注目の記事 PICK UP!

maneo(マネオ)不動産ソーシャルレンディングで滞納発生、詳細・理由とは?

お金を借りたい人と貸したい人をマッチングさせるサービスである、ソーシャルレンディング。

その大手であるmaneoが運営する不動産担保のファンドにおいて、利息支払いの延滞が発生したことが明かになった。

延滞の理由としては、そもそもmaneoの担保価値査定を過剰に見積もりすぎており、プロジェクト自体に無理があった可能性がある。

加えてここ最近の不動産市況の下落によって、物件を売却しても元金の支払いが不可能になった可能性が高そうだ。

それでは詳細を見ていきたいと思う。

⇒【「わひこ」廃業の理由、計画倒産の可能性
⇒【シノケンの不正を週刊新潮が報道

maneoのソーシャルレンディングの仕組み 

maneoのソーシャルレンディングの仕組みは、銀行借入と同じように毎月の金利の支払いと、最後に元金の返済が必要となる。

毎月の金利支払いの遅延であれば、金額としては大きくないため、理由によっては大した影響はないが、今回の金利支払い遅延の背景には、元金の返済も難しくなる可能性があるため、影響は大きくなるかもしれない。

⇒【REITを不動産投資の代わりに購入する

maneo、太陽光と不動産のソーシャルレンディングで滞納発生 

maneoは2018年11月1日に3件の金利支払いの遅延が起こっていることを発表した。

3件のうち、1件は太陽光発電、2件は不動産となっている。

不動産向けに融資やソーシャルレンディングを行う場合には、対象不動産の担保価値の査定を行っており、金利の支払いが滞った際には担保物件の売却を行うことで、元金の回収はできるはずである。

⇒【太陽光発電で不動産の利回りアップ

maneoの不動産向け融資の詳細 

maneoの不動産向けソーシャルレンディング発生した滞納では、5件のファンドの約20億円の融資を実行、その利息が延滞している。

その中でも金額が最大の案件では、maneoからmaneoの関連会社(以下、まとめてmaneoとする)に12億円の貸付を行い、同じ金額が不動産事業者に融資されている。

不動産業者はmaneoに対して毎月利息を支払うとともに、元本である12億円は13ヶ月後に一括返済を行う。

maneoの不動産向け貸出金利、担保評価 

月々の金利については不明だが、通常の不動産投資の金利より割高な水準である可能性が高い。

担保評価は16億円としており、不動産業者は金利の支払いや一括返済ができなくなると担保を差し出すことによって、返済の義務はなくなる。

そのためmaneoは担保物件を売却することによって融資元金の回収をすることが可能となるはずである。

⇒【住宅ローン金利上昇、不動産投資への影響は?

maneo、不動産の担保評価が過剰、価格下落で元本の回収が不可能? 

不動産事業者は2018年5月~9月までの間、maneoに対して金利支払いを続け、不動産物件の売却を試みていたが、そもそも担保評価が過剰であったこと、不動産市況が下落していることから、融資元本以下での金額でしか売却ができない状況となっている。

そしてmaneoに対して2018年10月分の金利支払いはできないことを通知した。

⇒【収益不動産の金利相場とは?

maneo関東財務局から業務改善命令 

maneoは2018年7月13日に関東財務局から業務改善命令を受け、8月14日に改善対応策を提出している。

maneoが行政処分を受けた理由は、太陽光発電などを目的として調達した資金が、それ以外の用途に使用されていた、または何に使われているかが把握できない状況であったから。

今回金利支払いの遅延が発生しているが、もともとmaneoの管理体制は不十分であり、怒るべくして起こったと言えるかもしれない。

maneo不動産ソーシャルレンディングで滞納発生まとめ 

ソーシャルレンディング大手のmaneoは不動産向けの案件において、金利支払いの遅延が発生していることを発表。

maneoの不動産に対する担保評価が過剰であった上に、不動産市況の下落によって元本の回収が難しい状況となっている。

引き続き対象物件の売却は継続しているが、不動産価格はさらに下落しており、元本が回収できずに大きな問題に発生する可能性は高そうだ。

<こんな記事も読まれています>

⇒【2019年の収益不動産市況を予想
⇒【個人も不動産売却で消費税が発生する?
⇒【「サービサー」の業務内容を解説
⇒【サラリーマンに必要な頭金はいくら?
⇒【一棟収益物件の選び方を解説
⇒【収益不動産の出口戦略の重要性
⇒【収益不動産価格暴落時に注意すべき事
⇒【「長期譲渡税」と「短期譲渡税」の違い
⇒【「太陽光発電」価格見直しの影響
⇒【「金融ADR」をわかりやすく解説

関連記事

  1. 「TATERU(タテル)」不祥事で伊藤淳史主演の映画がお蔵入りに

  2. 投資用区分マンション価格上昇へ。スルガ銀行スキームを利用していた三為業者から悪質な不動産物件を買わさ…

  3. 老朽マンション建て替え促進へ東京都が新制度。不動産会社購入で容積率上乗せへ。築40年以上の旧耐震基準…

  4. レオパレス物件からの退去・引越しでどこまで費用を負担?立ち退き料はもらえる?

  5. 「アパマンショップ」クリーニング代を不正請求?札幌でスプレー缶ガス抜き爆発事故で明かに。

  6. TATERU(タテル)不適切行為再発防止策を発表。従業員が勝手に預金残高を改ざん・水増し?

  7. プロフェスサービス宮澤伸幸社長、2億円の脱税容疑で刑事告発。投資用マンション販売。修正申告済みも手口…

  8. 2018年7月首都圏新築マンション販売戸数減少。契約率、価格や今後の見通しは?投資用不動産市況への影…

  9. 日経新聞記事「島田明夫」の不動産会社は峯島社長の水戸大家さん?「地銀波乱(4)」2019年1月17日…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ