注目の記事 PICK UP!

「区分所有マンション」「戸建」不動産投資で利益を上げる王道の方法とは?実需向けへの販売?

「区分所有マンション」「戸建」の不動産投資で利益を上げるための王道の方法に、投資用で買って実需向けに販売するというものがある。投資家向けへの販売価格は市場より安く、居住用の実需向けは販売価格が高いので、その差を利用した方法となる。

ここではその詳細についてみていきたいと思う。

⇒【サラリーマンにおすすめの不動産投資方法
⇒【区分マンションをおすすめしない理由

「投資用」より「居住用」の方が需要が多い 

不動産の世界には主に「投資用」で購入する人と、「居住用」に購入する人が存在する。不動産投資を検討している人はもちろん「投資用」となるのだが、不動産での需要としては「居住用」の方が多く、価格も高くなりやすい。

「投資用」不動産では居住者がいる状態で販売に出す「オーナーチェンジ物件」というのがあるが、これに興味を示すのは「投資用」で探している人だけであり、「居住用」の人たちが購入することはない。

⇒【不動産投資で利益を上げる仕組み

「居住用」の方が高く売却できる 

「オーナーチェンジ物件」は、これから不動産投資をはじめる投資家にとっては最初から家賃収入を得ることができるため魅力的な物件となるが、実は販売する方からしたら対象が「投資用」に限定されてしまい、高値での売却ができないケースが多い。

もし住宅ローンの対象となるような「区分所有マンション」や「戸建」であれば、空室の状態で「居住用」で探している人たちに販売した方が、高値で売却できる可能性は高い。「居住用」であれば家賃収入に対する利回りという「投資用」の視点がなく、住宅ローンが組める範囲内で気に入ってもらえれば購入してくれることが多い。

⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略

「投資用」で買って「居住用」で売る 

この「投資用」と「居住用」の価格差をうまく利用して不動産投資をするのであれば、まず「投資用」として「オーナーチェンジ物件」を購入し、家賃収入を得ながら数年間保有。そして退去した際にしっかりとリフォームをして「居住用」に販売することができれば、不動産売却益を得られる可能性は高い。

「区分所有マンション」や「戸建」の不動産投資で将来的な売却を見据えるのであれば、この方法を検討してみると面白いだろう。

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方

「居住用」販売を見据えた「区分所有マンション」投資 

一般的に「区分所有マンション」投資では、相当安く購入できない限りは成功することは難しいが、このように「居住用」の販売を目指すのであれば最終的に利益を上がられる可能性は高くなる。

「オーナーチェンジ物件」で居住者がいる間はキャッシュフローはマイナスになるかもしれないが、数年後に退去になった時に「居住用」で販売することができれば、保有期間中のキャッシュフローのマイナス以上の利益を出せる可能性がある。

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリット

まとめ 

不動産を購入する人には「投資用」と「居住用」の2種類の人がいて、「投資用」の方が安く、「居住用」の方が高いのが一般的である。この価格差をうまく利用することができれば、不動産投資で利益を上げることが可能となる。

<こんな記事も読まれています>

⇒【区分所有の問題点、おすすめしない理由
⇒【土地値の築古木造物件を購入するのは有効か?
⇒【ブランドマンションへの投資はおすすめ?
⇒【シェアハウス投資はおすすめ?
⇒【土地が無くても不動産投資は可能?
⇒【高利回り不動産物件の注意点とは?
⇒【テナント物件はおすすめ?
⇒【不動産投資の種類を解説
⇒【投資用ワンルームマンションのデメリット
⇒【一棟アパート・マンション投資のデメリット

関連記事

  1. サラリーマンにおすすめの一棟収益不動産とは?選び方をわかりやすく解説。

  2. 【REIT(リート)】を不動産投資の代わりに購入するのはおすすめか?REITのメリットやデメリット、…

  3. 札幌の収益不動産投資の現状・実態。広告料が高く入居者募集が厳しい?

  4. 【地方高利回り不動産購入のポイント】をわかりやすく解説。サラリーマン投資家は収益評価(還元法)より積…

  5. 【不動産投資の規模の経済性】複数物件所有した方がリスク分散になるのか?安定的な不動産賃貸経営を行って…

  6. 「空き地」「更地」投資は儲かる?メリット・デメリットとは?現金で購入が可能、手間がかからずライバルも…

  7. サラリーマンの不動産投資はリスクが高く危険?悪質な業者に騙されて失敗しないための方法やテクニック。

  8. サラリーマン不動産投資家に一棟物件がおすすめする理由を解説。セミリタイア・経済的独立を目指すのであれ…

  9. サラリーマンはマイホーム(自宅)と投資用不動産どちらを購入した方が良いのか?住宅ローン減税、売却益非…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ