注目の記事 PICK UP!

「OYO(オヨ)」が日本の不動産市場参入へ。敷金・礼金・仲介手数料ゼロ・家具付き物件提供へ。

インド初の格安ホテルベンチャー「OYO」が日本の不動産市場に参入し、2019年3月上旬から賃貸事業をはじめることが明かになった。日本では「OYO LIFE」というサービスを展開し、「初期費用無し」「家具家電・Wifi完備」「契約はスマホで完結」と入居者にとってはありがたい内容となっている。

ここでは「OYO LIFE」についてみていきたいと思う。

⇒【不動産投資の知識で住居費・家賃を節約

「OYO LIFE」のコンセプトはホテル 

「OYO LIFE」のコンセプトは、ホテルのように部屋を選ぶだけ。分かりづらい契約内容や面倒な手続き、年単位の契約や敷金・礼金などの重い初期費用の負担などを失くすことを目指している。

家を借りるのも退去するのもスマホ1つで完結し、1ヶ月単位での契約で、家具家電も完備していることから、今までよりも気軽に賃貸物件を契約することができるようになる。

⇒【「仲介手数料」を解説、減額交渉は可能?

「OYO LIFE」のメリット 

「OYO LIFE」が画期的なのは、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が不要(入居前の清掃費のみ発生)、家具家電・Wifi完備、スマホで入退去が完結することに加えて、3日間の「住試し」が可能な点である。

従来の賃貸では不動産業者に同行してもらい、家具もない部屋を数十分程度見て決めるという形であったが、家具家電完備の「OYO LIFE」では「試し住み」をしてから物件を決めることができる。

そのため住んでみてイメージが違った場合には他の物件に変えることができるので、契約後のミスマッチが無くなる点は、入居者にとっては多きなメリットと言えるだろう。従来の賃貸物件の場合には、プロパンガス料金が想像以上に高いことに入居後に気付いたが、既に契約締結・引っ越し後であるために高い料金を受け入れざるを得ないというようなケースもあったが、「OYO LIFE」ではそのようなトラブルも無い。

⇒【賃貸契約で初期費用を安くする方法

「OYO LIFE」の提供エリア・部屋タイプ 

「OYO LIFE」の現在の提供エリアは東京都23区となっているが、今後順次拡大していく予定で、2019年3月末までに5,000室を目指すとしている。

「OYO LIFE」が提供する部屋は、「マンションタイプ(月額10万~15万円)」「戸建タイプ(月額25万~45万円)」「シェアハウスタイプ(月額4万~6万円)」の3つで、さまざまなニースに対応できるようになっている。

「OYO LIFE」はトラブル防止に 

「OYO LIFE」を利用すれば、賃貸物件でよくあるトラブルを避けることができる。たとえば、賃貸物件では退去時に高額のリフォーム費用を請求されることがあるが、「OYO LIFE」では退去時の費用は一切不要となる。

また入居時に発生する費用も清掃費のみであるため初期費用を抑えることが可能。アパマンショップが請求して話題となった「消毒料」のような本来は不要な費用を請求されることが無く、入居者にとっては複雑な契約を交わさなくても良いというのは大きなメリットと言えるだろう。

⇒【「アパマン」クリーニング代を不正請求?

「OYO LIFE」が大家に与える影響 

「OYO LIFE」は入居者にとってはメリットが多いサービスと言えるが、大家の立場からすると今後賃貸付けが厳しくなるのは間違いない。特に初期費用を抑えたい人や短期間での入居を希望する人は、「OYO LIFE」のようなサービスを選ぶ可能性が高くなるため、大家はこれに対抗していくのか、それとも別の入居者層を狙っていくのかを明確にしなければならない。

「OYO LIFE」のサービスが拡大することによって、大家はより厳しい状況になることは間違いないだろう。

⇒【2019年サラリーマン投資家がするべきこと

まとめ 

「OYO LIFE」が日本の賃貸不動産市場に参入することで、入居者が不当に料金を請求されるというケースは減っていくことが予想される。同時に大家は厳しい立場に立たされる可能性が高く、今後入居者のニーズに合った賃貸物件を提供していく必要があるだろう。

「OYO LIFE」のサービス開始は2019年3月となっており、注目していきたいと思う。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「ケリーバックス」ガイアの夜明けで特集
⇒【レオパレス建築基準法違反問題まとめ
⇒【「Reve Associe」は詐欺?
⇒【上場企業が住宅ローンを不正利用?
⇒【不動産のデート商法に要注意
⇒【「界壁」が無いことの問題点
⇒【「地面師」の詳細・手口を解説
⇒【レオパレス物件からの退去費用
⇒【消毒料の返金交渉は可能?
⇒【賃貸契約で初期費用を安くする方法

関連記事

  1. 西京銀行とTATERU(タテル)の関係性とは?出資や業務提携も行っており、「かぼちゃの馬車・スルガ銀…

  2. 「わひこ(WAHIKO)」営業停止・廃業の理由は?計画倒産の可能性は?

  3. 収益不動産価格が暴落した時にサラリーマン投資家が注意すべき事を解説。

  4. 「一法人一物件スキーム」崩壊で不動産価格が下落?銀行から一括返済や高額な金利を求められるケースも。

  5. ホーメストが破産・倒産申請。シェアハウス「かぼちゃの馬車」建築請負会社。

  6. 主要都市地価上昇。今後の不動産市況・投資の見通しとは?国土交通省2018年第二四半期「地価LOOKレ…

  7. フェイスネットワークのビジネスモデルとは?資産家がターゲット?TATERU問題を受け、不正融資状況を…

  8. 「プレミアムバリューバンク」新潟市RC11%超の不動産物件の収支計算の実例。フルローン、オーバーロー…

  9. 日経新聞記事「島田明夫」の不動産会社は峯島社長の水戸大家さん?「地銀波乱(4)」2019年1月17日…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ