注目の記事 PICK UP!

自宅(マイホーム)売却で損失が発生したら税金の還付を受けられるのか?不動産投資家が解説。

自宅を売却して「譲渡所得」(利益)が発生した場合には、「3,000万円の特別控除」や「買い替え特例」の税金面での優遇措置を受けることができるが、損失が発生したらどうなるのだろうか?

「譲渡損失」が発生した場合には給与所得などの他の所得と合算することで、所得税の還付が受けられたり、翌年の住民税が安くなったりする。ここではその詳細についてみていきたいと思う。

⇒【自宅売却時の「特別控除」を解説
⇒【自宅売却時の「買い替え特例」を解説

「譲渡損失」は給与所得と合算可能 

自宅を売却して損失が発生するケースというのはあまり考えたくないことではあるが、知っていると知らないでは税金に大きな差が出るので、しっかりと把握しておくと良いだろう。

たとえば5,000万円で購入した自宅を3,000万円で売却した場合、2,000万円の「譲渡損失」が発生する(話を簡単にするため譲渡費用や減価償却は割愛)。この2,000万円の「譲渡損失」は給与所得などその他の所得と合算することによって、税金の還付を受けることができる。

⇒【不動産投資の節税効果は本当?

「譲渡損失」で税金の還付を受ける方法 

「譲渡損失」を給与所得などと合算するためには、保有期間が5年以上などの一定の要件を満たしたうえで、確定申告を行う必要がある。

サラリーマンであればすでに「所得税」が源泉徴収されているため、確定申告を行うことによって還付を受けることができる。さらに「譲渡損失」が発生した翌年6月~5月の「住民税」も安くなるので、タイミングは違うが「所得税」と「住民税」の還付が受けられることとなる。

2019年に「譲渡損失」が発生した場合、2020年2月後半~3月前半に確定申告を行う。通常5月頃までに「所得税」の還付金の振込が行われ、2020年6月~2021年5月に支払う住民税が減額される。

⇒【不動産投資の減価償却費の詳細

「譲渡損失」は繰り越しが可能 

「譲渡損失」が給与所得などのその他の所得金額を超えた場合は、どうなるのだろうか?「譲渡損失」は翌年以降3年間にわたり繰り越しをすることができるため、基本的には全ての「譲渡損失」に対して税金の還付を受けることができる。

先の例では2,000万円の「譲渡損失」が発生したが、たとえば給与所得が700万円の場合、「譲渡損失」が発生した初年度には700万円分を損益通算して、差額の1,300万円を3年間繰り越すことが可能となる。

翌年(2年目)も給与所得が700万円とすると、繰り越した「譲渡損失」1,300万円から700万円を損益通算することができ、600万円を2年間繰越すことができる。

3年目も給与所得が700万円とすると、繰り越した「譲渡損失」600万円全額を損益通算することができ、この年の課税所得は100万円となる。

⇒【建物相当分の消費税還付の方法

まとめ 

自宅を売却して「譲渡損失」が発生した場合、一定の要件を満たせば確定申告することによって税金の還付を受けることができる。確定申告を行わないと還付を受けることはできないので、知らないと大きな損失となってしまう。

また「譲渡損失」は翌年以降3年間にわたって繰り越すことも可能。そのため、ほとんどのケースにおいて発生した「譲渡損失」全額に対して税金の還付を受けることができるだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【自宅売却時の「特別控除」を解説
⇒【自宅売却時の「買い替え特例」を解説
⇒【「長期譲渡税」と「短期譲渡税」の違い
⇒【「固定資産税」をわかりやすく解説
⇒【「仲介手数料」を解説、減額交渉は可能?
⇒【「一般媒介契約」のメリット・デメリット
⇒【「専属専任媒介契約」のメリット・デメリット
⇒【不動産投資で税金を還付する方法
⇒【個人と法人、不動産投資にはどちらが有利?

関連記事

  1. 【一般定期借地権】をわかりやすく解説。不動産投資にはおすすめ?銀行融資は可能?

  2. 不動産投資の自己資金を貯める方法。東京都内で安全に賃貸経営を行うのに必要な自己資金額とは?固定費を下…

  3. 【S造(重量鉄骨)】をわかりやすく解説。特徴やメリット・デメリットは?

  4. 【不動産物件価格が変動する要因】をわかりやすく解説。賃貸需要や人口は関係ない?人口減少する日本が不動…

  5. 収益不動産の出口戦略の重要性をわかりやすく解説。購入時・保有時のポイントとは?

  6. サラリーマン不動産投資家で破綻する人の特徴。自己資金無しオーバーローンは危険。

  7. 【不動産投資での建物消費税還付】の最新の方法をわかりやすく解説。課税売上のための自動販売機設置や金の…

  8. 【レントロール】の見方や注意点をわかりやすく解説。家賃が相場並みであるか、入居年月日は要確認。新築プ…

  9. サラリーマンの不動産投資は副業に該当するのか?就業規則上副業が禁止の場合は?株式投資、FX、仮想通貨…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ