注目の記事 PICK UP!

「アルファ・インベストメント」破産。不動産販売業者、銀行融資引き締めが影響。

不動産販売を手掛ける「アルファ・インベストメント」は2019年2月14日、破産手続きを行うことが決定した。2018年12月21日に債権者が東京地裁に対して破産を申し立てられていた。

ここでは「アルファ・インベストメント」についてみていきたいと思う。

⇒【「ケリーバックス」ガイアの夜明けで特集
⇒【レオパレス建築基準法違反問題まとめ

「アルファ・インベストメント」詳細 

「アルファ・インベストメント」は2010年5月に設立され、高属性のサラリーマンを中心に不動産売買を手掛けていた。これまでに400人~500人に販売したとみられ、2017年3月期には年間の売上高が約213億円まで拡大。

「アルファ・インベストメント」がどのような方法で不動産販売を行っていたのかは明らかになっていないが、おそらく三為業者という形で、不動産の売買契約の売主となってサラリーマン向けに販売していたと思われる。おそらく二重売買契約やエビデンスの改ざんを行うことによって、金融機関からオーバーローンを引き出していた可能性が高い。

⇒【「Reve Associe」は詐欺?

「アルファ・インベストメント」経営破綻 

不動産業界はスルガ銀行のシェアハウス「かぼちゃの馬車」に対する不正融資をきっかけとして、2018年から金融機関の不動産融資は一気に引き締まった。これに伴って「アルファ・インベストメント」も不動産販売がうまくいかずに、経営破綻したと思われる。

不動産仲介だけを行っていれば基本的に破綻する可能性は低いが、三為業者として販売するのであれば物件の仕入れを行わなければならず、その販売ができずに資金繰りが悪化、または不動産市況の下落によって仕入れ価格以下でしか販売できずに業績が悪化したのだろう。

⇒【三為業者の詳細をわかりやすく解説

「アルファ・インベストメント」負債総額。 

申立書によると負債増額は約25億円とみられている。

現在「アルファ・インベストメント」のホームページは検索上表示はされるもののクリックしてもアクセスできない状況となっている。同社がサブリース契約を投資家と行っていたのかはわからないが、もし行ったとすれば家賃収入が入らずに賃貸経営が厳しくなる投資家も出てくることとなり、影響はありそうだ。

⇒【二重売買契約オーバーローンの詳細

不動産業者の倒産・廃業相次ぐ 

2018年後半からこの手の不動産業者の倒産や廃業が相次いでいる。理由は金融機関の融資が引き締まったからであり、サラリーマンをターゲットにしていた不動産業者は、販売が難しくなってきている。

今後もこの傾向は続いていくことだろう。

⇒【水戸大家さん2018年9月末で廃業・解散へ。

まとめ 

一時は年間200億円以上売り上げていた現在「アルファ・インベストメント」も不動産向け融資環境の悪化の影響を受けて倒産。今後も同様の理由で倒産・廃業する不動産業者はでてくることだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【フェイスネットワークのビジネスモデル
⇒【リブトラストのセミナーは詐欺?
⇒【プロフェスサービス2億円脱税
⇒【「わひこ」廃業の理由、計画倒産の可能性
⇒【シノケンの不正を週刊新潮が報道
⇒【<2週目>シノケンの不正を週刊新潮が報道
⇒【「PIMパートナーズ」の電話営業は危険?
⇒【フューチャーイノベーション行政処分
⇒【上場企業が住宅ローンを不正利用?
⇒【「ケリーバックス」ガイアの夜明けで特集
⇒【レオパレス建築基準法違反問題まとめ

関連記事

  1. フューチャーイノベーション、シェアハウス/不動産投資向けスルガ銀行不正融資問題で行政処分へ

  2. 「不動産投資塾(スクール)」入会時の注意点を解説。収益構造や課金ポイントとは?

  3. 「アパマンショップ」クリーニング代を不正請求?札幌でスプレー缶ガス抜き爆発事故で明かに。

  4. TATERU(タテル)が不正融資に関与。西京銀行に顧客の預金残高を改ざん・水増しして審査申込。三為業…

  5. 「PIMパートナーズ」投資用不動産の電話営業は危険?ワンルームマンションをおすすめしない理由。

  6. 「わひこ(WAHIKO)」営業停止・廃業の理由は?計画倒産の可能性は?

  7. 「わひこ」の評判や特徴は?不動産セミナー開催。サラリーマン投資家向けに一棟物件情報のメール配信。物件…

  8. 【ケリーバックス】預金残高改ざんをガイアの夜明けが特集。スルガ銀行と共謀?

  9. 【杉本宏之】深田恭子(深キョン)新恋人の三股・破産の過去を週刊文春が報道。不動産会社シーラホールディ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ