注目の記事 PICK UP!

りそな銀行の不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

りそな銀行も三井住友銀行と同じく不動産投資向け融資に積極的なメガバンクである。

金利のイメージは1.5%前後、条件次第ではフルローンも可能ではあるが、自己資金は5,000万円以上必要とかなり条件は厳しくなってくる。

ここではりそな銀行の不動産向け融資についてみていきたいと思う。

⇒【金利1%台に借り換えできるサービス

りそな銀行の不動産向け融資対象エリア 

りそな銀行の融資対象エリアは基本的に日本全国であり、支店がないエリアについては個別に相談する必要がある。

都内在住のサラリーマン投資家が地方の不動産物件を購入する際には、積極的にりそな銀行を活用していたという人も多く、最終的には誰もが利用した金融機関の1つである。

りそな銀行の年収、自己資金の条件 

りそな銀行がサラリーマン向けに不動産融資を行う場合、年収は1,000万円以上が必要となってくる。

そして条件的に厳しいのが自己資金の部分で、純資産が5,000万円以上ないと融資の土台に乗ってこないため、りそな銀行を使うことができるサラリーマン投資家の数は相当限られてくると言えるだろう。

りそな銀行の融資対象不動産 

りそな銀行の対象不動産物件は、アパートやマンションなどの集合住宅が中心となってくる。

戸建てやテナントにも融資をするケースもあり、個別に判断していく形となる。

区分所有マンションについては担保評価が出ないこともあり、可能性はないと考えたほうが良いだろう。

⇒【アパートローン金利を下げる方法

りそな銀行の金利水準、融資金額 

りそな銀行が新規に不動産向けに融資をする場合、目安となる金利は1.5%前後となる。

最近でも1.5%を切る水準で融資をすることもあるようで、多くの投資家にとって魅力的な条件となっている。

また融資金額についてもフルローンまで対応可能となっている。

りそな銀行の不動産向け融資期間 

りそな銀行の不動産向け融資期間は原則として耐用年数以内で、木造は22年、重量鉄骨(S造)は34年、鉄筋コンクリート(RC)は47年から築年数を差し引いたものが最大融資年数となる。

重量鉄骨や鉄筋コンクリートの新築の場合には、最大で30~35年。

木造については耐用年数は22年ではあるものの、新築で住宅性能評価(劣化対策等級2級)を取得すれば、30年まで融資することが可能。

りそな銀行の不動産担保評価は収益還元 

りそな銀行の不動産担保評価は収益還元評価を利用する。エリアや築年数によってりそな銀行独自の還元利回りが設定されている。

担保評価額がそのまま融資金額というわけではなく、担保物件や属性によってカバーすることができ、フルローンが引ける可能性がある。

りそな銀行の保有物件に対する評価 

りそな銀行の保有物件に対する評価は、積算評価はあまり重視していない。

耐用年数オーバーの物件の賃料は基本的に見ない形となる。そのため保有物件は耐用年数が残っていることが望ましい。

⇒【銀行が融資する際に審査するポイント

まとめ 

りそな銀行は自己資金が5,000万以上無いと不動産向け融資は受けらなく、条件としてはかなり厳しいものの、金利が低いことやフルローンを出すこともあるため、是非とも利用したい金融機関の1つである。

条件は支店によっても異なるため、詳細については確認してみると良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【公庫の2018年11月以降の融資状況
⇒【SMBC2018年11月以降の融資状況
⇒【西武信金2018年10月以降の融資状況
⇒【サラリーマンの銀行融資限度額の目安
⇒【過剰な税金対策で銀行融資が出ない理由
⇒【住宅ローン不動産投資法の問題点
⇒【不動産投資の立地の考え方

関連記事

  1. 不動産投資で多額の借金をすることの不安や恐怖はどのように乗り越えるのか?悪いイメージの払拭方法は?銀…

  2. 税金対策で赤字決算の場合に銀行融資が出ない理由とは?サラリーマン不動産投資家の過剰な節税で規模拡大が…

  3. 「静岡銀行」不動産投資向け融資状況・金利。2018年12月以降。

  4. りそな銀行「1法人1物件スキーム」で不動産投資家に一括返済・金利6%以上を要求?

  5. 「千葉銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  6. 静岡銀行(しずぎん)の住所変更で不動産登記変更は必要? 融資契約に定められている?

  7. 【銀行ローン・融資】収益不動産向けおすすめの金融機関を解説。金利条件や借入期間は?

  8. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換え時に自己資金は必要?

  9. 【モゲチェック】新規で不動産投資/アパートローンを組むことは可能?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ