注目の記事 PICK UP!

モゲチェック | 「利息削減プラン」と「利回り重利プラン」はどちらがおすすめ?

モゲチェック」の不動産投資ローン借り換えサービスには、「利息削減プラン」と「利回り重利プラン」の2種類がある。

どちらのプランがおすすめかは人によって異なるが、一般論としては融資期間を延長し、金利も引き下げることができる「利回り重利プラン」がおすすめ。

ただ目先のキャッシュフローよりもトータルの金利支払い額削減をしたい人にとっては「利息削減プラン」の方が良い場合もあるので、どちらのプランが自分に適しているか考えた上で判断すると良いだろう。

ここでは2つのプランの違いについて解説していきたいと思う。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

モゲチェックの「利息削減プラン」とは? 

「利息削減プラン」は、今の借入と同一期間で借り換えを行い、金利だけを引き下げるプラン。融資期間が変わらないため金利引き下げの効果を最大限に発揮することができ、トータルの支払金利は最も安くなる。

たとえば、現在の借入の条件が期間25年、金利2.5%だった場合、「利息削減プラン」では期間は同じ25年で金利を最大1.575%まで引き下げることが可能となる。

もし単純に借入金利を下げたいと考えているのであれば、「利息削減プラン」で検討してみると良いだろう。

モゲチェックの「利回り重利プラン」とは? 

「利回り重利プラン」は、今の借入よりも期間を長くしたうえで、金利の引き下げも行うプラン。融資期間が延長されるため、「利息削減プラン」よりもトータルの金利支払い額は多くなってしまうが、月々の返済額を大きく削減することができるため、キャッシュフローは一気に増えることとなる。

たとえば、現在の借入の条件が期間25年、金利2.5%だった場合、「利回り重利プラン」では期間を30年にして、金利を最大1.575%まで引き下げることが可能となる。

不動産投資向け融資においては、金利だけでなく融資期間も成否をわける重要なポイントであるため、その両方を改善できる「利回り重利プラン」のメリットは非常に大きいと言える。

「利息削減プラン」「利回り重利プラン」おすすめは? 

モゲチェック」には「利息削減プラン」と「利回り重利プラン」の2つのプランがあるが、両方の提案を行ってくれるので、実際に数字を見た上でどちらのプランを選択することができる。

一般論として今後も不動産投資を拡大していきたいと考えるのであれば、「利回り重利プラン」で月々のキャッシュフローを増やし、自己資金を貯めて次の不動産の購入資金にあてることを検討すべきである。

また万が一、大規模修繕が必要になった際にも、自己資金が多ければ対応できる場合が多く、健全な不動産賃貸経営を行うことができる。これらのメリットを考えると、総額の支払金利は増えたとしても、融資期間は出来る限り長めにとっておいた方が良い。

ただ中には既に十分にキャッシュフローがあるので単純に金利を下げた人や、今後不動産投資を拡大していく予定はないので、早めに返済を行ってバランスシートを健全にしていきたいと考える人もいるだろう。

そのような人は「利息削減プラン」を選択しても良い。どちらのプランが良いかは、人によって異なるので、将来の計画も含めて慎重に検討した方が良い。

まとめ 

モゲチェック」には「利息削減プラン」と「利回り重利プラン」あり、「利息削減プラン」はシンプルに金利だけを削減するプラン、「利回り重利プラン」は金利を削減した上で融資期間を延長するプラン。

一般論としては「利回り重利プラン」の方がおすすめであるが、どちらが良いかは人によって異なるので、慎重に検討すると良いだろう。

モゲチェック」の不動産投資ローン借り換えサービスは完全成功報酬制であり、無料Web診断だけ行ってキャンセルすれば費用は一切発生しない。

金利を下げたいと思っている人は「モゲチェック」のサービスを利用してみることをおすすめする。今なら無料Web診断後のアンケート回答でアマゾンギフト券1,000円分がプレゼントされるのでお得。

⇒【「モゲチェック」の無料診断はこちら

<こんな記事も読まれています>

⇒【「モゲチェック」の口コミ・評判
⇒【「モゲチェック」の手数料
⇒【金利1%台に借り換えできるサービス
⇒【アパートローン金利を下げる方法
⇒【スルガ銀行から借り換えは可能?
⇒【静岡銀行に金利引き下げ交渉

関連記事

  1. 【スルガ銀行金利交渉】サラリーマン不動産投資家の交渉方法、テクニック、実体験。キャッシュフロー増加へ…

  2. 収益不動産向け銀行ローン金利の相場とは?安く借りるためのコツや方法は?

  3. 不正融資はスルガ銀行だけじゃない?メガバンクや他の地方銀行でも預金通帳の改ざん・水増し、二重売買契約…

  4. 税金対策で赤字決算の場合に銀行融資が出ない理由とは?サラリーマン不動産投資家の過剰な節税で規模拡大が…

  5. 【メガバンクと地方銀行】サラリーマンが不動産投資で融資を受けるならどちらが有利か?メガバンクの方が融…

  6. 積算評価を重視しすぎると銀行融資が受けられなくなる可能性も。収益還元法とのバランスでキャッシュフロー…

  7. 【SBJ銀行】海外不動産(ハワイ州ホノルル)の不動産購入ローン/融資取り扱い開始

  8. 日本政策金融公庫は初心者のサラリーマン不動産投資家におすすめ?

  9. 不動産投資向け融資の金利上昇の可能性は?大手銀行が2018年9月1日から住宅ローン金利を引き上げ。日…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ