注目の記事 PICK UP!

「神奈川銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

「神奈川銀行」は不動産投資向けに融資を行っているものの、年収などの条件が厳しい上に、貸出金利も3.5%~と高い水準となっている。しかしながら、テナントなど融資が付きにくい物件に対しても融資を行っているため、高利回り物件を見つけることができれば、検討してみる価値はあるだろう。

ここでは「神奈川銀行」の融資状況についてみていきたいと思う。

⇒【「横浜銀行」2018年11月以降の融資状況
⇒【「千葉銀行」2018年11月以降の融資状況

「神奈川銀行」対応顧客・物件対応エリア 

「神奈川銀行」の対応顧客エリアは、原則神奈川県在住の人となる。しかしながら、神奈川県に実態のある法人を保有していれば、代表者が都内など近隣に住んでいても対象となる場合がある。

物件対応エリアは神奈川県。

⇒【「東日本銀行」融資状況・金利条件

「神奈川銀行」年収・金融資産 

「神奈川銀行」が不動産向けに融資を行う際の年収・金融資産の条件は厳しく、年収は1,500万円以上、金融資産は5,000万円以上が必要となってくるイメージ。

なかなかこの条件に該当するサラリーマンはいないため、限られた人だけが利用できる金融機関となっている。

⇒【「きらぼし銀行」融資状況・金利条件

「神奈川銀行」対象不動産 

「神奈川銀行」の対象不動産は、共同住宅・区分マンション・テナントビルと幅広く融資を行っているが、戸建ては難しいイメージとなっている。

融資の条件が厳しいため、基本的には高利回りの物件で、他の金融機関が敬遠するようなものを持ち込むのが良いだろう。

⇒【「第四銀行」融資状況・金利条件

「神奈川銀行」金利・融資期間・金額 

「神奈川銀行」の貸出金利は3.5%~と比較的高い水準となっている。融資期間は原則耐用年数以内となっているが、場合によっては延長するケースもあるため、実際に審査をしてみないとわからない。

融資金額は物件価格の70%が目安となるが、属性や金融資産、物件のスペックなどによって変わってくる。

⇒【「SMBC」2018年11月以降の融資状況

「神奈川銀行」物件評価・収益評価方法 

「神奈川銀行」の物件評価方法は、基本的に積算評価で、土地は相続税路線価、建物は再調達価格を採用する。

収益評価は現況の家賃に経費率(実額の場合も)をかけて、貸出金利・期間でキャッシュフローが出ることが条件となる。

⇒【「りそな銀行」2018年11月以降の融資状況

「神奈川銀行」保有物件の評価 

「神奈川銀行」の保有物件に対する評価は、積算と収益の両方で見ることとなる。合計の残債金額が2億円~3億円になってくると、見方が厳しくなって融資のハードルが上がってくるイメージ。

⇒【「みずほ銀行」2018年11月以降の融資状況

まとめ 

「神奈川銀行」は不動産投資向けに融資を行っているものの、入り口の条件は非常に厳しいものとなっている。

しかしながら一度融資を受けてしまえば、その後は柔軟に対応してくることが多く、良い条件を引き出せる可能性もあるだろう。

<こんな記事も読まれています>
⇒【「公庫」2018年11月以降の融資状況
⇒【西武信金2018年10月以降の融資状況
⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?
⇒【銀行が融資する際に審査するポイント
⇒【サラリーマンの銀行融資限度額の目安
⇒【過剰な税金対策で銀行融資が出ない理由
⇒【住宅ローン不動産投資法の問題点
⇒【メガバンクと地方銀行、融資を受けるなら?
⇒【不動産投資における借入額の戦略
⇒【融資期間は35年と30年どちらが良いか?

関連記事

  1. 【スルガ銀行金利交渉】サラリーマン不動産投資家の交渉方法、テクニック、実体験。キャッシュフロー増加へ…

  2. 【銀行融資二重契約オーバーローン】についてわかりやすく解説。メリット・デメリットは?サラリーマンが自…

  3. 「第四(だいし)銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

  4. 西武信用金庫、収益不動産への融資状況。2018年10月以降の変更点とは?

  5. 不正融資はスルガ銀行だけじゃない?メガバンクや他の地方銀行でも預金通帳の改ざん・水増し、二重売買契約…

  6. サラリーマン不動産投資家にフルローンはおすすめ?失敗のリスクが高く危険?

  7. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

  8. 静岡銀行(しずぎん)の住所変更で不動産登記変更は必要? 融資契約に定められている?

  9. 静岡銀行(しずぎん)金利引き下げ交渉はできる?やり方・方法・体験談・結果。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ