンサルティング料をもらいながら、物件を販売した際には不動産業者からも手数料を貰うというビジネスであり、リスクは低いながらも高収益なビジネスとなっている。

⇒【公庫は初心者におすすめ?
⇒【低年収サラリーマンの不動産投資

収益不動産のコンサルティングはその場で即決しない 

もし収益不動産のコンサルティングの話を提案されても、その場では即決せずに持ち帰って検討した方が良いだろう。

知り合いの投資家に聞いたり、インターネットで調べたりすればある程度の情報を得ることはできるはずだ。

彼らは他にもコンサルティング希望者が殺到していて即決しなければ受けられるかわからない、今決めれば特別料金で引き受けるなどと魅力的な言葉を並べてくると思うが、基本的には相手にしないほうが良いだろう。

やっていることは悪質な不動産業者が強引に物件を販売するのと同じようなものであり、営業トークに流されないことが重要だ。

⇒【サラリーマン投資家の失敗談
⇒【サラリーマンが不動産で成功する方法

まとめ 

収益不動産のコンサルティングについてまとめると、最近はサラリーマンで不動産投資に興味を持つ人が増えてことから、コンサルタントを名乗る人も増えてきている。

そのような人たちはあたかも成功者のように見せてくるが、実績が本物なのかは疑った方が良いだろう。

彼らはサラリーマン投資家からお金をもらった上で、物件を販売した際には不動産業者からも手数料を貰うという、収益率の高いビジネスとなっている。

優良な物件が紹介されることはほぼないので、基本T系には相手にしないか、迷ったら即決せずに一旦持ち帰ってから検討するようにしよう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サブリースの騙される理由、罠や落とし穴
⇒【不動産投資を始めるのに必要な資金は?
⇒【新築マンション投資は失敗?
⇒【不動産投資で騙される人の特徴
⇒【会社設立・法人化を検討するタイミング
⇒【不正融資に巻き込まれないための注意点
⇒【不動産投資はリスクが高く危険?
⇒【指値が通りやすくなるための方法
⇒【売主の事情を把握して有利に価格交渉
⇒【不動産にID発行、過去の取引価格が参照可能に

関連記事

  1. サラリーマンはマイナンバー制度で会社に不動産投資・副業がばれる?可能性・リスクは?

  2. 不動産投資はサラリーマンに適しているのか?おすすめの理由や詳細を解説。物件取得後の具体的な作業とは?…

  3. 【事業用定期借地権】をわかりやすく解説。その他の借地権との違いや特徴・特約とは?

  4. 収益不動産が売れない・売却できない場合の対処方法をわかりやすく解説。

  5. 【デッドクロス】の詳細や対応策を初心者にわかりやすく解説。減価償却費と銀行ローン元金返済のバランスが…

  6. 「一法人一物件スキーム」崩壊で不動産価格が下落?銀行から一括返済や高額な金利を求められるケースも。

  7. 【仲介手数料】をわかりやすく解説。不動産売買にかかる費用、値引き・減額交渉は可能?

  8. 【普通借地権】【定期借地権】をわかりやすく解説。違いやメリット・デメリットは?

  9. 【一般定期借地権】をわかりやすく解説。不動産投資にはおすすめ?銀行融資は可能?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ