注目の記事 PICK UP!

「属性」とは?サラリーマンが銀行融資を使って不動産投資を行うには重要?

不動産投資における「属性」とは、勤務先情報、年収、金融資産、家族構成など銀行が融資をするにあたって審査する項目のことを指す。

一般的に「属性」が良いサラリーマンの方が不動産投資では有利と言われているが、「属性」が良すぎるために本来は融資が付かない物件を購入してしまう可能性もあり、必ずしも「属性」の良いサラリーマンが不動産投資で成功しているとは限らない。

ここでは不動産投資における「属性」についてみていきたいと思う。

⇒【不動産投資はリスクが高く危険?

「属性」が良いと銀行融資を受けやすい 

銀行がサラリーマンに融資をする場合、必ずと言っていいほど「属性」という言葉を耳にするだろう。銀行は万が一不動産賃貸経営がうまくいかなくなった時に、「属性」が良いサラリーマンに融資を行っていれば、本業の給与収入や金融資産から返済することが可能と考えるため、「属性」が良い方が好まれる。

「属性」が良いとは、勤務先が公務員、医者や弁護士などの士業、東証一部上場の大手企業など安定している職業、金融資産を多く持っている人のことを指す。

⇒【サラリーマンが好条件の融資を受ける方法

「属性」が良いから成功するわけではない 

「属性」が良いサラリーマンは不動産投資を有利に進めることができると考える人は多いだろう。確かに銀行融資が引きやすいという点でいえば、選択肢は広がるため有利になる場合が多いとは言える。

しかしながら、「属性」が良すぎるが上に、普通の人であれば融資が付かないような悪い物件でも融資が付いてしまい、三為業者と呼ばれるような不動産業者にだまされて割高な物件を購入してしまう可能性もあるので、注意が必要だ。

2018年に問題となったスルガ銀行のシェアハウスかぼちゃの馬車への不正融資問題では、ほとんどが給与所得の高い「属性」の良いサラリーマンが被害にあっている。

⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に

「属性」が悪くても不動産投資はできる 

「属性」が悪いから不動産投資ができないというわけではない。現在有名な投資家でも「属性」が悪いながらも努力を続けて成功している人もたくさんいる。

「属性」が悪いと斬円ながら銀行から融資を引くことが難しいので、まずは現金を貯めることが重要となる。現金が300万円程度貯めることができれば、築古の戸建てを購入することができるので、不動産投資を始めることができる。

⇒【築古戸建投資法のメリット・デメリット

「属性」の悪い人が拡大する方法 

「属性」の悪い人でも現金で購入した戸建てがあれば、それを担保にして銀行から融資を引くことも不可能ではない。また戸建てであっても、不動産賃貸経営の実績がしっかりとあれば、銀行からは事業者として評価され、融資を受けられる可能性は高くなるのである。

「属性」が悪い人で現在成功している大家は、だいたいこのパターンで拡大している人が多いと言えるだろう。

⇒【サラリーマンの不動産投資の始め方

まとめ 

「属性」が良いサラリーマンの方が不動産投資では有利に思われがちではあるが、業者にだまされて割高な物件を購入してしまうリスクがある。

「属性」が悪い人でも不動産投資をはじめて、規模を拡大していくことは可能であるため、自分に適したやり方を見つけてチャレンジしてほしいと思う。

<こんな記事も読まれています>

⇒【サラリーマンにおすすめの不動産投資方法
⇒【区分マンションをおすすめしない理由
⇒【不動産投資で利益を上げる仕組み
⇒【サラリーマン引退のための不動産投資戦略
⇒【利回り・賃貸需要と物件の選び方
⇒【積算価格・出口戦略と物件の選び方
⇒【不動産物件の探し方
⇒【「フリーレント」のメリット・デメリット
⇒【エビデンス改ざんの手口を解説
⇒【「空室保証」のメリット・デメリット

関連記事

  1. 「カーテンスキーム」の詳細をわかりやすく解説。スルガ銀行不正融資・三為業者の手口。

  2. サラリーマンが不動産投資する時の銀行借入・ローン金利の相場や平均。住宅ローン金利より高い?

  3. 銀行借入金利上昇とキャッシュフローの関係性の考え方とは?何%まで上昇すればキャッシュフローが0になる…

  4. 【不動産投資でサラリーマンを引退する方法】を解説。目安となる資産規模とは?重要なのはキャッシュフロー…

  5. サラリーマン不動産投資家の銀行融資限度額の目安とは?スルガ銀行やオリックス銀行が積極的に融資。規模拡…

  6. サラリーマン不動産投資家にフルローンはおすすめ?失敗のリスクが高く危険?

  7. 税金対策で赤字決算の場合に銀行融資が出ない理由とは?サラリーマン不動産投資家の過剰な節税で規模拡大が…

  8. 地方の不動産物件の積算評価額が高い理由を解説。首都圏では積算評価額が低いのは、路線価と土地の売買価格…

  9. 「第四(だいし)銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ