注目の記事 PICK UP!

「太陽光発電」消費税還付とオーバーローンで不動産投資の頭金を作るのは危険・要注意

不動産投資家で太陽光発電を行っている人は多いが、最近では太陽光発電の消費税還付で不動産の頭金を作っている人がいるようだ。また太陽光発電では業者によっては必要経費以上のオーバーローンを組んで、自己資金を増やすことに協力してくる場合もあるらしい。

ただ太陽光発電で不動産投資の頭金を作るのは色々とリスクがあって危険でもある。ここではその詳細についてみていきたいと思う。

⇒【太陽光発電で不動産の利回りアップ
⇒【サブリースの騙される理由、罠や落とし穴

太陽光発電で消費税還付 

太陽光発電では、土地以外の費用に関して「消費税課税事業者選択届書」を提出することによって消費税の還付を受けることができる。更地の土地を購入して太陽光パネルを引く場合には、総費用が2,000万円~3,000万円となることも多く、消費税還付で200万円近い資金を作ることもできる。

ただ消費税還付を行うには複雑な手続きや処理が必要となるため、基本的には税理士を起用する必要がある。税理士報酬がかかってくるのと、3年間は売電事業の消費税を納める必要があり、トータルでメリットが有るのかを判断しなければならない。

⇒【不動産投資を始めるのに必要な資金は?

太陽光発電のオーバーローン 

太陽光発電の消費税還付は合法的であるため問題ないが、必要費用以上にオーバーローンを組んで自己資金を貯める手法を提案された場合は注意が必要だ。オーバーローンを行うには金融機関との契約書や提出書類を偽造する必要があり、嘘が発覚した場合には一括返済を求められるリスクがある。

これは三為業者がスルガ銀行に対して行っていたことと同じであり、偽造の事実を知っていれば犯罪となる可能性もあるので、辞めたほうが良いだろう。

⇒【二重売買契約オーバーローンの詳細
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説

不動産販売のための太陽光発電 

不動産業者によっては物件を販売するために、太陽光発電をセットで売りつけてくるところもある。2019年以降は不動産向けに融資が一気に引き締まり、それなりの自己資金がないと融資を受けることはできない。

そのため不動産業者は太陽光発電の消費税還付とオーバーローンで自己資金を作って、物件を購入することを提案してくる場合がある。

物件を売りたいがためのかなり強引なスキームであるため、このような提案があった場合には注意した方がよい。

⇒【不動産投資で騙される人の特徴

消費税還付はしっかりと精査 

太陽光発電で消費税還付を行うことは法律上問題はないが、3年間消費税を納める必要がり、税理士費用なども含めてトータルでメリットがあるかしっかりと精査しなければならない。

また消費税還付を行うことによって、税務調査が入りやすくなるという指摘もある。税務調査が入れば対応するのに相当の手間がかかるのと、場合によっては他事業も含めて脱税が発覚し、過少申告加算税やその金利などが発生する可能性があるので注意が必要だ。

⇒【サラリーマン不動産投資家が受けられる控除

まとめ 

不動産投資の自己資金を作るために、太陽光発電をすすめてくる業者がいるので注意した方が良いだろう。消費税還付は合法で問題はないが、本当にメリットが有るのかしっかりと精査する必要がある。オーバーローンに関しては書類を偽造することになるので、リスクが高い。

不動産物件とセットで太陽光発電をすすめられた場合には、警戒すべきである。

<こんな記事も読まれています>

⇒【太陽光発電で不動産の利回りアップ
⇒【「太陽光発電」価格見直しの影響
⇒【年収制限がある不動産投資セミナーは要注意
⇒【不動産投資の知識で住居費・家賃を節約
⇒【サブリースの騙される理由、罠や落とし穴
⇒【サラリーマンが不動産で成功する方法
⇒【収益不動産のコンサルティングに要注意!
⇒【2019年の収益不動産市況を予想
⇒【個人も不動産売却で消費税が発生する?
⇒【「不動産投資塾」入会時の注意点

関連記事

  1. 【Reve Associe】の不動産販売は詐欺?毎日新聞がサブリース・住宅ローン悪用と報道。

  2. 【太陽光発電】買い取り価格見直しが不動産投資家に与える影響を解説

  3. プロフェスサービス宮澤伸幸社長、2億円の脱税容疑で刑事告発。投資用マンション販売。修正申告済みも手口…

  4. 【自動販売機】の設置で不動産投資の利回りアップ。入居者満足度向上にも繋がるメリットも?設置方法は?不…

  5. 「PIMパートナーズ」投資用不動産の電話営業は危険?ワンルームマンションをおすすめしない理由。

  6. 【ケリーバックス】預金残高改ざんをガイアの夜明けが特集。スルガ銀行と共謀?

  7. 毎日新聞が報道した「サブリース」悪用の不動産会社名はどこ?住宅ローンの不正利用も。

  8. 「レオパレス21」外壁施工不良の改修工事を行わない方向で検討?対象物件数や影響は?

  9. TATERU(タテル)からマンション・アパートを購入した不動産投資家は失敗か?預金残高改ざんで不正融…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ