注目の記事 PICK UP!

フューチャーイノベーション、シェアハウス/不動産投資向けスルガ銀行不正融資問題で行政処分へ

スルガ銀行が破綻したスマートデイズ社が運営していたシェアハウス「かぼちゃの馬車」に不正融資を行っていた問題で、物件の仲介を行っていたフューチャーイノベーションに対して業務改善命令が出される見通しとなった。

不正融資問題で不動産会社に行政処分が出されるのははじめてとなる。ここではフューチャーイノベーションの行政処分についてみていきたいと思う。

⇒【フューチャークリエーションズは詐欺?
⇒【ガヤルド計画倒産、建築費用持ち逃げ?

書類改ざんでスルガ銀行から融資引き出し 

フューチャーイノベーションは複数ある「かぼちゃの馬車」の販売業者の1つであり、高属性のサラリーマンを中心にシェアハウスの販売を行ってきた。自己資金が十分になく返済能力がないとわかっていながらも、フューチャーイノベーションは投資家の預金残高や年収を水増しして、スルガ銀行の融資が通りやすいように書類を改ざんしていた。

⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説

不動産業者への行政処分続くか 

フューチャーイノベーションのように書類を改ざんして、無理やり不動産の販売を行っていた不動産業者は複数おり、不動産業者への行政処分ははじめてのケースとなる。今後も同様の業者に対して行政処分が出される可能性は十分になるが、既に廃業や解散をした不動産業者も少なくはない。

「かぼちゃの馬車」を仲介した不動産業者は運営会社であるスマートデイズから多額の手数料をもらっていたと見られている。

⇒【水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散へ。
⇒【「水戸大家さん」の手口が日経新聞に掲載

三為業者の手口 

スルガ銀行の不正融資問題で、書類の改ざんを行って物件を市場価格より割高に販売する業者のことは「三為業者」と呼ばれている。「第三者の為」を意味する言葉であり、サラリーマンを中心とした投資家向けに高値で転売をするために、預金残高の水増し、レントロールの改ざんなどを積極的に行ってきた。

「三為業者」は物件を販売することによって少なくとも20%以上の利益を得ていたと言われている。

⇒【三為業者の詳細をわかりやすく解説

2019年の不動産市場 

スルガ銀行の不正融資問題を受けて、2019年の不動産投資向け融資は一気に引き締まっている。その影響を受けて物件価格は下落している。

しばらくはこの傾向が続くことが予想され、多くの「三為業者」は廃業している。ここ数年のようにサラリーマン投資家が割高な物件を買わされるケースは今後なくなっていくと思われるが、価格帯が手ごろなワンルームマンションなどでは属性を使って融資を引き出すことができ、「三為業者」が販売に力を入れているので注意が必要。

⇒【2019年の収益不動産市況を予想

まとめ 

スルガ銀行のシェアハウス向け不正融資問題で、物件の販売を行っていたフューチャーイノベーションに行政処分が出される見通しとなった。書類改ざんなどを主導していたのは不動産会社であり、今後も同様の行政処分が出される可能性はあるだろう。

2019年は融資が引き締まったことにより、同様の手口での物件販売は難しくなってはいるが、ワンルームマンション販売では行われているため、注意が必要である。

<こんな記事も読まれています>

⇒【フューチャークリエーションズは詐欺?
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【収益不動産のコンサルティングに要注意!
⇒【「オーナーチェンジ」のメリット・デメリット
⇒【「収益不動産」はサラリーマンにおすすめ?
⇒【「収益不動産」向けおすすめの金融機関・銀行

関連記事

  1. 【ケリーバックス】預金残高改ざんをガイアの夜明けが特集。スルガ銀行と共謀?

  2. 「PIMパートナーズ」投資用不動産の電話営業は危険?ワンルームマンションをおすすめしない理由。

  3. シノケン、預金の改ざん・水増しなどの不正行為はないとニュースリリースで発表。TATERU問題を受け、…

  4. TATERU(タテル)からマンション・アパートを購入した不動産投資家は失敗か?預金残高改ざんで不正融…

  5. 「不動産投資塾(スクール)」入会時の注意点を解説。収益構造や課金ポイントとは?

  6. 「OYO(オヨ)」が日本の不動産市場参入へ。敷金・礼金・仲介手数料ゼロ・家具付き物件提供へ。

  7. 「アルファ・インベストメント」破産。不動産販売業者、銀行融資引き締めが影響。

  8. 【Reve Associe】の不動産販売は詐欺?毎日新聞がサブリース・住宅ローン悪用と報道。

  9. フェイスネットワークのビジネスモデルとは?資産家がターゲット?TATERU問題を受け、不正融資状況を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ