注目の記事 PICK UP!

【モゲチェック】新規で不動産投資/アパートローンを組むことは可能?

モゲチェック」では、新規で不動産投資ローンを組むことは出来ない(2019年6月時点)。不動産投資ローン向けのサービスは、借り換えのみとなっている。

ただ住宅ローンであれば借り換えだけでなく、新規のローンの紹介も行っており、今後不動産投資ローンでも新規の取扱いを行う可能性はあるだろう。

⇒【住宅ローンの借り換え診断はこちら

「モゲチェック」の不動産投資ローン 

モゲチェック」は住宅ローンの取扱いで事業内容を大きく拡大してきたが、最近は不動産投資ローンの借り換えにも力を入れている。

住宅ローンでは借り換えだけでなく、新規の紹介も行っているので、不動産投資ローンでも新規紹介のサービスを開始することを期待したい。

モゲチェック」は住宅ローンの取り扱い実績はもちろんのこと、不動産投資ローンでも実績を伸ばしてきているので、新サービスがはじまればかなり使えるサービスとなりそうだ。

「モゲチェック」の特別金利 

モゲチェック」は不動産投資ローンの借り換えで、特別金利1.575%の条件を引き出すことが可能となっている。1.575%までの金利は無理でも、実際に1%台の金利で借り換えができている実績は多い。

2%~3%以上の金利から借り換えを行った投資家は、「モゲチェック」を利用することによって金利支払総額を大きく削減し、キャッシュフローを改善することができている。

現在でも素晴らしいサービスではあるが、もし「モゲチェック」が新規の不動産投資ローンの紹介を特別金利1.575%で取扱いを開始すれば、多くの不動産投資家が注目するサービスとなることだろう。

特にはじめて不動産投資をはじめる人や、経験が浅い人が不動産投資ローンで1%台の金利を引き出すのは容易ではない。もし1%台の低金利でローンを組むことができれば、購入できる物件の選択肢も多くなるし、何より健全な不動産賃貸経営を行うことができるだろう。

「モゲチェック」の無料Web診断 

現在不動産投資ローンを借りていて、金利を少しでも下げたいと考えているのであれば、無料Web診断をやってみることをおすすめする。最終的には「モゲチェック」で借り換えを行わなくても、自分が借り換えできるのかを知っておけば、金利交渉の材料として使うことができる。

また将来的に「モゲチェック」を利用して新規のローンを組みたいと考えているのであれば、今のうちに無料Web診断を行って登録を済ませておいた方が良い。サービスを開始すると多くの不動産投資家が殺到して、手続きに時間がかかる可能性が高い。

まとめ 

モゲチェック」では不動産投資ローンの新規の取扱いは行っておらず、借り換えのみのサービスとなっている。

しかしながら、住宅ローンでは新規の紹介も行っているので、今後不動産投資ローンにもサービスを拡大する可能性は高いだろう。新規の不動産投資ローンサービスを開始した時のために、今から無料Web診断で登録をしておくことをおすすめする。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら
⇒【住宅ローンの借り換え診断はこちら

<こんな記事も読まれています>

⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判
⇒【「モゲチェック」の手数料
⇒【「利息削減プラン」「利回り重視プラン」の違い
⇒【「モゲチェック」のメリット・デメリット
⇒【「モゲチェック」に自己資金は必要?
⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【スルガ銀行から借り換えは可能?

関連記事

  1. 金利上昇が不動産市場や銀行返済に与える影響とは?サラリーマンの住宅ローンや不動産投資ローンは10年国…

  2. 「住信SBIネット銀行」住宅ローンで投資用不動産向け融資が発覚。年収水増しなど資料の改ざんも。

  3. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えで金利引き下げの可能性、1%台も。

  4. 【スルガ銀行が不動産業者から好まれる理由】の詳細をわかりやすく解説。融資審査スピード、融資可能エリア…

  5. 不動産投資物件を2棟同時購入すればサラリーマンの融資限度額以上にローンが組める理由やからくりとは?中…

  6. サラリーマンが不動産投資で銀行借入する際の注意点。不動産業者が預金残高改ざん・不正をして犯罪に巻き込…

  7. 【最新2018年8月】スルガ銀行金利交渉失敗、定期預金解約体験談。スルガ銀行が潰れる(倒産)場合にペ…

  8. 【モゲチェック】不動産投資ローン借り換えサービスは怪しい?信頼できる?

  9. 不動産投資で収益・手残りを増やす方法・コツをわかりやすく解説

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ