注目の記事 PICK UP!

【モゲチェック】不動産投資ローン借り換え時に自己資金は必要?

モゲチェック」で不動産投資ローンの借り換えを行った場合には、金利削減額の10%の手数料が発生することとなるが、手数料の支払いの自己資金は原則不要となっている。

ここでは「モゲチェック」で自己資金が不要な理由について、不動産投資家が解説していきたと思う。

⇒【「モゲチェック」の手数料

「モゲチェック」は自己資金原則不要 

モゲチェック」で自己資金が原則不要の理由は、借り換え後のローンから手数料を支払うからである。よって融資金額は借り換え前よりも増えることとなるが、金利が大きく削減することとなるため、総額の支払金利は少なくなる。

「原則不要」となっている点が多少気になるかもしれないが、場合によっては融資金額が手数料を含めた金額まで伸ばすことができずに、自己資金から手数料が支払うことがあるかもしれないので、このような表現になっている。

しかしながら、今まで「モゲチェック」で不動産投資ローンの借り換えを行った投資家で、自己資金が必要になったケースは聞いたことが無いので、その可能性は限りなく低いと考えておいてよい。

このように自己資金不要で金利の削減ができる「モゲチェック」は非常にメリットの大きいサービスと言える。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

借り換え元の金融機関に対する違約金 

借り換えをする場合には、現在ローンを組んでいる金融機関に対して違約金が発生しないかはよく確認しておいた方がよい。金融機関によっては、一定の期間が経過するまでは違約金が発生するという場合がある。

私がローンを組んでいる金融機関の中には、融資実行後5年以内の一括返済では、残高の2%の違約金が発生することがある。違約金が発生することを知らずに、借り換えは成功したものの自己資金が無くて違約金が支払えないとならないように注意が必要だ。

もし違約金が発生するようであれば、「モゲチェック」の借り換えの際に違約金も含めて借り換えができないか相談してみると良い。

まとめ 

モゲチェック」の不動産投資ローン借り換えサービスでは、手数料も含めて借り換えが可能な場合が多いので、自己資金は原則不要となっている。

自己資金が無くても借り換えができるメリットは大きく、また借り換えによって金利を引き下げ、月々のキャッシュフローを大きく改善するチャンスでもある。

まずは「モゲチェック」の無料Web診断で借り換えの可能性を調べてみると良いだろう。完全成功報酬制なので、融資承認が下りるまでは手数料は一切発生しない。

今ならアンケートに回答すればアマゾンギフト券1,000円分ももらうことができる。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

<こんな記事も読まれています>

⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判
⇒【「モゲチェック」の手数料
⇒【「利息削減プラン」「利回り重視プラン」の違い
⇒【「モゲチェック」のメリット・デメリット
⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【スルガ銀行から借り換えは可能?

関連記事

  1. 【最新2018年8月】スルガ銀行金利交渉失敗、定期預金解約体験談。スルガ銀行が潰れる(倒産)場合にペ…

  2. 【モゲチェック】新規で不動産投資/アパートローンを組むことは可能?

  3. 西武信用金庫2018年11月以降不動産向け融資引き締め?わひこが不正に融資を引き出し?

  4. りそな銀行「1法人1物件スキーム」で不動産投資家に一括返済・金利6%以上を要求?

  5. 【借入額の戦略】サラリーマンが不動産投資で融資を受ける場合、最大限借りた方が良い理由とは?自己資金は…

  6. 【繰り上げ返済】はすべきか?サラリーマン不動産投資家が取るべき対応とは?余計に金利を支払うことは無駄…

  7. 静岡銀行(しずぎん)金利引き下げ交渉はできる?やり方・方法・体験談・結果。

  8. 【銀行ローン・融資】収益不動産向けおすすめの金融機関を解説。金利条件や借入期間は?

  9. 「横浜信用金庫」不動産投資向け融資状況・金利条件。2018年12月以降。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ