注目の記事 PICK UP!

【サービサー(債権回収会社)】をわかりやすく解説。不動産物件を安く買えるチャンス?

「サービサー(債権回収会社)」とは、銀行返済が滞った債務者から債権を行う会社のことを言う。

「サービサー」は銀行から委託または債権の譲渡を受けた上で活動を行うが、法務大臣の許可を受ける必要がある。

ここでは「サービサー」についてみていきたいと思う。

⇒【2019年の収益不動産市況を予想
⇒【個人も不動産売却で消費税が発生する?

「サービサー」の業務とは 

不動産業界においては、銀行融資を受けて物件を購入した債務者が、賃貸経営が順調に進まずに銀行返済が滞った際に、サービサーが銀行に代わって債権の回収を行います。

銀行は融資の際には不動産を担保として取っており、売却をすることもできますが、ローンの残債が担保価格・販売価格より多い場合もあり、不動産を売却しても全額を回収できないことがあります。

任意売却や競売によって担保の不動産を売却することになりますが、売却のプロセスは複雑でかなりの時間を擁してしまいます。

また任意売却では債務者からの同意を取り付ける必要があり、返済が滞っているからと言って強制的に売却を進められるわけではありません。

⇒【「収益不動産」向けおすすめの金融機関・銀行
⇒【収益不動産のコンサルティングに要注意!

「サービサー」が銀行から債権譲渡を受けるケース 

銀行は決算の都合上などを理由に不良債権の金額を少なく抑えるために、債権を「サービサー」に売却することがあります。

その場合「サービサー」は債権額より割安に購入することができるので、担保不動産を売却することによって債権を回収することができる場合が多いです。

例えば、1億円の債権を8,000万円で買い取り、担保の不動産を8,500万円で売却することができれば、「サービサー」は500万円の利益を得ることができます。

サービサーは債権回収の代行だけでなく、このように債権の譲渡を受けて回収活動を行うことも多いです。

⇒【「オーナーチェンジ」のメリット・デメリット
⇒【「収益不動産」はサラリーマンにおすすめ?

「サービサー」案件は割安な不動産が多い 

「サービサー」が販売する不動産を任意売却で購入することができれば、市場価格より割安である場合が多いです。

なかなか初心者が「サービサー」案件を見つけるのは簡単ではありませんが、探してみる価値は十分あると思います。

不動産業者によっては「サービサー」と良好な関係を築き、不動産を割安に購入して転売することで利益を上げているところも多いです。

「サービサー」とつながりを持つことができれば、短期転売でも長期保有でも利益を上げることができる物件を手に入れる可能性が高くなります。

ただ「サービサー」はスピード感をもって物件を売却したい場合が多く、毎回ローン特約を付けて契約するというのは好みません。

なかなか個人投資家では難しいですが、いつでも融資を引ける状態を維持しておくことが、「サービサー」案件を購入するためには重要です。

⇒【高利回り優良物件を売却する理由
⇒【非公開優良物件を安く買う方法

まとめ 

「サービサー」についてまとめると、債権の返済が滞った債務者から、回収の業務を行う会社。

銀行から委託を受けて回収を行うこともあれば、債権譲渡(買取)をして担保不動産売却で回収する場合もある。

「サービサー」は債権を割安で買い取っていることから、不動産は市場価格より安値で売却することが可能。

もし「サービサー」案件を見つけることができれば、優良な物件を購入できる可能性が高くなる。

<こんな記事も読まれています>

⇒【区分所有の問題点、おすすめしない理由
⇒【不動産投資マンション営業の実態
⇒【一棟ものに必要な自己資金の目安
⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめ?
⇒【シェアハウス投資はおすすめ?
⇒【新築物件が中古より高利回りの理由
⇒【不動産投資の規模の経済性
⇒【REITを不動産投資の代わりに購入する
⇒【銀行借入と現金購入はどちらが有利?
⇒【多額の借金の不安や恐怖の乗り越え方

関連記事

  1. 【銀行融資二重契約オーバーローン】についてわかりやすく解説。メリット・デメリットは?サラリーマンが自…

  2. 【事業用定期借地権】をわかりやすく解説。その他の借地権との違いや特徴・特約とは?

  3. サラリーマン不動産投資家の典型的な3つの失敗例とは?物件選びが業者任せ、自己資金が少ないのにフルロー…

  4. 【仲介手数料】をわかりやすく解説。不動産売買にかかる費用、値引き・減額交渉は可能?

  5. 「カーテンスキーム」の詳細をわかりやすく解説。スルガ銀行不正融資・三為業者の手口。

  6. 【一棟マンション・アパート】サラリーマンが購入に必要な自己資金の目安とは?フルローンやオーバーローン…

  7. 不動産投資の自己資金を貯める方法。東京都内で安全に賃貸経営を行うのに必要な自己資金額とは?固定費を下…

  8. 【家賃・契約更新料交渉】の方法や可能性をわかりやすく解説。大家は退去されるより減額した方が良い?新築…

  9. サラリーマン不動産投資家で破綻する人の特徴。自己資金無しオーバーローンは危険。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ