注目の記事 PICK UP!

「TATERU(タテル)」不祥事で伊藤淳史主演の映画がお蔵入りに

東証一部上場企業で不動産販売を手掛ける「TATERU」が、顧客の預金残高を改ざんし、不正に銀行から融資を引き出していたことが2018年末に問題となったが、この問題を受けて伊藤淳史主演の映画が公開延期になっていたことが明かになった。

ここではその詳細についてみていきたい。

⇒【上場企業のTATERUが不正融資に関与
⇒【TATERUと本田圭佑の関係は?

「TATERU」不祥事で映画がお蔵入り 

映画自体は不正が発覚する2018年夏ごろに撮影が終了し、2019年に公開する予定だったようだが、その後「TATERU」の不正が発覚し、お蔵入りとなったとのことである。

伊藤淳史が演じるさえない主人公が「TATERU」のアパートを購入し、成功するストーリーを描いた作品のようで、「TATERU」の営業マンの中には映画化をセールストークとして使っていた社員もいたそうだ。

⇒【TATERU不適切行為の再発防止策を発表

不動産会社がモデルの映画は異例 

実際の不動産会社がモデルとなる映画はめずらしいが、TATERUは2018年4月に「インベスターズクラウド」という社名から変更し、原宿にオフィスを移転するなど、当時はイケイケ感が漂っていたとようだ。

その勢いのまま映画作成にまで取り掛かったようだが、不正が発覚してお蔵入り。伊藤淳史をはじめとした俳優にとっては、映画公開後に不正が発覚して評判を落とすよりはよかったと言えるだろう。

映画内でも顧客の預金残高改ざんを匂わせるシーンがあったのかは気になるところだ。

⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?

「TATERU」不正行為は認めるも処分は不当? 

「TATERU」は2018年12月27日に特別調査委員会による調査報告書を発表し、不正行為があったことを認めている。

ただ組織ぐるみでの犯行は否定し、役員の報酬減額はあったものの、辞任したのは不正に関わっていたとされる古賀 聡氏(当時の役職は常務取締役)のみ。この処分に関しては個人的には違和感を覚え、このような不正が組織ぐるみでないことが考えにくいと思っている。

今後追加で内部告発などが出るのか、注目していきたい。

⇒【TATERU、顧客に見せ金を無利息融資

まとめ 

上場企業である「TATERU」の不正行為は不動産業界に大きな影響を与えたが、実は映画業界にも影響を与えていたことが明かになった。今後も追加で情報が出るかもしれず、引き続き「TATERU」関連のニュースからは目が離せない。

<こんな記事も読まれています>

⇒【TATERUから購入した投資家は失敗?
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【シノケンの不正を週刊新潮が報道
⇒【フェイスネットワークのビジネスモデル
⇒【リブトラストのセミナーは詐欺?
⇒【プロフェスサービス2億円脱税
⇒【「わひこ」廃業の理由、計画倒産の可能性
⇒【水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散へ。

関連記事

  1. 平山相太、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の被害に。その他のJリーガーは羽生直剛、徳永悠平などFC東京…

  2. 「一法人一物件スキーム」崩壊で不動産価格が下落?銀行から一括返済や高額な金利を求められるケースも。

  3. アパマンショップ消毒料問題が不動産投資家/オーナー/大家に与える影響を解説

  4. maneo(マネオ)不動産ソーシャルレンディングで滞納発生、詳細・理由とは?

  5. レオパレス物件からの退去・引越しでどこまで費用を負担?立ち退き料はもらえる?

  6. フューチャークリエーションズ(Future Creations)サブリース契約解除でスルガ銀行へロー…

  7. 不動産にID発行、成約価格やリフォーム(修繕)実績・履歴を参照可能に。取引への影響は?

  8. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

  9. 「OYO(オヨ)」が日本の不動産市場参入へ。敷金・礼金・仲介手数料ゼロ・家具付き物件提供へ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ