注目の記事 PICK UP!

【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えサービスは怪しい?信頼できる?

不動産投資ローンの借り換えサービスを提供している「モゲチェック」は、特別金利1.575%に借り換えができる可能性があると注目のサービスであるが、怪しいと感じている人もいるのではないだろうか?

その理由は、「モゲチェック」が金融機関から手数料をもらって、高い金利の金融機関を紹介してくる可能性があるのではないか、と考えているからだと思う。

ただ「モゲチェック」のビジネスモデル上、投資家に最もメリットが有る金融機関を紹介してくれる形となっているので、変な金融機関を紹介される可能性はないので安心することができる。

ここでは「モゲチェック」が怪しくない理由や会社概要について、不動産投資家が解説していきたいと思う。

⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判

【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えサービスは怪しい?

モゲチェック」は金利削減額の10%を投資家から手数料として徴収するというビジネスモデルであるので、そのため金利が安い金融機関を投資家に紹介して借り換えしてもらった方が、「モゲチェック」の手数料収入は大きくなる。

「そうは言っても裏で金融機関から手数料をもらっているのでは?」と疑う人もいるとは思うが、コンプライアンス上金融機関がそのような手数料を支払うことはなく、万が一支払った場合には金融庁から最悪の場合は行政処分を受けることとなる。

そのため「モゲチェック」は投資家に最もメリットがある金融機関を紹介し、金利削減額を大きくしようとしてくれるのである。

モゲチェック」のビジネスモデルが怪しくないということを理解していただけただろうか?

⇒【「モゲチェック」のメリット・デメリット

「モゲチェック」は投資家のことを第一に考える 

モゲチェック」は金利削減幅を最大にすることで手数料収入も最大になるわけだが、投資家によって最適なプランを提案してくれる点も信頼できる。

モゲチェック」には「利息削減プラン」と「利回り重視プラン」の2つのプランがある。「利息削減プラン」は金利だけを引き下げるもの、「利回り重視プラン」は金利を引き下げた上で融資期間も延長するものである。

モゲチェック」の手数料だけを考えると、「利息削減プラン」で金利の総支払額を下げた方がメリットはあるのだが、投資家にメリットが有れば「利回り重視プラン」で多少金利の支払いが多くなってしまっても、キャッシュフローを大きく改善する提案も行ってくれる。

「利息削減プラン」と「利回り重視プラン」の2つのプランを同時に提案してくれるので、実際に数字を見ながら選ぶことができるのはとてもありがたい。

⇒【「利息削減プラン」「利回り重視プラン」の違い

「モゲチェック」の会社概要 

モゲチェック」の主要株主は、「ゴールドマン・サックス」「マネックスベンチャーズ」「グロービス・キャピタル・パートナーズ」「電通イノベーションパートナーズ」と有名企業やその子会社が名を連ねている。

設立は2009年7月で資本金は8.8億円。累計の無料相談件数は5,000件を超え、住宅ローンの取扱いは200億円を突破している。今後は不動産投資ローンにも力を入れていく方針で、多くのメディアにも掲載される注目のサービスとなっている。

まとめ 

モゲチェック」は本当に金利の安い金融機関を紹介してくれるの?、と疑問に思う人もいると思うが、ビジネスモデルをみれば投資家に最もメリットがある提案をしてくれることがわかるだろう。

それに不動産投資家の金利に対する見方は厳しく、少しでも高い金利を提示しようものなら、借り換えをしてもらえない可能性があるため、可能な限り特別金利1.575%に近い金利での条件を引き出すように交渉してくれる。

少しでも不動産投資ローンの金利を下げたいと思っている人は、無料Web診断をしてみることをおすすめする。今ならアンケートに回答するだけで、1,000円のアマゾンギフト券をもらうことができてお得である。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

<こんな記事も読まれています>

⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判
⇒【「モゲチェック」の手数料
⇒【「利息削減プラン」「利回り重視プラン」の違い
⇒【「モゲチェック」のメリット・デメリット
⇒【「モゲチェック」に自己資金は必要?
⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【スルガ銀行から借り換えは可能?

関連記事

  1. 静岡銀行(しずぎん)の住所変更で不動産登記変更は必要? 融資契約に定められている?

  2. 【アパートローン金利を下げる方法】不動産投資家がわかりやすく解説

  3. 不動産短期転売で利益を出すことの問題点とは?銀行との関係やその後の融資への影響は?短期・長期の目安の…

  4. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

  5. 【銀行ローン・融資】収益不動産向けおすすめの金融機関を解説。金利条件や借入期間は?

  6. 日本政策金融公庫の不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  7. 「千葉銀行」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年11月以降。

  8. 【銀行借入と現金購入】はどちらが不動産投資を行うのに有利か?サラリーマンが不動産投資を行う最大のメリ…

  9. 【一棟マンション・アパート】サラリーマンが購入に必要な自己資金の目安とは?フルローンやオーバーローン…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ