注目の記事 PICK UP!

スルガ銀行からの借り換えは可能?借入金利を下げてキャッシュフローを増やす方法!

スルガ銀行から不動産投資向けで融資を受けている人で、借入金利が高くて借り換えをしたいと考えている人は多いことだろう。ただスルガ銀行からフルローンやオーバーローンで融資を受けていて債務超過になっていたり、不動産業者が契約書を改ざんしたりしていた事実があることから、トライする前から借り換えはできないと決めつけてはいないだろうか?

ただそんな人にも他行に借り換えができるチャンスが巡ってきている。ここではその具体的な方法について解説していきたいと思う。

⇒【金利1%台に借り換えできるサービス

スルガ銀行からの借り換えは可能? 

2018年にスルガ銀行の不正融資が発覚して以降、金融機関の不動産投資向け融資は一気に引き締まっているのは事実である。かつてのように不動産投資の経験がないサラリーマンが、1億円以上の物件をフルローンやオーバーローンで購入するのは、現在ではほぼ不可能となっている。

ただ金融機関は不動産投資向けの融資を絞ったものの、他に貸出先が無くて困っているというのも事実である。そのため新規の人には貸さないが、不動産投資の経験がある人に対しては積極的に貸し出しを行うという姿勢が明確になってきており、特にしっかりと運営できている物件に対しての借り換えには積極的な金融機関も多い。

スルガ銀行から融資を受けている不動産投資かは、確かに他の金融機関からみれば、不正に融資を受けたのだろうとみられる可能性が高く、印象は決して良いとは言えない。ただ現在の状況であれば、全く経験がないサラリーマンよりも、不動産投資の実績があるので、状況次第では借り換えができる可能性がある。

スルガ銀行からの借り換えを行う方法 

スルガ銀行から融資を受けている不動産投資家のほとんどは、他の金融機関との取引が無いという人がほとんどである。そのため借り換え交渉を行いたいにも、どのようにはじめていけば良いのかわからず、結局は行動に移すことができずにいる。

金融機関全体として不動産投資未経験者に対する融資を絞りつつある中で、いきなり飛び込みで金融機関にコンタクトしても、担当者によっては相手にされない可能性があり、このやり方はあまりおすすめできない。金融機関と付き合いのある不動産投資家から紹介してもらうのがベストではあるが、不動産投資家も変な人を紹介するわけにもいかず、スルガ銀行からの借り換えと聞くと紹介してくれない可能性は高いだろう。

そこでおすすめなのが不動産投資ローン借り換えサービスの「モゲチェック」である。「モゲチェック」は多くの借り換えの実績があり、借り換え後の金利は特別金利で1.575%~と非常に魅力的な水準となっている。

「モゲチェック」のサービスとは? 

モゲチェック」は2009年7月に設立された株式会社MFSが運営するサービスで、主要株主にはゴールドマン・サックスや電通の子会社などの有名企業がいる。住宅ローンを中心に借り換えサービスを行っており、無料相談の件数は4,000件を超え、累計の取扱い金額は200億円を突破している。

取引のある金融機関は700を超え、その実績とネットワークを利用して、現在は不動産投資向けローンの借り換えサービスにも注力。うまくいけば金利1%台に借り換えができる可能性もある。

実際に「モゲチェック」の利用者で金利を1.5%下げることに成功した不動産投資家もいるので、スルガ銀行から借入を行っている投資家も一気に借入金利を引き下げるチャンスがあるかもしれない。

「モゲチェック」のメリット・手数料 

モゲチェック」は取引のある金融機関の中から、ベストな借り換え先を提示してくれるので非常に便利なサービスとなっている。自分で借り換え交渉を行うとなると、複数の金融機関にコンタクトして面談しなければならず、場合によっては前述の通り門前払いを食らって、全然交渉ができないということもあるだろう。忙しい人にとってはうってつけのサービスとなっている。

モゲチェック」の手数料は完全成功報酬制となっており、相談時点で費用が発生することはない。借り換えによって金利が下がった場合には、金利削減額の10%(税別)が手数料として発生する。手数料がやや高いと感じるかもしれないが、自分で交渉するのは手間がかかるし、「モゲチェック」がベストな金融機関を提案してくれるので、手数料を支払う価値は十分にあると言えるだろう。

また「モゲチェック」は金融機関側からは一切手数料をもらっていないため、「モゲチェック」にとって収益が大きい金融機関を紹介されるというリスクはない。投資家の金利削減額が大きければ大きいほど収益は増えるので、投資家目線に立ってベストな選択を行ってくれる。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

「モゲチェック」をおすすめする理由 

モゲチェック」は相談時点では費用は発生しないので、まずは無料のWeb診断を受けてみるのが良いだろう。自分が借り換えすることができる金融機関があるのかを把握するのは非常に重要である。

もし借り換えができるということがわかれば、スルガ銀行に対して強気に金利交渉を行うことも可能。スルガ銀行は借入から5年以内の借り換えには違約金が発生するため、場合によってはスルガ銀行に金利交渉した方がメリットが大きいということもあるだろう。

借り換え先がないにもかかわらずスルガ銀行に交渉しても相手にしてもらえない可能性が高いので、「モゲチェック」を使用して借り換えできる先があるのか調べた方が良い。

まとめ 

スルガ銀行から借入を行っている不動産投資家は、金利が高くて苦しんでいるものの、借り換えができるとは思っておらず、行動する人は非常に少ない。この記事で説明してきた通り、金融機関は貸出先が無くて困っており、一定期間の返済実績があれば、借り換え交渉に応じてくれる可能性が高い。

モゲチェック」の実績とネットワークを使えば、投資家にとって最もメリットが有る金融機関を提案してくれる。また「モゲチェック」は数多くの借り換えの実績があるため、特別な金利で借り換えすることができる。

モゲチェック」のWeb診断は無料なので、是非この機会に試してみると良いだろう。借り換え先があることがわかれば、スルガ銀行に対して金利交渉ができるかもしれず、いずれにせよ不動産投資からのキャッシュフローを大きく増やすことができる可能性がある。

もし失敗しても現状と変わらないだけなので、やらないと損である。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

<こんな記事も読まれています>

⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判
⇒【「モゲチェック」の手数料
⇒【【2019年】スルガ銀行金利交渉のチャンス

関連記事

  1. 静岡銀行(しずぎん)金利引き下げ交渉はできる?やり方・方法・体験談・結果。

  2. スルガ銀行元本一部カット・金利見直し交渉のポイントを不動産投資家が解説!

  3. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換え時に自己資金は必要?

  4. 【最新2018年8月】スルガ銀行金利交渉失敗、定期預金解約体験談。スルガ銀行が潰れる(倒産)場合にペ…

  5. 不動産投資で収益・手残りを増やす方法・コツをわかりやすく解説

  6. 【金融ADR】をわかりやすく解説。スルガ銀行は行政処分で融資元本の減額に応じるか?

  7. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えで金利引き下げの可能性、1%台も。

  8. 【二重売買契約オーバーローン】の詳細をわかりやすく解説。自己資金が少ないサラリーマンが不動産投資をは…

  9. スルガ銀行岡野会長引責辞任で何が変わる?無責任との指摘も。第三者委員会、不適切融資の調査報告書公表時…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ