注目の記事 PICK UP!

ホーメストが破産・倒産申請。シェアハウス「かぼちゃの馬車」建築請負会社。

スマートデイズが販売・運営を行い、スルガ銀行が不正融資を行って問題となった女性向けシェハウス「かぼちゃの馬車」。その建築を行っていたホーメストが2018年11月27日に破産を申請した。

ここではホーメスト破産申請についてみていきたいと思う。

⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に

ホーメスト、倒産の理由は? 

ホーメストは「かぼちゃの馬車」の建築を請け負うことによって業績を大きく拡大していたが、2018年にその販売・運営を行うスマートデイズが倒産。

これによって建築中の「かぼちゃの馬車」物件においてもオーナーから支払いが行われない案件が増え、一気に資金繰りが悪化。資金不足が発生し、仕入れ先へのリスケ(支払期限の延長)申請を行っていたが、資金繰りの目途が立たず、倒産となった。

⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは

ホーメスト、スマートデイズにキックバック 

ホーメストは建築代金の支払いが行われないオーナーに対して、支払いを求めて訴訟を行っていた。

しかしながらオーナー側は、ホーメストが建築代金の一部をスマートデイズ及びその関係者にキックバックを行っていたとして、支払いを拒否。

むしろホーメスト側にも責任があるとの立場を取っている。

⇒【スルガ銀行シェアハウス向け不正融資まとめ

ホーメスト破産申請、負債総額は? 

ホーメストは2018年11月27日に東京地裁に破産を申請。2018年3月期決算時点での負債総額は9億1,175万円となっている。

ホーメストは2006年9月22日に資本金1億円で設立されたが、前身は元東証一部上場の殖産住宅株式会社の新築ブランド。

「ホーム、ホーマー、ホーメスト」のキャッチフレーズでテレビCMを行っていたこともあり、社名を耳にしたことがある人も多いだろう。

⇒【上場企業のTATERUが不正融資に関与

ホーメスト、シェアハウス建築で業績拡大 

ホーメストはスマートデイズが手掛ける女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の建築を請け負うことで業績を拡大し、2016年3月期の売上高は13億円を突破した。

その後もシェアハウスの建築を積極的に行っていたが、スマートデイズが破綻して「かぼちゃの馬車」が社会的な問題になると、建築中の物件に対するオーナーからの支払いが滞り、経営は一気に傾いた。

⇒【TATERUと本田圭佑の関係は?

まとめ 

シェアハウス「かぼちゃの馬車」の建築で業績を拡大したホーメストは、オーナーからの支払い停止によって資金繰りが悪化し、破産申請を行った。

スマートデイズの「かぼちゃの馬車」問題の影響は、スルガ銀行だけでなくいよいよ建築会社にまで波及。今後も関連企業に影響を与えるかもしれず、注目していたい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行シェアハウス向け不正融資とは?
⇒【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【「SMBC」2018年11月以降の融資状況
⇒【「りそな銀行」2018年11月以降の融資状況
⇒【「みずほ銀行」2018年11月以降の融資状況
⇒【「横浜銀行」2018年11月以降の融資状況
⇒【「千葉銀行」2018年11月以降の融資状況

関連記事

  1. 【スルガ銀行】不動産融資と一緒に高金利フリーローン・定期預金・生命保険の抱き合わせ融資・販売を実行。…

  2. maneo(マネオ)不動産ソーシャルレンディングで滞納発生、詳細・理由とは?

  3. 【Reve Associe】の不動産販売は詐欺?毎日新聞がサブリース・住宅ローン悪用と報道。

  4. 不動産投資向け融資の金利上昇の可能性は?大手銀行が2018年9月1日から住宅ローン金利を引き上げ。日…

  5. 平山相太、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の被害に。その他のJリーガーは羽生直剛、徳永悠平などFC東京…

  6. レオパレス物件からの退去・引越しでどこまで費用を負担?立ち退き料はもらえる?

  7. 収益不動産価格が暴落した時にサラリーマン投資家が注意すべき事を解説。

  8. 【太陽光発電】買い取り価格見直しが不動産投資家に与える影響を解説

  9. 水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散へ。峯島(みねしま)社長が語った理由とは?銀行融資引き締めで…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ