注目の記事 PICK UP!

なぜ仲介手数料無料(0円)?その理由やからくりを不動産投資家が解説!

不動産賃貸物件を探していると、「仲介手数料」が無料の物件を目にすることがある。不動産会社は「仲介手数料」をもらわずにどうやって収益があげているのか不思議に思うかもしれないが、そのからくりは大家から「広告料」という手数料をもらっているからである。

ここでは「仲介手数料無料」物件のからくりについて解説していこうと思う。

⇒【仲介手数料無料物件のデメリット

仲介手数料無料のからくり。広告料とは? 

不動産仲介業者は入居者から「仲介手数料」、大家から「広告料」をもらうのが一般的となっている。「広告料」も「仲介手数料」と同じ性質ではあるが、宅建業法上「仲介手数料」は家賃の1ヶ月が上限となっているため、大家からは「広告料」と名目を変えて費用をもらっているのである。

「広告料」は名目上、大家の物件情報をインターネット上に掲載している費用ということで、そのように呼ばれている。また「広告」は英語で「Advertisement」なので、業界では「AD」と呼ばれることが多い。

不動産仲介業者は大家から「広告料」をもらうことができれば、最悪入居者から「仲介手数料」をもらわなくても収益が上がるため、「仲介手数料無料」の物件が存在するのである。

ただ「広告料」1ヶ月分では不動産仲介業者としてもおもしろくないため、大家が「広告料」2ヶ月以上負担している場合に「仲介手数料無料」となることが多い。

入居者からは「仲介手数料半月分」しかもらわないという仲介業者もある。

仲介手数料無料物件はお得なのか? 

「仲介手数料無料」物件は本当にお得なのかみていきたい。まず初期費用という観点から言えば、本来入居者が負担すべき「仲介手数料」がないので、お得と言える。

ただ「仲介手数料無料」の物件は、大家が「広告料」を2ヶ月以上に設定している可能性が高いので、人気がない物件とも言うことができる。大家としては「広告料」を他の物件よりも高くして、不動産仲介業者になるべく紹介してもらうようにしているである。

また相場より少し高い家賃を設定している可能性もある。通常の1ヶ月の「広告料」だと不動産仲介業者も無理にすすめる理由がないため、「広告料」を高めに設定して紹介してもらう機会を増やしている。

現在はインターネットで物件を探すのが一般的であるが、実際に店舗にその物件の問い合わせに来た時に、この物件もおすすめですよという形で不動産仲介業者がすすめてくる。そのため「広告料」を高めに設定することで、多少家賃が高くても入居者が決めることもある。

特に物件の売却を検討している大家は、少しでも高い家賃で入居してもらった方が高く売却できる可能性があるので、「広告料」を高めに設定して高い家賃で募集することがよくある。

このように「仲介手数料」無料は初期費用の観点からはお得ではあるが、人気のない物件であったり、家賃が相場より多少高い可能性がある点は覚えておいてほしい。

まとめ 

「仲介手数料無料」のからくりは、大家が「広告料」を支払っており、不動産仲介業者は収益を確保することができている。

入京者にとっては初期費用が安くなるので引越ししやすくなる半面、人気がない物件だったり、家賃が相場より高い可能性もあるので注意した方が良いだろう。初期費用の安さに釣られて引っ越した場合、多少家賃が高くても引っ越し費用が捻出できず、住み続けなければならなくなってしまうので、慎重に検討した方が良いだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【仲介手数料無料物件のデメリット
⇒【家賃・契約更新料交渉の方法や可能性
⇒【「広告料(AD)」を解説
⇒【賃貸契約で初期費用を安くする方法
⇒【「アパマン」クリーニング代を不正請求?
⇒【賃貸契約の初期費用を下げるコツ
⇒【レオパレス物件からの退去費用

関連記事

  1. 賃貸契約で初期費用を安くする方法。不動産業者が入居者に過剰請求、中抜きしている項目一覧

  2. 不動産賃貸契約の消毒料・クリーニング代は返金交渉は可能?アパマンショップで過剰・不正請求が問題に。

  3. レオパレス物件からの退去・引越しでどこまで費用を負担?立ち退き料はもらえる?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

人気記事

アーカイブ